Google
WWWを検索 ひねもすを検索

丙2期 谷川澄男さん2019年11月01日 22時50分40秒

今年の初め、ある会合で零戦Tシャツ屋さんと二人で受付に座りました。

そのとき、Tシャツ屋さんが、

「実は丙2の谷川澄男さんの息子さんと知り合いまして。谷川さんの写真を送ってもらったんですが、見ますか? 知っている人とか写っていませんか?」
と印刷した写真を見せてくださいました。

山陽丸の搭乗員の集合写真でした。


「あ、森健次さん!」

9期の森健次さん(偵察)が写っていました。


他にもあるということだったので、ぜひその息子さんを紹介してください、とお願いしました。
すぐに仲介してくださって、息子さんと直接連絡が取れるようになりました。

ビックリしたのですが、谷川さんの息子さん、Yさんともお知り合いだったんですよ(^^;)
狭いです(笑)












谷川さんは昭和14年に佐世保海兵団入団。
15年11月に丙2期、土浦海軍航空隊。
16年1月、飛練12期、鹿島海軍航空隊。
16年7月、実用機、博多海軍航空隊。
16年12月、飛練卒業。


呉空を経て17年2月、山陽丸へ。



ソロモンで任務に就いていたのですが(零式観測機操縦員)、昭和18年1月31日、敵機と交戦して被弾・空中火災。
脱出して海に浮いているところを鵯(ひよどり 水雷艇)に救助され、病院船氷川丸で内地に後送。

戦闘詳報
『一月三十一日 二飛曹谷川澄男敵機ト交戦戦傷(顔面右前膊左右下肢等二度熱傷右大腿同下腿爆弾々片創)』

結局、傷が悪化して右足を失うのですが、その後も海軍に残り義足で搭乗任務を続けられたようです。



息子さんによると、足を失ってからの話はあまりされなかったそう。











山陽丸時代。
十七年七月 ジャハ スラバヤ基地ニ於イテ 山陽丸総員

これは以前出した写真です。
何人かお顔がわかる人が写っていました。

古寺慶三さん(8期)

今田敏男さん(10期)

今城金嘉さん(7期)

森健次さん(9期)

谷川さん




昭和十七年十二月 ソロモン ショートランド第一基地ニテ


中列右端、谷川さん。







昭和十七年十二月 ソロモン ショートランド第一基地ニ於テ 山陽丸搭乗員一同


中列右端、谷川さん。

集合写真で見るとかなり大柄な方です。



おもしろい写真、いっぱいあるんですよ。
昭和17年12月のショートランド基地だそうです。
過酷な戦の合間のひとこま。楽しそうです。
いかんせん、谷川さん以外がどなたかわからない・・・・(泣)




見知った方が写っているスナップ写真もありました。
山陽丸の人たちだろうと思うんですが。
谷川さんは写っていないかな。他もどなただかちょっと・・・・。

でも、左端の人。
10期の今田敏男さんだよなー、って見つけて喜んだのでした。

裸だったり、サンダルが転がっていたり、いまから飛行機に乗るような格好でもないです。
オフかな?
ひと仕事終えたところかな?



これまた完全オフの搭乗員たち。これは”入浴中”というくくりでいいんでしょうか。”水遊び”?
谷川さんはいないようにあります。


しかし、今田敏男さんがいるのです!
注目は髪型です!
これがうわさに聞いた「基本坊主、頭頂部だけ伸ばす」っていう、彼の地で流行っていたという髪型でしょうか!?
初めて見ました。
モヒってますよね!?

と思いながら上の写真を見ると、あっちも頭頂部だけ伸びているかも?





見せていただいた谷川さんの写真の中に山陽丸の搭載機の編隊飛行中の写真がありました。
P‐55号機。



P‐?号機。

零式観測機一一型。P‐56号機。



零式水上偵察機一一型。


わたしは飛行機のことはわからんので、Yさんにご教示いただきました。

尾翼に「P‐」って機番号が入っています。ネットで山陽丸の飛行機を検索するとプラモデルが出てきて、記号が違っていたのでYさんに聞いてみました。17年後半以降は「P‐」を使っていたそうです。

ちなみにこの機体は尾翼に「ZⅡ‐56」が入っています。これが17年前半まで使っていた記号だそうです。わたしがネットで見たプラモの記号はこれでした。
機体の色も違いますね、「へえ~」でした。
上の「P‐56」号機と同じ零観なんですかね? 調べていないんです、ひとりごとです。


