Google
WWWを検索 ひねもすを検索

山岸教員の日記 番外編2014年10月11日 16時18分31秒

日記紹介の途中ですが、ちょっと番外編。

山岸教員の日記。
飛行訓練以外のことも書いてあります。プライベートなこととか、いろいろ心の中で考えていることとか・・・・。

わたしは山岸さんの日記を公開させていただくにあたって、飛行訓練関係とある一つの記事を公開させてほしいとご遺族の方にお願いしました。

今日は飛行訓練以外で唯一公開をお願いした日記をご紹介します。



3月16日
小船井写真館に行く。写真帖の話をする為だ。
そして又此処でも三年前の自分を思出すのであった。
あの頃まだ幼なかった子供達も皆丈夫に大きくなって居た。おそらく家外で合ったなら何処の子供か知らずに居ったことだろう。
日当のよい縁先で爺さん(失礼)と写真帖の話を始めた。今年十二になるA君が仲間に入る。人なつこい大人しい可愛い子供だ。
爺さんが用を得て立って行った。A君と二人になる。そして二人は千年の知己の様になつかしい面持であれこれと話し合った(純心な可愛い子供とあれこれと考へながら子供の心をそこなはぬ様語り合うのがなによりも楽しくそして嬉ばしい)
大体の話をまとめて九時家を辞す。なんだかさり気ない様な気がする。空虚な思が胸をわくわくさせる。何故だろう?

※人名はわたしがいじっています



「あっ!!(ノ ̄□ ̄)ノ」
と驚きました。

予科練を横須賀で過ごした山岸さんの日記に、まさかの小船井写真館!!


この日記を見つけたときは知らなかったのですが、あとで乙6期関係の集合写真を見ていたら、どうやら飛練は霞ヶ浦航空隊だったようで。

「三年前の自分」ってそういうことだったんですねー。

なるほどー、そういう接点があったとは。
きっと飛練時代、山岸さんも小船井写真館のお世話になったのでしょう。



とにかくびっくりしたので、山岸さんの姪御さんに、
「わたし、去年、9期のご遺族の方に案内していただいて、日記に書いてあるAくんと会いましたよ!」
と連絡。
姪御さんも驚かれていました。

「ぜひ会ってみたい」
ということで。



面会が実現したそうです。
Aさん、お元気にされていたみたいです。


毎年何百人もの予科練生を相手にする御用達の写真館。しかも当時は子ども。
残念ながら、Aさんは山岸さんのことは記憶になかったそうですが、おじと直接会った人、ということで姪御さんは感無量だったようです。

お話もはずんだようですし。


とにかくわたしも大変うれしいです。



※画像は小船井さんご提供

山岸教員の日記102014年10月11日 15時56分20秒

3月13日
計器飛行始まる
夕映画あり 唄ふ岩見重太郎 子供だましだ




3月14日
降雨のため飛行なし
午前午後共別になすことなく了ってしまった
別科にて剣道をやる





3月15日
昨夜降雨に飛行場悪るきため訓練行なはれず 昼近く晴天となる







上の日記とは関係ないですが。

先日見せていただいたクロちゃん乙6期の飛練集合写真に山岸さんが写っていました。
山岸教員、練習生時代




もう1枚、別の方から見せていただいた乙6期飛練集合写真(飛行服)のほうは、山岸さんも写っているはずなのですが、どこにいるのか見つけられません。


※画像はご遺族ご提供

山岸教員の日記92014年10月09日 12時40分28秒

3月7日

一○○○頃より降雨となりしため飛行取止めらる
午後特別の作業なし
別科に練習生被服点検あり 今度の点検は特別のものにして定数有無を調べ以後絶対に被服の紛失を許さざるなりと
以後紛失せば懲罰処分



誰か何か無くしたんでしょうか。


3月8日

練習生S空出張のため夕食後出発


「S空」とはっきり書いていませんが、たぶん鈴鹿空のことだろうと思います。
3月の出張は、松本勝正さん(飛錬は谷田部)が家族に宛てた書簡では陸路。

『漸く特殊飛行も単独が終り編隊飛行も単独でやれる様になりましたので、十三日に三重県鈴鹿航空隊へ出張し、機上作業(航法)の練習に行って来ました。十五日の午後、伊勢神宮に参拝して夜行で東京へ翌日の朝六時に着き、直に宮城を拝し、靖国神社の英霊に黙拝しました。
それから自由行動が晩の六時までゆるされましたので、又多摩川園の小父様の処へ行って遊んで来ました』

筑波とは実施日が違いますが、スケジュールは同じような感じだったのではないでしょうか。

この鈴鹿出張には山岸教員は参加しておらず、10日の日記には、

練公居らずで飛行なし 少しはのんびり出来る

と書いています。



3月12日

練習生帰る






上に引用した松本さんの鈴鹿出張のことを書いた書簡ですが。
同じ書簡の中に、
『白子町で親友前川君と久し振りで面会し尽きぬ名残りを惜しみつつ別れました』
という一文がありました。

陸上機操縦組は2班に分かれて谷田部と筑波に。
偵察組は鈴鹿で飛錬教育に入りました。

この「親友前川君」というのはおそらく偵察の前川重美さんのことではないかと思います。

家族に「親友前川君」で通じたということは、どこかで直接紹介済みか、帰省時に話題にしていたか・・・・かな?

