Google
WWWを検索 ひねもすを検索

2015年 予科練のこと2015年12月31日 19時02分35秒

今年もいろいろありました。

まず、9期以外のことから書いておきましょう。

10期のご遺族の方から何人か連絡いただきました。
年明け早々に、操縦(艦攻→銀河)の藤本久夫さんの息子さんから連絡をいただき、5月には一緒に同期同郷同機種の久保伊勢市さん宅を訪問してきました。
藤本さんのアルバムも見せていただきました。

偵察(3座水偵)の松山利一さんのご遺族の方からも連絡をいただき、アルバムの写真など見せていただきました。

お二人ともお墓の場所を教えてもらったので、お参りに行ってきました。

10期は他にも戦闘機の方からもご連絡いただきました。



11期、お二人、戦闘機の方。
11期はわたしもお顔すらわからなくて、何もこちらから情報提供できななくて申し訳なかったんですが・・・・。


甲飛の方からもご連絡いただきました。
甲4の福谷知康さんのご遺族の方。福谷さんは9期の兼藤二郎さんの真珠湾攻撃時のペアの操縦員の方です。
写真を何枚か見せていただきました。





9期は今年は全員の氏名入り班写真が見られて、もう、何とも言えん年になりました。

お顔・お名前がわかった上で見る写真は、わからないまま見ていたころとは別の世界です。




今村文三郎さん、藤原国雄さん、萩谷幾久男さん(山岸昌司さんのご遺族の方が探してくださいました)、髙田忠勝さん、島田直さん(生存9期生のご家族の方のご紹介)、清水日出夫さん、岡吉郎さん。

藤原さん、萩谷さん、島田さん、生存9期生の方のアルバムを見せていただきました。
それまで偵察専修生の情報がほとんどなかったので、これらのアルバムのおかげでいろんなことが一気にわかりました。
予科練時代の写真だけではなく、飛練時代の写真、実施部隊の写真などなど、本当に興味深い写真ばかりでした。




そうそう、6期の山岸さんのご遺族の方にはいまだに大変お世話になっているのですが、同じくお世話になっている同期生・中西義男さんの弟さんのご紹介で7期の某先輩(!)のご家族の方からお手紙をいただきました。めっちゃ感激しました。
「以前から、ブログ、見ていました」と書かれてあって、「ええええっ!?( ̄□ ̄;)」ってなりましたけど。
ふだんから言動は厳正にしておかないと、と反省しました。




夏に土浦・雄翔館を再訪できたのもよかったです。

いまは2代目にかわっていますが、↓9期生が植えた初代雄飛の松。
生存者の方のアルバムに貼られていました。



ここに出している写真はもちろん、出していない写真も、持ち主の方から、
「ぜひ他のご遺族の方々へ」
と言っていただいているので、もしご遺族の方がご覧になられていたらご連絡ください。デジタルデータでよければお渡しします。
1枚でも多くの写真がふるさと、また、ご家族の元に戻ることができたら・・・・と思います。


※画像は9期生ご家族ご提供

長野県出身乙6~8期生2015年05月30日 11時19分39秒

9期生に関しては書いたので、今回は6~8期生に関して。






この2枚の長野県出身者集合写真、おそらく上が6~8期生、下が7~9期です。



【上の写真にだけ写っている人】
前列左から3人目の山岸昌司さん。6期生。

山岸さんの右隣の人。
たぶんこの人、6期生だと思うんですよね。

山岸さんの写真の中にあった6期生総員集合写真と思われる写真に写っていました。
総員写真なので不鮮明ですが同じ人じゃないかなあ?


