Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙8期 岡宮祐さん 22020年10月31日 09時52分30秒

岡宮さんのことに関しては以前書いています



そのとき、岡宮さんの最期に関しては行動調書を見て書きました。

岡宮さんは8期生として予科練に入隊していますが、いつからか9期生と合流したようで、9期の霞ヶ浦航空隊時代の末期(15年11月初ごろか?)の写真から一緒に写っています。そこから飛練卒業(木更津大型機操縦)まで一緒に写っています。

9期生全員の顔とお名前がわかったあとも、ずーっと、どなたかわからない状態が続いていたのですが、18年の5月の初めでしたか、Kさんが「8期の岡宮祐さんではないか」とメールをくださって、わたしもKさんから提示された情報を見て「そうにちがいない」と思ったのでブログに書いたというわけです。

ここから先はたぶん、ブログには書いていないままになっているんじゃないかと思います。
検索しても出てこないので。




じつはですね、ブログに書いたひと月後、岡宮さんのご遺族の方がブログをご覧になられたとかでメールをくださったんです。

岡宮さんのことを頻繁に検索されていたのか、それともたまたまそのときに検索されたのかはわからないのですが、書いた直後に連絡をいただくとやはり「お導きに違いない」と思ってしまいます。



行動調書や『予科練外史』(倉町秋次)の記述では岡宮さんは機上戦死したことになっています。
操縦員ですが中攻なので操縦員はメインとサブといて、たとえばどちらか一人が操縦不能になったとしてももう片方が健在であれば飛行機は飛びます。

17年11月12日、ルンガ泊地攻撃の703空・岡宮機は主操縦の岡宮さんが機上戦死した後、副操が操縦し、島に不時着。岡宮さんと同じく機上戦死の梅沢飛長がその地に埋葬された、と理解していました。


しかし、ご遺族の方から聞いた話は違いました。
岡宮さんは不時着時、まだ生存していたそうです。
その後、ペアに最期のことばを残して亡くなったとのことでした。

そのことを戦後、岡宮家に伝えに来てくれた人がいたそうです。

岡宮さんが戦死したときのペア、主偵察員の島崎馨さん(甲3)です。

そのときのことは新聞記事にもなったそうです。



先日、Kさんに『予科練外史』をお借りして読んでいたのですが、前回借りたときに岡宮さん関連の記述を見落としていたことに気づきました。
岡宮さんの戦場での日記が引用されていたのです。
引用されているのは17年8月26日、27日、31日、9月25日、28日、30日、10月3日、5日、21日、25日、11月4日、8日。

8月27日は編制替えがあったらしく「偵察は島崎になるらしい」と、のちに自分の最期を実家に伝えに行ってくれた島崎さんのことを書いています。



戦場でも本を読んでいた岡宮さん。
岡宮さんの書く文章は、なんというか、うまく表現できないのですが独特です。技巧的ではないけど、文学的。
日記には学生時代の淡い恋情についても書かれています。ふつうの青年。
しかし生死観は淡々。本心なのか、そう思い込もうとしているのか。





17年10月21日、当時703空だった9期の伊藤誠一さんがウェーク島からの哨戒中に遭難して、全員が救命いかだで漂流、4日後に救助されたって話を書いたことがありますが、そのとき岡宮さんも伊藤さんの捜索に出ていました。
『予科練外史』に「或る不時着」というタイトルで書かれています(これは以前から把握していたもの)。

そこにも岡宮さんの日記が引用されています。
『十月二十三日、捜索は今日も続けたが、相変わらず見えるのは波頭ばかり。昨日は、ロンギリック、今日はピギンニを低空飛行する。不時着機よ何処へ行ったのか・・・・。もう断念するより外はない・・・・。吾々は海上に不時着したらもう断念するより仕方がない。
二十四日、奇蹟が報ぜられた。全くの奇蹟である。不時着、行方不明機の八名が全員生存していたそうだ。ルオットに向けて十四日に横須賀を出港した補給船「那岐山丸」(十一航艦所属)に救助されて二十五日にルオットに入港するという。あきらめて、今日で捜索は打ち切りという時だったので余計に嬉しかった。救助の電報を受け取った通信長は雀踊りをして喜んだそうだ。
丸三日漂流したのだからよくも頑張ったものと思う。人間は最後の最後まで頑張らねばならぬ。最後の瞬間まで自暴自棄になってはならぬ。人事を尽くして天命を待つ。もし、吾にしてこのことあれば、生きられるだけ生きなければらならぬ。而して後は天の命ずるままに従えばよい
のである』


