Google
WWWを検索 ひねもすを検索

忍びの国2017年07月06日 23時03分11秒

今日は映画を見てきました。

「なんと!? ママが見たいと言っていた映画はこれなのかっ!?( ゚Д゚)」

そーなんですよ。

これなんです。


感想ですか?

伊勢谷友介さん、いい役者ですね。
出口のない海、るろうに剣心と見ましたが、今日の伊勢谷さんが一番よかったかな。



忍びが金目って設定もわたし的にはよかったです。


忍者ものにエロがないのはいかんです・・・・(´・ω・`)






で、今日、わたしが一番興奮したのは・・・・







本編上映前の「予告」でした!(笑)



8月末から『関ヶ原』やるらしいですよ!!!!!!!!!
シバリョウ原作の『関ヶ原』ですよ!!!!!
予告見ながら鳥肌が立ちました。

パパ、島左近、出るよ!!!(^o^)/

石田三成は岡田准一くんです!!

見に行くぞー!!!!

消された!( ;∀;)2017年02月07日 17時40分01秒

イッテQのイモト特集、春海のヤツが消しやがった!!

自分が見たら、消しやがった!!


りんどうの茶碗2017年02月04日 09時10分22秒

『この世界の片隅に』、原作のマンガを買って読みました。

映画で腑に落ちない点があったので、原作を読んだらわかるんかな、と思って買って読みました。

腑に落ちたところか、

「全然違う話やんか!?」

絶叫レベル。









誰も悪くない。

だからこそ切ない。





すずとリン。

この二人は表と裏、光と影、日常と非日常だったのか・・・・。




映画ではどうしてリンさんをきちんと描かなかったのか。

リンさんを描かないと、周作さんがただの「エエ人」で終わってしまうし、この二人のことを描かないと、すずさんの本当のところがつかみきれないままで終わってしまう。

――のではないかな?



原作を読んで、すずさんのことも、周作さんのことも、リンさんのことも、水原さんのことも、もっともっと好きになってしまいました。
みんな非常に人間臭い。ただの「エエ人」じゃないよ。




わたしは映画をぼーっと見とって、たっくさん見落としてしまっていたのではないか。


そう思ったので、また映画を見に行ってきました。



たしかに、見落としていたことがたくさんありました。

最後、人さらいのばけもののカゴからどうして唐突にワニが出てきたのか。
(マチカネくんかと思ったわ!)

これは完全に見落としていました。原作を読んで、映画の2回目を見て、やっとわかりました。


あと、サギとか。

あと、椿とか。

あと、周作の机の上の花挿しとか。

なんかいろいろ、宝探しのように隠してあるんだな、あの映画。

水原さんとの納屋の俯瞰シーンに、りんどうの茶碗が描いてあるんかね? あれ。




ちなみに、わたしが一番好きな登場人物はおねえさんです。

この世界の片隅に2017年01月20日 14時29分32秒

何とも言えん気持ちで帰ってきました。いろいろと。

あたたかい気持ち、やりきれない気持ち、いろんな感情がごちゃまぜになったまま帰ってきました。







話は変わりますが。

わたしは昨日の夜から、この人のことが頭から離れなくてですね。

鈴木三守大尉。

海兵64期出身。
加賀艦攻隊分隊長。真珠湾攻撃で戦死されています。



この写真は、2015年の秋に島田直さんのところを訪問した際、スキャンさせてもらった加賀艦攻隊の集合写真です。
『真珠湾攻撃隊 隊員列伝』によると16年12月7日の撮影だそうです。加賀飛行甲板。

鈴木大尉、ここに写っていました。



わたしはここに鈴木大尉のことは書いたことがないと思いますが、ブログを始めた直後ぐらいでしょうか、ブログを始める前かな? いろいろあったんですよね・・・・。

忘れられないお一人です。




人と人の縁って、本当に不思議だなあ、と思います。


『空の少年兵』 御製奉唱2016年11月29日 20時52分37秒

前に、『空の少年兵』で森浦さんと村田さんが教科書を朗読しているシーンを見つけて大感激したことがありました。

逆に言うと、見落としていたともいう・・・・orz




またしても見落としていた9生期登場シーンがありました。

島田さんご遺族に貸してあげようと思って、もう一度見直していて気づきました。



御製奉唱シーンです。

運動場みたいなところに整列してみなで御製を奉唱しています。

かなりアップで・・・・最前列なんですが、田中茂雄さん、羽藤一志さん、白木令一さん、和田邦介さんが映っていました。

お見せできないのが非常に残念ですが。


もし、DVDを持っている人がいたら見てみてください。

御製奉唱シーン、最前列の4人です。

ヒドイ絵でスイマセン。

このような背景で明治天皇の御製が表示されているシーンです。