山陽丸の戦闘詳報を見ると、あと九五水偵もあったみたいです。


ふだん陸上機を見慣れているとフロートの違和感が半端ないです。
こんなものつけていてよく飛べるな~、みたいな?(^^;)

こんな邪魔そうなものをつけて飛んで、さらに波のある水上で離着陸をしているからか、水上機から陸上機に転科した人は操縦がうまかったって、以前、零戦搭乗員の人に聞いたことがあります。





谷川さんの写真、興味深い写真がたっくさんあるんですが、どなたが写っているのかわからなくてですね(^^;)
わかるのが一番いいのですが、わからなくても今回みたいに出すかもしれません。
[丙飛]カテゴリもいるかな?(^^;)


※画像は谷川さんご家族ご提供。飛行機に関してはYさんご教示

昭和十七年七月 ジャハ スラバヤ基地ニ於テ 山陽丸総員2019年05月26日 11時30分41秒

以前、岸本正好さんのことを書いたときにちょこっと話題にした山陽丸の集合写真。


裏にタイトルのように書き込んでありました。

写真の持ち主は丙2期の谷川澄男さんです。
14年志願兵、水上機操縦。
戦後生存の方ですが、それはもう壮絶な体験をされた方で・・・・。

谷川さんに関しては別に書きたいと思っています。




その谷川さんの遺品の写真類を息子さんに見せていただきました。
息子さんと縁ができるについてもいろいろ話があるのですが(^^;)
それも、またいずれ・・・・。






17年7月にはすでに岸本さんは転出されているようで、ここには写っていません。
しかし、岸本さん以外に見知った方のお顔が見えたのでご紹介。



御当人、谷川澄男さん
最後列の左から2人目。大柄な人です。




7期 今城金嘉さん

予科練時代の金城さん



8期 古寺慶三さん
予科練は8期ですが、飛練は10期、9期生たちと一緒に写真に写っています。
飛練10期偵察専修の期長です。

博多飛練卒業集合写真の古寺さん



9期 森健次さん

飛練博多卒業集合写真の森さん



10期 今田敏男さん

予科練1学年時の班集合写真の今田さん



他の方もわかるといいんですけどねえ・・・・。
他の写真に、一部名札が読める人も写っているので取り組んでみたいです。
しかし、出身もバラバラの方々なので、なかなか。


※画像は谷川さんご家族、予科練生ご遺族ご提供

6期生 人数の齟齬2019年05月24日 12時08分04秒

予科練の特定のクラスに取り組み始めると必ずぶつかる問題です、人数問題。

ネットで検索すると「入隊時の人数」というのが出てきます。
これはわかりやすいですね。
ただし、9期に関してはわたしはこれすらまだ把握できていないわけで(^^;)
いろんなところに200名と書いてあるんですが、わたしが実際に把握できているのは199名です。残り1名がまだどうしてもわからない・・・・。

6期の卒アルを見せてもらった機会に、6期の人数をネットで検索してみたら、予科練資料館のサイトに入隊時184名と書いてありました。
わたしの知人が作った予科練名簿では187名です。たぶん入隊時の人数。
わたしが卒アルの最後に掲載されている個人写真をもとに名簿を作ってみたところ、175名です。これは卒業時の人数ですね。


「????」
もしかしてスキャンするときにページを飛ばしたかな?ぐらい人数が合わない・・・・。
Kさんに相談してみたところ、
「7期に次期回しになっている人がいます」
とのご指摘が。
なるほど。
たしかに、9期に関しても、8期の三浦駿一さんや持田竹雄さんが予科練中に8期から次期回しで加わっているし、飛練中にも8期で入隊した人が数名加わっています。
9期から10期に編入された人も数名います。

7期の卒アルの個人写真もあるので探してみたところ、6期で入隊しているのに6期の卒アルにお名前が無く、7期の卒アルにお名前がある人が4名いました。
坪山利光さん、仲島義吉さん、上田定男さん、松本幸平さん。


全然解決じゃないんですけどね。



Kさんによると、5期などは予科練中に病気などで辞めている人がけっこういるらしく。
人数が合わない分は6期もそうなのかな、と思います(現時点で具体的なことは把握していません)。

5期で入隊して6期の卒アルに写っている人もいるのかな。
と思って調べたら、いました。2名。
姫石忠男さんと石川忠明さん。


卒業時の人数が個人写真の数通り175名とします。
卒アルにないのに、入隊時名簿(187名)にお名前がある人を数えたら14名いました。この14名が7期に編入されたり途中で辞めたりした人たちです。合せたら189名ですね。
ここから、元5期の人2名を差し引くと187名。
入隊時は187名が正しいのかな?
この187名はお名前がはっきりわかっているのでね。