ある資料には長野県出身戦没6期生として「太田」という人が含まれています、
6期の「太田」さんは、太田五郎さんだけです(名簿上は東京出身)。
もし太田五郎さんだとしたら、真珠湾攻撃時の蒼龍雷撃隊・長井彊大尉機の電信員・太田五郎1飛曹です(吉良敢・吉野泰貴『真珠湾攻撃隊 隊員列伝』大日本絵画)。

藤原国雄さんの写真から芋づる式(?)にここまで来てしまったのですが、藤原さんが戦死した攻撃708の飛行隊長が長井彊大尉です。
うーん、なんか不思議な感じ。





【両方の写真に写っている人】
つまり7期生と8期生ですが、このうち7期の卒業写真に写っていると思われる人を先に・・・・。

なぜか9期の池田和義さんのアルバムに7期の卒業写真が貼られていました。
この7期の卒業写真はめっちゃ小さくて、個々人のお顔がよくわかりません。
西澤さんがどこにいるのかわからない、というありえない言い訳をしたくなるぐらいわかりにくい写真ですので、自信は100%ではありません。



7期卒業写真




7期卒業写真





7期卒業写真





7期卒業写真





7期卒業写真





7期卒業写真





7期卒業写真


こうなると7期生が実は6名ではなく7名いるということになってしまうわけですが(;^ω^)
名簿上では、剣持武男さん、小林貞さん、隆旗武雄さん、西澤廣義さん、丸山裕(格?)さん、立岩(石?)厚さんの6名です。
※お名前の字、どちらが正しいのかわからない人がいます


それ以外の人が8期生かな?





8期生は小沢芳平さん、宮下正年さん、渡辺武夫さんの3名でよいのかな。



これらを総合して、2枚の写真の並び順はこうではないかと推定してみました。



主役は最上級生。

前列中心から先任者が座ります。

最上級生以外はまあテキトーなんかな?(^^;)




6期生、7期生を特定するのに使用にした写真が不鮮明なので、もしかしたら後日何か出てきてひっくり返るかもしれませんが、とりあえず現時点で「こうではないか?」ってのを書いてみました。


※画像は武田信行氏、山岸さんご遺族、9期生ご遺族ご提供

中庭写真→長野県出身乙飛生集合写真2015年05月28日 19時46分57秒

なんかカテゴリが「乙飛全部盛り」みたいになっていますが!( ̄▽ ̄)
ご想像通り、めっちゃ長いんで覚悟して読んでください。


実は今日は、朝、藤原さんのこの写真について書きかけていました。



この場所、わかりましたよ!( ̄▽ ̄)

って話です。

久保さん所有の乙10期卒業アルバムに横須賀の予科練学舎としてこの場所の写真が掲載されていました。
羽藤さんのアルバムに貼ってあった写真と同じです。

よくよく見ると、写っているお二人のペンネントも「○○○海軍航空隊」と、同じ大きさの漢字三文字で書かれているような気がします(^^;)
※「霞ヶ浦」は「ヶ」が極端に小さい

それでですねー、藤原さんと一緒に写っている人が気になりだしたんですよ。
この人、2等航空兵の階級章をつけています。
横須賀で2等航空兵だったら9期生ではありません。
藤原さんの方は階級章が見えません。見えないのか、つけていないのか。
つけていないとしたら「4等航空兵」。入隊した13年6月1日~13年8月31日までの間です。

一緒に写っているのは7期生か8期生だな、と思いました。

8期生はまったく写真を持っていないので、7期生から当たりました。
西澤さん写真。

そしたらですね、あったんですよ!!
この人が写っている写真が!!

