Google
WWWを検索 ひねもすを検索

気合がかかった奴2020年03月20日 14時25分40秒

よくやっちゃうんですが。

いま読む気がないのに先にパラパラめくっちゃうという(笑)



森史朗さんの『敵空母見ユ!』もパラパラめくってしまいました。

7期の小見山賢太さんのお名前発見!
※大村空時代(昭和14年)


ラバウル攻略時の瑞鶴戦闘機隊の下士官搭乗員の説明がしてある中にお名前がありました。

『分隊長の眼からみると小見山二飛曹などは”気合のかかった奴”ということになるのだが』


「気合のかかった奴? どういう意味だ!?」
昨日、わたしはこれを発見してから、一日そのことを考えていて落ち着きませんでした。

「そうだ! 検索してみよう!」←さっき

ネット・コトバンクによると

「気合が掛かる    事に当たって、精神が集中し熱がこもる」

と書いてありました。

「そうか! 小見山さんは”事に当たって、精神が集中し熱がこもる人”なんだな!」

納得しました。

こういう、ちょっとでも人柄がわかるような回想があるとチョーうれしいです。






小見山さん、「二飛曹」って書かれているんですが。
この記述は真珠湾後、ラバウル攻略作戦前の記述です。
7期のみなさんはこの当時すでに1飛曹に進級されています。←西澤さんとか。
だいぶ前にわたしは小見山さんが真珠湾時、いやインド洋作戦時ですら「二飛曹」になっているのに気づいて、Kさんに尋ねたことがあります。
「行動調書の記載ミスですかね」
みたいな感じで。
そしたら、本当に進級が遅れていてですね。
遅れた理由はいまだにつかめてないのですが、なぜか飛曹長進級時(18年11月)にほかの7期生に追いついているというね(^^;)
こんなことがあるんですね。

ちなみにKさんによると、小見山さんはエース列伝にお名前はありませんが、撃墜数的にはエース列伝に載るレベル、「かなり多い方」だそうです。


※画像は武田信行氏ご提供

考古学本の紹介2020年03月20日 13時50分06秒

清家章先生の『卑弥呼と女性首長』。
吉川弘文館から出ました。
何年か前に学生社から出ているんですが、今回は新たな研究成果も追加です。







こちらも吉川弘文館です。
国際シンポジウムでの発表をもとにした本です。

15人の先生たちの論文&コラム集です。
1本だけは4回も5回も読んでいるんですが、ほかはまだ読めていません。

んー、いつ読むんだって話です。
ついさっきもe-honで戦記をポチってしまった・・・・。

お出かけできない連休中に!(・∀・)

三連休初日2020年03月20日 12時53分14秒

みなさん、こんにちは。

三連休初日ですが、いかがお過ごしでしょうか。


ぶっちゃけ、連休というワクワク感が皆無なわたし。

ふだんが4連休なので、3連休ではワクワクしない、というのもあるんですが、コロナ騒動で遊びに行けない、ってのが大きいですね。なんか買い物に行くだけで罪悪感があるというか。もしかして、うつるんじゃないか、(もしすでにかかっていたら)うつすんじゃないか、とか。

あー、春海さんは遊びに行っていますよ。

親は家でおとなしくしています。

ブログの更新ガンガンやりましょうか。

いや、やらなければいけないことがあるんですが。
「急ぎではない」と依頼主から言われたので、なんかわたしまでのんびりしてしまっています(^^;)







昨日、久し振りに本を買いました。
『犯人の犯沢さん』5巻と、森史朗『敵空母見ユ!』。

犯沢さん、家に4巻まであったのですが、わたしは2巻までしか読んでいませんでした。

昨日の夜、慌てて3巻4巻を読んで、やっと今朝5巻を読めました。
おもしろいですよ、これ。
コナンを見ている人は楽しめると思います。

『敵空母見ユ!』は瑞鶴のラバウル攻略作戦あたりなんですが、まだ真珠湾が半分ぐらい残っているんですよね(^^;)
昔は『翔ぶが如く』とか全巻、ほぼフルタイムで仕事に行きながら1週間ぐらいで読んでいたのですが、最近集中力の欠如か、読書がまったく進みません。
真珠湾、いつから読んでいるんだってくらい、時間がかかっています。
1月初めから南太平洋海戦を読み始めているので2カ月以上かかって1.5巻分ぐらいしか読めていないってことです。

南太平洋海戦
真珠湾  ←いまここ。半分ぐらい
ラバウル攻略作戦

もう1冊、ソロモン海戦が刊行されているみたいですが、いつ注文できるだろうか。

『局地戦闘機「紫電改」ディテールフォト 川西第5312号機』大日本絵画2020年02月06日 10時07分20秒

マイケル・フレッチャー氏が撮影した写真に、吉野泰貴さんが解説文をつけています。

戦後、横須賀から米国に運ばれ、2008年にレストアが完成した機体。
レストア中に撮られた写真なので、平素は見ることのできない部分まで撮影されています。



プラモデルを作るときに参考にしたらいいだろうな~って写真がたくさん載っています。



操縦席なんか特にそうなんですが、実際ここに座ってこれを操縦した搭乗員がいるんだなと思うと、なんというか、写真なんですが、写っている計器やレバーなどもいとしく感じてしまいます。