予科練資料館のサイトにある184名との違いはどこなのか気になるところですが(^^;)





ちょっと余談です。

これは6期の岩井勉さんのアルバムにあった写真です。
岩井さんが写っているので、てっきり6期ラグビー部かと思っていたのですが。

同じ写真を7期の山口良一さんもお持ちで。
よく見ると7期生がずらずら写っていました。

「7期ラグビーの試合の審判に6期の岩井さんが入ったのか?」
というところで落ち着ていたのですが。


ここにきて急展開です。

Kさんから松本幸平さんと上田定男さんが7期に編入されていると指摘されて、「ん?」と思い出したことがありました。

この写真に松本幸平さんと上田定男さんらしき人が写っているんですよ。
特定をしようとしたときにはわたしはお二人は7期だと思っていて、何の疑問の持たず。

お二人とも最前列で横線入りのジャージです。
松本幸平さん

上田定男さん


7期卒アルのお二人。




他にもうひとり、「この人、6期の人?」って人が横線ジャージで写っていました。

他人の空似かなあ?
石川健次さん。6期で入って6期で卒業しています。

もしかしたら、6期と7期のクラス対抗試合だったりする?(^^;)
横線ジャージが6期で、単色ジャージが7期とか。
松本さんと上田さんはこの写真当時は6期生だった?

しかし、全員の特定ができていないのでなんとも・・・・。
完全に解読できたらまた出します。


※画像は6期生ご家族、7期生ご遺族ご提供

京都府出身者集合写真5~7期2019年05月23日 08時00分29秒

京都府出身者5~7期の集合写真のようです。


階級章がほぼ見えません。時期不明。
7期の日下部さんが写っているので、11年6月よりはあとですよね。
7期入隊から5期卒業までの間・・・・と漠然と。


前列左から
相根勇一さん(5期) 戦闘機
17年10月11日  ソロモン  6空

教員二人を挟んで
不明(5期)

日下部三郎さん(7期)
15年6月3日  15年5月12日基地移動に際し漢口基地北方4浬に不時着、重症、病院にて死亡  13空(『予科練のつばさ』)


後列左から
川崎正男さん(6期) 戦闘機
17年10月26日  南太平洋  瑞鳳

水口亭三さん(亨三さん?)(6期) 偵察


岩井勉さん(6期) 戦闘機
戦後生存

佐々木裕二さん(6期)
18年8月25日  ソロモン  飛鷹





前列の右から2人目の方、人数的には5期の方だと思うのですが、どなたかわかりません。
名簿上では京都の5期は、
相根勇一さん
中村宗十郎さん
森国男さん
山本義一さん
と、4名いらっしゃるようなのですが、上の集合写真ではっきりお名前がわかる5期生はお一人です。お顔から相根勇一さんだろう、と。
残る5期3名に対して写真はあとおひとり。
3名のうちのどなたかでしょうが、どなたなのかわかりません。
※追記・・・・山本義一さんは「三重」となっているものがあるそうです(Kさんご教示)


※画像は6期生ご家族ご提供

乙7~9期 広島県出身者集合写真2019年04月05日 13時01分54秒

渡邉邦夫さんの遺品の中に乙7~9期の広島県出身者の集合写真がありました。
7期卒業に際して撮られたもの。
7期生も8期生も2空の階級章をつけています。この2クラスが同時に2空だったのは13年8月1日~14日までの間。その間の撮影だと思われます。



うちにある7~9期の名簿類って、『予科練外史』、『予科練のつばさ』(7期)、7期卒アル、8期同期生会誌、『九期生名簿』、予科練名簿(知人Aさん作成)なんですが。

広島県出身者が何人いるか? 資料によって微妙に違っているんですよね(^^;)

あとでちゃんと書きますが。


とりあえず照合してみました。
リンクが貼ってある人(下線のある人)は個人ページがありますのでそちらをご覧ください。

わかりやすいところから。9期。4列目左から。


上原定夫さん 戦後生存






3列目左から


ここに写っている9期生は以上です。9名。
9期生存者が戦後に編集した「九期生名簿」では畑中嘉夫さんも広島出身ということになっているのですがここには写っていません。
が、畑中さんは『予科練外史』では岡山出身になっているので、そちらの集合写真に入っているのかもしれません(岡山出身者の集合写真は見たことがない)。