西澤さんは後列右から2人目です。

藤原さんと一緒に写っている人。左から3人目



「そーか! 藤原さんと一緒に写っている人は7期生だったのか!(*´▽`*)」


と思ったら。

なんと!
前列左から3人目に6期の山岸昌司さんがいるじゃありませんか!w( ̄Д ̄;)w



「ということは! この集合写真は長野県出身者集合写真かっ!?」

階級章が見えないからどの人が何期生とかまったくわかりません。
写真には12名写っています。

すぐに長野県出身者の人数を数えました。前後のクラス。

5期は伊藤喜造さん、曲尾万平さん、甲田力さん、高田智雄さん、羽片金六郎さん、原信雄さんの6名。
6期は山岸さんお一人。
7期は、剣持武男さん、小林貞さん、隆旗武雄さん、西澤廣義さん、丸山格(裕?)さん、立石厚さんの6名。
8期は小沢芳平さん、宮下正年さん、渡辺武夫さんの3名。


「うーん、わからん(-_-;)」

5、6、7期で13名。
一人たまたま欠席?という可能性も。
いやしかし、5期生が6人もいるとしたら6期の山岸さんがあの位置に座っているのはおかしい。

6、7、8期で10名。
2名、足らん(T_T)

しかし。

公式名簿で書かれている出身地と、実際が違う場合があります。

もしかしたら、2名、名簿に書かれていない長野県出身者がいるのかも?


これ以上探索不可能と感じたので、他に写真がないか探しました。

そしたらですね!!

あったんですよ!!

西澤さんの写真の中に、またしても藤原さんと一緒に写っている人が写っていました!!

後列の左から6人目に写っています。



ちなみに西澤さんは前列右から2人目。


「んー、この人、7期生なのか?」


と思って何気に周囲(←この人の)を見回すと・・・・


「うそおおおおおっ!!!!」





後列に藤原さんがいるじゃあないですか!!


もっと見ると、後列にはずらずらずらっと見覚えのある9期生のお顔が!

しかも、長野県出身者!!


「そうか! この写真は7期から9期までの長野県出身者だな!!」


長野県出身の9期生。
本間秀人さん、大塚孝平さん、藤原国雄さん、牛澤四郎さん、河合敏さん、上沼周龍さん、村上守司さん。7名。


後列に写っている9期生。
後列左から2人目。
偵察1
1学年時後ろの分隊

左から3人目。
藤原国雄さん(偵察)

左から4人目。
上沼周龍さん(戦闘機)

左から5人目。
偵察2
1学年時12班(羽藤さん班)、飛練実用機・博多

左から8人目。
偵察3
1学年時後ろの分隊、飛練実用機・博多

左から9人目。
河合敏さん(中攻操)

左から10人目。
本間秀人さん(偵察)



おお! ちょうど人数分写っています!!

ということは・・・・。




お名前がわからない偵察のこの3名が、大塚孝平さん、牛澤四郎さん、村上守司さんってこと!?


偵察2、3のお二人は、博多飛練の修業集合写真に写っています。

藤代さんが博多で村上さんと一緒だったと思い出を語っているので、このうちのどちらかが村上さんということに・・・・。

牛澤さんは、実用機飛練は宇佐だと判明しています。

ということは、
偵察1の人が牛澤四郎さんということに。

実は牛澤さんは卒業アルバムにはっきり読める名札つきで写っています。
が、これでは集合写真から探せませんでした。

たぶん、偵察1の人で大丈夫ですよね(^^;)




村上守司さんと大塚孝平さんですが・・・・。

大塚孝平さんの「おもいで」に、

「今でも君の丸い顔が目に浮かぶ」

と書かれています。

偵察2の人は羽藤さんの写真にたっくさん写っていますが、どう見ても丸顔じゃありません。

たぶん、大塚孝平さんが、
この人で、


この人が村上守司さん。



今日は偶然にも、山岸昌司さんの姪御さんから南太平洋海戦時の山岸機の最期についての、いままで見たことのない資料が送られて来たのでした。

そこには雷撃直前の山岸機らしき写真もありました。

あの艦攻の電信席にいたのが村上守司さんです。

泣けちゃって・・・・。




長くなるので、藤原さんとツーショットの同県先輩と長野県出身者集合写真に写っている各人に関してはまた今度。


あ、7~9期の集合写真と1枚目を比較検討した結果、1枚目に写っているのは6期~8期と判断しました。

しかし、ホントにいつも「何見てんねん」って呆れることばかり。
この西澤さんの写真はもう3年以上わたしの手元にあったものです。
山岸さんにも9期生にも気づかなかったとは・・・・。