機体の他の部分に関しても、飛行隊の整備員たちが日々愛情をこめて整備していたことでしょう。

本当はこういうものは日本で展示?できたらいいんでしょうけど。



尾翼の機番号はヨ‐105で復元されています。
わたし個人的には343空機で復元してほしかったな、と(^^;)






いま国内で見られる実機は愛南町のこの機体だけですよね。
昭和20年7月24日、豊後水道上空での空戦後に不時着水して、その後長年海中に沈んでいた機体です。
不時着したときの衝撃でプロペラは曲がっているし、機体は海中にあったために腐食しています。
この機体しか知らないわたしとしては、本の機体は一から復元した機体?って感じに見えます。すごく状態がいいです。

どんな状態からここまでレストアしたのか。
レストア前の写真はなかったように思いました。見たかったな。





兵庫県の加西には完全復元紫電改もあるんですよ。
川西航空機・鶉野工場があったご縁みたいです。
一度行ってみたいと思いつつ、まだ行けていません。

松田憲雄『雷撃機電信員の死闘』光人社NF文庫2020年01月14日 10時40分54秒

森史郎さんの瑞鶴、読んでいます。
17年10月26日です。瑞鶴の艦爆隊と翔鶴の艦攻隊がホーネットを攻撃中です。
出てくる攻撃隊の人たちがどうなるかわかっていながら読むのはつらい・・・・。



読んでいたら、翔鶴艦攻隊の登場人物に聞き覚えのある人が出てきました。
電信員の松田憲雄3飛曹です。
本棚を探したら手記がありました。
南太平洋海戦時の記述をご本人はどう書いているのかな・・・・と思ってパラパラめくっていたら、9期生のお名前が。

翔鶴艦攻隊時代で、覚えている下士官の人・・・・と名前を挙げている中に村上守司さんのお名前がありました。
松田さんは13年6月に海軍に入ったそうで、13年6月入隊の9期とは「海軍歴同期」ですからね。←※Kさんからの指摘で訂正しました
階級も一緒だし。
村上守司さん。予科練時代。
南太平洋海戦で戦死。



松田さんは南太平洋海戦を生き延び、教員配置に。
大井空上海分遣隊に勤務します。
「上海時代の同年兵教員で、遠藤秋章一等飛行兵曹(乙九期出身)という人がいた。同じ教員同士で気があってよくお喋りをしたのだが、この人は、中肉中背、色白の坊ちゃん風で、おとなしいが一度やりかけたことはやり抜く責任感の強い男だった。
彼は、十九年十一月、海軍飛行兵曹長に任官、終戦時には、第七〇一海軍航空隊「彗星」艦爆隊隊長機の偵察員配置だった。
八月十五日正午すぎ、第五航空艦隊長官宇垣纒海軍中将は、部下特別攻撃隊員の後を追って沖縄の米軍艦船に特別攻撃をかけることを決心して、「彗星」艦爆隊中津留大尉に出撃を命じた。
「彗星」は二座機、操縦は中津留大尉、後席は遠藤だから、長官の乗る席がない。長官は遠藤に、
「自分が乗るから降りるように」と命じた。
しかし、遠藤はこの命令を拒否して譲らない。押し問答の挙句、狭い後席に太った長官と遠藤が同席で出撃、敵艦に突入して戦死したという。戦後、中島、猪口両氏共著の『神風特別攻撃隊』を読んで、このことを知った。
すでに戦いは終わっていた。彼はこれを知りながら、若い情熱の赴くままに長官と行動を共にして散っていったのである。上海時代を知っている私は、
「遠藤、よくやったと言ってやるのが本当だろうが、惜しいやつを死なした、生きていて欲しかった」と語りかけた。」

松田さんは「十九年十一月、海軍飛行兵曹長に任官」と書いていますが、これは間違いだと思います。
遠藤さんは戦死時飛曹長ですが、いつ飛曹長に進級したのかはわたしは把握していません。が、何もなければ9期は20年5月1日に飛曹長進級なので、遠藤さんひとりが19年11月に飛曹長に進級したというのは考えづらいです。
遠藤秋章さん。3飛曹時代。

先日もテレビに8月15日の出撃時の写真が出ていて、遠藤さんの姿がそこにありました。
わたしは松田さんが言われるように「若い情熱の赴くまま」征ったとは思っていません。




それから762空攻撃708時代の記述。
台湾沖航空戦の際、
「攻撃七○八飛行隊でも、藤原などの同年兵や先輩、後輩の多くが自爆した」
と書かれていました。
松田さんの同年兵の「藤原」、フルネームは書かれていませんが、おそらく9期の藤原国雄さんのことと思います。

藤原国雄さん。飛練時代。


9期のことを調べ始める前に読んだ手記はもう一度見直す必要があるかも。
9期生が登場していることを見落としていました。




瑞鶴、南太平洋海戦に戻ります。



※画像は9期生ご遺族ご提供