岡宮さんがルンガの敵輸送船団雷撃で不時着後に戦死したのはこの20日ほどあとです。



※画像は9期生ご遺族、Sさん(甲3教員のご家族)ご提供

乙8期 本村静夫さんか?2020年08月10日 09時24分01秒

飛練10期の大分修業記念写真(攻撃機)とその後の木更津修業記念写真(大型機)に9期以外の人が写っています。





飛練10期の大分(攻撃機)の人たちは16年8月末に大型機訓練のために木更津に移動しているのですが、おそらく移動直前に撮った記念写真だろうと思っています。
その時点で9期生たちはまだ1飛ですが、このお二人はすでに3飛曹に任官しています。

「教員じゃないの?」
って見方もありかと思いますが、移動先の木更津の大型機訓練の集合写真↓にも写っているので練習生と判断しました。





木更津の修業記念集合写真は16年10月末。


この2枚の情報だけでは出身期などはわからないです。
9期より先任、ってだけでしょうか。



大分の前、中練教程・谷田部にはおふたりとも写っていません。
もし、その時点から合流していたとなると筑波だろうと思うのですが、筑波の集合写真は精度がよくなくて個人の判別が非常に困難です。端っこが切れていて全員写っていないし。



以前Kさんからどちらかが8期の本村静夫さんかもという情報をいただきました。

本村さんは中練は筑波です。飛練10期の時期に筑波にいらしたようです。
筑波の集合写真、探すのですがわかりません。精細な写真が出てきたら判別できるかもしれません。

というわけで、どちらが本村さんで、残りのもうおひとりがどなたなのか、前に書いたときからまったく進展していないのですが。





本村静夫さん

乙8期、鹿児島県出身。操縦、中攻。
飛練卒業は10期。

17年1月4日  高雄空  コレヒドール攻撃



※画像は9期生ご遺族ご提供

乙8期 三浦駿一さん2020年07月26日 16時51分36秒

予科練中に9期に合流した三浦駿一(中攻操縦)さん。


元々8期生なのでよくわからないんですが・・・・。
鎮守府は佐世保です。が、『予科練外史』の出身地は大阪になっています。
九州にご縁がある方だったのかな? 

8期ということは12志。一木利之さん宅にあった佐世保海兵団の12年兵の人たちの名簿にお名前がありました。一木さんと同年兵ですね。



三浦さんがいつ9期と合流したか、正確な日付はつかんでいません。
わたしが確認できる範囲では、14年6月の操偵検査の集合写真に写っている三浦さんが一番古いんじゃないかと思います。

藤代さんの手記に「英語の成績が悪いということで、落第してきた二年生(8期生)があった」と書かれているのですが、これは三浦さんのことではないと思います。


操偵検査の三浦さん。
37分隊です。1~8班。三浦さんがどの班に割り振られたのか、これも把握できていません。
操偵検査の37分隊の班写真は1班と5班の分しか見ていませんが、どちらにも写っていなかったですね。
あと、少人数のグループ写真にも写っていないです。

あと霞空時代の2班、4班、6班の班集合写真にも写っていないので、可能性としては3、7、8班あたりでしょうか。想像です、ちょっとわかりません。





操偵別れてからの2学年班写真。松本さんと同じ班でした。


操縦専修生集合写真、2空。


操縦専修生集合写真、1空。
卒業に近い時期の霞ヶ浦航空隊時代。



卒業アルバムの寄せ書き
卒業アルバムというのは「9期の」です。



飛練の中練は筑波。


実用機(攻撃機)飛練大分
修業記念集合写真。



飛練木更津(大型機)

三浦さんと言えばこの写真でしょう。
石川茂さんのアルバムに貼ってありました。
上の写真なんか応援団長みたいです(笑)
おなか、どうなっているんでしょうね。ポケットに何か入れていて、それをつかんで上に持ちあげているのかな。お茶目な人です。※イメージ

下の写真は左から石川さん、三浦さん、桑島武一さん。
16年10月25日だそうです。飛練卒業直前の外出でしょうね。
なんかエエですね。予科練に入隊したときは先輩後輩だったんですが、すっかりなじんでしまっていて肩なんか組んじゃっています。