今日は歓喜したり、自己嫌悪に陥ったり・・・・。


※画像は武田信行氏、雄翔館、9期生ご遺族、久保伊勢市氏ご提供

35空の悲劇2015年02月19日 19時30分39秒

何度も出しています、この写真。

35空の田中茂雄3飛曹、和田邦介3飛曹、池田和義3飛曹、村田耕一3飛曹です(左から)。


九期生名簿では、村田さんに関しては、
「一七、二、一九 台湾新竹州 三五空」

和田さんの方は、
「一七、二、一九 台湾にて空輸中 三五空」


雄飛会の方でまとめたらしい名簿では、日付・航空隊は同じで、村田さんは、
「台湾新竹州に於いて」

和田さんの方は、
「台湾方面海域の物資輸送中に」

と書かれていて、正直、最初はお二人の戦没状況が関連があるのかないのか、よくわかっていませんでした。

はっきりわからせてくれたのは、戦史経歴研究家さんです。

「こんなんあるよ」

と見せてくださったのは、35空整備長だった十河義郎さんの『忘れざる艦爆隊 「第35空」悲劇の真相』という、雑誌丸の手記でした。



雄飛会名簿の方では和田さんのころに「物資輸送中」と書かれていますが、手記を読むと「戦地への移動中」のようです。運んでいたのは物資というより人間です。

運んでいたって言ったら失礼かな。

当日の編制、99艦爆8機。

整備長の手記によると、飛行機隊は2月16日7時32分に佐伯基地を飛び立ち、11時30分上海戊基地着、19日午後1時15分戊基地を発って台湾高雄に向った、とのこと。

事故が起こったのは台湾新竹州苗栗郡三叉草湖。

『四時五分ごろから天候がしだいに悪化し、あたりは濃霧におおわれはじめ、山岳地帯が西海岸にはり出している新竹州三叉ふきんで濃霧に迷いこみ、瞬時に山腹に激突、あるいは高圧線にふれて墜落したのであった。
八機のうち二機のみは、濃霧に突入する直前にかわし、清水潔美兵曹長が指揮して高雄空に到着し、事故発生が判明したのである』



遭難した各ペア

国井規行大尉
佐々木孝1飛曹


西岡左運中佐
村田耕一3飛曹


江森正直1飛
宇和数夫1飛


守屋信夫中尉
肱岡正1飛曹
※肱岡さんのことを調べている方がいらしたら、連絡いただけるとうれしいです。
hinemos.mama@gmail.com



和田邦介3飛曹
小松繁寿3飛曹


河合練2整曹
永満芳明1飛




①国井大尉は「パイロット」と書かれているので、国井さんが操縦員で佐々木さんが偵察員でしょうか。

②西岡中佐は35空の司令です。なので、このペアは村田さんが操縦で偵察員なし、という状態で指揮官機について行っていたのでは?

③江森さんが操縦、宇和さんが偵察でしょうか。

④守屋中尉は「偵察員」と書かれているので、肱岡さんが操縦員。

⑤和田さんが操縦、小松さんが偵察員でしょうか。

⑥河合さんは整備員なので、操縦はできないでしょう。永満さんが操縦員で、偵察員なし状態で飛んでいたと思われます。


難を逃れた2機のうち1機は清水潔美飛曹長が操縦していたと思われます。
もう1機、誰が操縦していたかわかりません。池田さんだったか田中さんだったか、あるいはこの二人は別便で戦地に向っていて、まったく別の人が操縦していたのか。
小山1整という整備の人が2機のうちどちらかの機に便乗されていて助かったようです。