松本さんのアルバムに貼られていた前川さんの写真(右)
小船井写真館で撮影


いままで写真を見てきた印象では、松本さんと前川さんは1学年時に同じ班(6班)。

以前、前川さんのご遺族の方と一瞬連絡が取れたことがあって、そのことを松本さんの妹さんにお伝えしたら、会ってみたいと言われていました。

わたしの力不足で実現できていないのですが・・・・。

※画像は松本さんご遺族ご提供

予科練入隊以前2014年10月05日 08時19分22秒

これ、気になっているんですよね(^^;)

かれらは予科練に入る前は何をしていたんだろう?




羽藤一志さん
羽藤さんは昭和12年3月29日の高等小学校2年の卒業証書が残っています。
※画像は予科練時代



亀山一郎さん
亀山さんもご自身の手記によると12年3月高等小学校2年を卒業して予科練に入ったと書かれています。
※画像は予科練時代



石川茂さん
予科練に入る前は伊予鉄の電気科(課?)にお勤めされていたそうです。
※画像は16年10月飛練木更津時代、



畑中嘉夫さん
広島の逓信講習所出身と「おもいで」に書かれています。
予科練に入ったときにすでに通信はお手のもので、手がくたびれたと言っては左で打って、右手で書いていたそうです。それが他の練習生より何倍も速かったそう。「まさに二刀流」と(^^;)
前歴が海軍で役に立っています。



遠藤桝秋さん
武田さんが取材に行かれたときに、ぜひ聞いてくださいと頼んでおきました。
弟さんによると、中学に行かれていたとか?
どこの中学かまではわかりません。
武田さんのお話だと、遠藤さんが戦死されたあとでご両親が、
「学校の先生になってくれていたら・・・・」
と海軍に行かせたことを悔やまれるようなことを言われていたそうなので、予科練に入らなければ教師になるつもりだったのかなあ・・・・と思いました。
※画像は251空時代



池田和義さん
池田さんは、「中學」というマークのついた制帽をかぶっている写真が何枚かありました。
※画像は中学時代



伊藤誠一さん
伊藤さんも中学に通っていたみたいです。
※画像は予科練時代



松本勝正さん
松本さんも中学に行かれていたようです。西条中学。
※画像は19年夏、戦闘303



某さん
予科練に入る前の日記を入手しました(一部)。
家が農家だったようで、農作業をされていました。
週のうち決まった日だけ学校に通っていたようです。





9期生じゃないんですが、他の乙飛の方もちょっとだけ聞いています。

乙6期 中西義男さん
大阪市立育英商工学校(現大阪市立住吉商業高校)の3キロ水泳試験の合格証書が残っています。
学校はいま商業高校になっていますが、クロちゃんは塗工科だったみたいです。技術系かな。
※画像は教員時代、岩国



乙6期 山岸昌司さん
15歳まで実科中学(現在は工業高校になっている)に行っていたそうです。
※画像は飛練時代、霞ヶ浦



乙7期 西澤廣義さん
実は先日、妹さんにこの件も聞いていました。
「製糸(生糸?)工場で働いていたって本で読んだことがあるんですけどー」
そしたら、
「アルバイトみたいなものよ」
と言われていました。
正式に就職していたわけではなく、手伝いに行っていた程度の話なんでしょうか。
※画像は飛曹長時代



乙10期 堀光雄さん
戦後にハイジャックされたときの新聞記事には『昭和12年、岐阜工高を卒業して横須賀の海軍航空隊に入隊』って書いてあります。(海軍に入隊したのは13年11月です)
調べてみたけどよくわからなかったんですよねえ。技術系の高等学校に行っていたんだろうなと思っています。
※画像は17年11月251空時代、ラバウル



乙11期 曽我辰己さん
先日ご遺族の方に見せていただいた直筆身上調書の学歴欄には「高卒」って書いてあるように見えるんですよね。
高等小学校卒の略かな?
※画像は19年夏?