『予科練外史』といえば、そこでは大畠久利さんと柳川健さんも広島出身になっていますが、この集合写真には写っていませんね。
大畠さんは戦後の『九期生名簿』では和歌山になっているので、そちらかも。
柳川さんは・・・・途中で辞められているので詳細不明です。が、13年の8月にはまだいたはずなので、写っていないのは「?」です。




次、7期。
知人作成の予科練名簿では12名です。
これは山口良一さんの卒業アルバム(全員の氏名入り個人写真あり)があるので照合してみました。自信は・・・・あまりないです。異議は受けつけます。

中島勇壮さん 偵
16年12月10日 鹿屋空 マレー沖海戦


中川紀雄さん 操
20年4月7日 攻撃第一飛行隊 南西諸島方面 特攻

森田稔さん 操
17年2月3日 3空 蘭印方面
まったく同じ日に9期の森田勝さんも3空で戦死されています。勝さんは戦闘機ですが、稔さんの方は陸偵の操縦員です。行方不明。

教員

佐々木利照さん 操

神田忠美さん 偵
17年2月1日 横浜空 南洋方面

田中実さん 偵
18年4月18日 705空 ソロモン諸島方面
山本長官機が撃墜されたときの主偵察員。

2列目左端。
中山澤雄さん 偵
17年9月16日 東港空 ビスマルク諸島方面

そこから少しとんで・・・・(間は8期生だと思います)

2列目右から2人目。
島津勇さん 偵
15年12月25日 舞鶴空 飛行訓練中殉職

2列目右端。
野田栄作さん 偵
戦後生存

右上の特別枠。左。
檜垣英次郎さん 操
18年11月8日 翔鶴 ソロモン群島方面

右。
田坂要さん 操
16年5月 海軍病院にて戦病死

写っているのは12名。予科練名簿と一致しています。卒アルも12名です。
たぶん7期生は全員いると思うんですよね。
わざわざ特別枠を設けて貼り込んでいるので。
ちなみに他県の中には主役の7期生でも不在のまま卒業記念写真が作られてしまったところもあります(静岡とか)。
『予科練のつばさ』では岩本秀雄さんも広島と書かれていますが、ここには写っていないし、卒アルでは山口になっているんで、そちらが本籍と思われます。


あと残っているのが8期生だと思うんです。
2列目左から2人目から。







3列目左から3人目から。


後藤元さん




8期生は予科練名簿によると11名いるはずなのですが、ここに写っているのは10名ですね。
どなたがいらっしゃらないのかわかりません。松本栄治さんが8期生同期生会誌で福岡になっているので、松本栄治さんがここに写っていないのかもしれません。
予科練名簿の8期11名は、
池田高三さん  17年6月5日 飛龍 ミッドウェイ  ※9期清水巧さんの戦死時のペアの操縦員
大本三千人さん  17年2月1日 千歳空 南洋  
            ※「大木」と書いていましたが「大本」でした。
            ※9期植田武雄さんが戦死されたときのペアの主電信員でした
太田政富さん  17年6月5日 高雄空 蘭印方面  ※大田さんかも
岡崎繁雄さん  戦後生存
唐川集次さん  19年6月15日 521空 南洋群島
北村利秋さん  17年10月14日  751空 ソロモン
後藤元さん   16年12月8日 赤城 真珠湾攻撃
真田光雄さん  戦後生存
原晃さん     19年6月19日 761空 南洋群島
松本栄治さん  15年2月27日 鹿島空 伊勢湾にて殉職(飛練中)
松本久さん   16年1月10日 龍驤 岩国

後藤元さんだけは辺見じゅんさんの『戦場から届いた遺書』(文春文庫)に顔写真が出ていたので、それをもとに照合しました。たぶん、上の練習生が後藤さん。

8期生の同期生会誌にはもうひとり広島出身者としてお名前が挙がっている人がいるのですが、「免役帰郷後消息不明」と書かれてあり、13年8月の段階で予科練に在隊していたのかどうかすらわかりません。写っているのか、いないのか?

大本三千人さんは、生存者、戦没者、消息不明者いずれにもお名前がなく詳細不明です。
※Kさんからの情報提供で判明しました






7期卒業時の県別集合写真、現時点で茨城、静岡、熊本、長野(中庭)、愛知(中庭)、広島・・・・と見ることができました。
全部、見たいです。道のりは遠いけれど・・・・(^^;)


※画像は7期生ご遺族ご提供
※Kさんからの情報提供で追記・修正しました(4月6日)
※再びKさんからのご指摘で追記・修正しました(4月6日)