この手記を書かれた十河さんは事故後間もない現場に入ってらっしゃるんですよね・・・・。
現場の状況が生々しく書かれています。
また、現場に行った軍医官が飛行機の状態を見て、中には事故後1時間ぐらい生きていた搭乗員がいたんじゃないか、と話したことまで書かれていて何とも言えない気持ちになります・・・・。





カテゴリ、[乙6期]も入れています。
国井大尉機の偵察員の佐々木孝1飛曹が6期生です。

あるとき、山岸昌司さんの姪御さんからメールが来て、そこに佐々木さんのことが書かれていました。
姪御さんは「山岸さんの同期生」ということで話題にされたようですが、メールに書かれていた戦没状況を見て、もしかして35空の事故で亡くなったお一人じゃないかと思い手記を見返したらやはりそうでした。

思わぬところでつながることがあるんだなあ・・・・と不思議な気持ちになりました。




あ・・・・
このとき事故に遭った99艦爆の機体の一部、残っているみたいですね・・・・。
いまもあるのかな?


※村田耕一さんのことを調べられている方、お伝えしたいことがあります。ご連絡いただけないでしょうか。
hinemos.mama@gmail.com


※画像は池田さんご遺族ご提供

総 括 【予科練編】2014年12月31日 23時34分18秒

今年は身の程知らずに他のクラスにもちょっかい出してしまいました(^^;)

1月、池田さんの写真を見せてもらいに姪御さんのところに。

せっかく神奈川に行くのだから・・・・と鎌倉散策。
念願だった林喜重大尉のお墓にもお参りしてきました。



姪御さんに見せていただいたのは、池田さんの弟さんが大事にしておられた写真の数々でした。





5月、池田さんの姪御さんと一緒に土浦の慰霊祭に。
ここで井原さんの弟さんも交え、関東乙9期会やってきました。

このとき戦史研究家のYさんに、村上守司さんが戦死したときのペアの操縦員、山岸昌司さんの姪御さんを紹介してもらったのがきっかけで[乙6期]カテゴリが。

山岸さんの姪御さんのご紹介で、中西クロちゃん(義男さん)の弟さんとも交流ができました。
お墓参りもさせていただきました。



夏ごろから、乙10期艦攻操縦員の久保伊勢市さん・奥様と文通していました。

お誘いいただいので、年末、行ってきました( ̄▽ ̄)


たいへん歓待していたきました~♪


乙10期関係の写真もどっさり。

[乙10期]できましたー(*´▽`*)





9期関係。

9月にもう一度池田さんの姪御さんのところに写真を見せてもらいに行きました。
今度は、本家の方が大事に保管されていたアルバムを見せてもらいに。

これまたすごかったです!

入浴写真とかね(笑)





10月には、坂田清一さんの姪御さんから「ブログ見ました」と連絡をいただいて、清一さんの弟さんにお目にかかかることができました。

その際、おみやげまでいだいちゃってですね(^^;)

春海がうまうま言いながらほとんど食べちゃいましたけどね(=_=)
なんとかわたしの口にも入りました。
おいしかったです、ありがとうございました♪


この坂田さんの件がきっかけで、2年前からあたためていた(?)大澤昇次さん(10志、操練43期、艦攻操縦)の連絡先を活用。

快くお返事くださって。

自分がわかることは何でも答えるから聞いてね、みたいな?(*´▽`*)
調子に乗って坂田さんと関係ないことまでいろいろ聞いちゃっています。
ブログに書いてもいいらしいんで、そのうち書きますね~♪


年末は愛媛で遠藤秋章さんのご遺族の方と愛媛乙9期会。


また来年も会いましょう!

ということでお別れしました。


以前から知り合いの方々も、今年知り合った方々も、わたしのことを知らない方々も、わたしが知らない方々も、来年もよろしくお願いします。


みなさま、よいお年を。。。。



で締めくくろうと思っていたら、年越しているーーーー(゚∀゚)




あけましておめでとうございますm( ̄ー ̄)m