※画像はご遺族、武田信行氏ご提供

中西クロちゃんの実家2014年10月03日 20時45分27秒

昨日の朝、クロちゃんの弟さんから電話がかかってきました。

実は、着信の画面を見たとき、どきーっとしました(;^ω^)

というのも、数日前に、ネットをされていない弟さんにクロちゃんのことを書いたブログ記事を印刷して郵送し、
「もし、間違っている部分があればご指摘ください」
と書き添えておいたからです。

わたしは物書きではないので、搭乗員さんやご遺族の方に話を聞くときにレコーダーは使いません。
その場で、あるいはお別れして一人になってから、持参のノートに聞いた話をちょこちょこ書き留めている、って程度です。

クロちゃんの話も、家族関係は弟さんの目の前でノートに書いたのですが、クロちゃんの思い出話などは家に帰ってきて思い出しながらノートに書きました。

「もしかして、なんか違うことをブログに書いてアップしてしまったか」
と思って、どきーっとしたのです。

が、電話の用件は別のことでした。

クロちゃんがY子ちゃんを抱っこして写っている写真のことです。
弟さんは、あれは大阪の実家の前で撮られたもの、いまもその場所がそのまま残っているから、よかったらご案内しましょうか、と。

ご実家近くにはクロちゃんのお墓も。

「行きます!!」
と即決。

弟さんは、金、土、日、3日が空いているとのことでした。
台風も来ていることだし。
いや、それより、クロちゃんが、
「『すべて作戦は先制にあり』というじゃあないか。先のことはあてにゃあならんよ。なんでももらうものは先さ」
と言われているので、
「じゃあ、明日で!」
と、今日の午前中、雨天覚悟で行ってきました。

が、幸い、雨は降らず、かといってカンカン照りでもなく、10月にしては多少蒸し暑くはあったけれど、よいお散歩日和でした。

弟さんと、クロちゃんの実家周辺を歩いてきました。



ますは中西家のお墓参りに。
ご両親と同じお墓に入られていました。

そのお墓の隣には、弟さんがHさんとY子ちゃんの名前も刻もうと考えられている石碑も建っていました。


そのあと少し歩いて、ご実家の場所に。
先に、向かいの公園に行きました。

クロちゃんがこの写真を撮った場所らしいです。

ここには出していませんが、Hさんが同じ格好のY子ちゃんを抱っこした写真も残っていて、3人一緒だったことがうかがえます。

Hさんの写真の方には背後に木の幹が写っています。

それが、この場所にあるこの銀杏らしいです。


この向きからぐぐぐっとカメラを左に向けたら、クロちゃんとY子ちゃんが写真を撮った場所になります。
たしかに土が盛ってあって石碑が建っていました。



先日お目にかかったときから、弟さんがクロちゃんとY子ちゃんの写真を「大阪で撮ったもの」と言われていたのが気になっていました。

Y子ちゃんは17年の3月生まれらしいです。
この写真のY子ちゃんの大きさと、クロちゃんの服装からして、わたしはクロちゃんが松ちゃんからせしめた(?)臨時休暇(17年10月)の際に撮られたものだろうと思いました。
そして、おそらくこれが親子の最後の対面になったと・・・・。

松ちゃんは「10月の休暇は岩国に行った」と書いている・・・・。
弟さんは「写真は大阪で撮られたもの」と言われている・・・・。

わたしは、撮影場所の判断がつかなかったので、ブログに書いたときはそれには触れませんでした。



クロちゃんが実家にHさんとY子ちゃんを連れて帰って来たのは、この写真のとき1回きりだそうです。
その後11月にクロちゃんから実家に届いた手紙からは、HさんとY子ちゃん二人を実家に残して、自分は隊に戻った様子がうかがえます。

ということは。
松ちゃんに「岩国に入籍問題を片付けに行きたいから休暇をかわってくれ」と頼んでかわってもらい、その後、自分で岩国に二人を迎えに行ったのか、広島まで二人を呼び出したかわかりませんが、とにかく広島から3人で大阪に帰ってきた、と。
おそらく実家でゆっくりできたのは一日程度だったでしょう。
クロちゃんだけとんぼ返りで呉に戻った――。

どうも、写真や手紙から推測すると、これが「松ちゃんにかわってもらった3日間の休暇」の真相のだろうと、弟さん。




クロちゃんの実家はこの公園の道を挟んだ向かいで、いまは弟さんの息子さんご一家が住まわれているそうです。

周辺も弟さんと一緒に歩いてきました。活気があって便利な町でした。
が、クロちゃん自身は予科練に入る前はこの家ではなく、西田辺という町で育ったそうです。

クロちゃんが海軍に入ったあとで、この家に引っ越したそうです。