あ、ちなみに3飛曹に進級したのは9期生と同日です。



飛練卒業。


高雄空、753空、大井空、松島空、721空攻撃711、攻撃708。

終戦時は飛曹長。


神雷部隊だったんじゃないかと思って、家にある本をいろいろ探してみたのですが、三浦さんのお名前は見つけられませんでした。



※画像は9期生ご遺族ご提供

乙9期 その他2020年06月30日 15時14分47秒

「その他」と書くことに非常に違和感をおぼえているのですが、他によい名称が思い浮かばないのでとりあえずこれにしておきます。

乙9期戦没者
乙9期生存者
それ以外の人、ということです。


13年6月1日、9期生として横須賀海軍航空隊に入隊したものの、途中で予科練を辞めてしまい、「九期生名簿」にお名前がない人たちが何人かいます。

その中でも、
・『予科練外史』(倉町秋次)の9期入隊者名簿や生存者の手記中にお名前がある人
・そこにすらお名前がない人
にわかれます。

今回は、『予科練外史』・生存者手記にお名前がある人はお名前を出してしまおうと思っています。


あと、9期関係者として、
・予科練中に8期から合流した人
・飛練中に8期・あるいは他クラスから合流した人
も紹介しようかなと。
敬称略

【9期入隊者】
ST     14年志願兵免
柳川健   予科練途中で辞めている?
幸富    予科練途中で辞めている?
下浦忠義  16年疾免
岸田良親  15年疾免


個人の紹介もしたいと考えていますが、ここで軽く触れると、
STさんは入隊時班写真に写っていて氏名入りの軍帽を持っています。Kさんからの情報提供で下のお名前も、予科練を辞めた経緯もわかりました。

柳川さんは偵察班の集合写真に写っていますが、卒業時にはいらっしゃらなかったのでは?
いつ、どのような理由で辞めたのかわかりません。

幸富さんは生存者の手記にお名前が出てきた人で、以前から姓だけわかっていた人ですが、熊本出身乙7~9期生の集合写真に「幸富」という書き込みがあり、その時お顔と出身県がわかりました。
最近になってKさんが下のお名前も発見してくれ姓名がわかりました。が、ここでは姓だけにしておきます。

下浦さんは16年(9期生だと飛練の時期)に海軍を辞められたようですが、もっと早い時期から9期の集合写真に写っていないので、離脱したのはもっと前だと思っています。飛練に進んだ形跡もありません。

岸田さんは操縦班の集合写真に写っています。




【9期関係者】
三浦駿一(8期)  予科練中に合流、操縦
持田竹雄(8期)  予科練中に合流、偵察
岡宮祐(8期)  予科練中に合流、操縦
小薬武(8期)  飛練鈴鹿から合流、偵察
古寺慶三(8期)  飛練鈴鹿から合流、偵察
本村静夫(8期)  飛練筑波から合流、操縦
下士官       飛練大分から合流?、操縦
篠田義雄(甲3期)  大型機講習木更津から合流、偵察
斎藤武(偵52)   大型機講習木更津から合流、偵察
           大型機講習木更津から合流?、偵察


お顔しかわからない人もいるんですが(^^;)
お顔だけでも紹介しようと思います。

丙2期 谷川澄男さん2019年11月01日 22時50分40秒

今年の初め、ある会合で零戦Tシャツ屋さんと二人で受付に座りました。

そのとき、Tシャツ屋さんが、

「実は丙2の谷川澄男さんの息子さんと知り合いまして。谷川さんの写真を送ってもらったんですが、見ますか? 知っている人とか写っていませんか?」
と印刷した写真を見せてくださいました。

山陽丸の搭乗員の集合写真でした。


「あ、森健次さん!」

9期の森健次さん(偵察)が写っていました。


他にもあるということだったので、ぜひその息子さんを紹介してください、とお願いしました。
すぐに仲介してくださって、息子さんと直接連絡が取れるようになりました。

ビックリしたのですが、谷川さんの息子さん、Yさんともお知り合いだったんですよ(^^;)
狭いです(笑)












谷川さんは昭和14年に佐世保海兵団入団。
15年11月に丙2期、土浦海軍航空隊。
16年1月、飛練12期、鹿島海軍航空隊。
16年7月、実用機、博多海軍航空隊。
16年12月、飛練卒業。


呉空を経て17年2月、山陽丸へ。



ソロモンで任務に就いていたのですが(零式観測機操縦員)、昭和18年1月31日、敵機と交戦して被弾・空中火災。
脱出して海に浮いているところを鵯(ひよどり 水雷艇)に救助され、病院船氷川丸で内地に後送。

戦闘詳報
『一月三十一日 二飛曹谷川澄男敵機ト交戦戦傷(顔面右前膊左右下肢等二度熱傷右大腿同下腿爆弾々片創)』

結局、傷が悪化して右足を失うのですが、その後も海軍に残り義足で搭乗任務を続けられたようです。



息子さんによると、足を失ってからの話はあまりされなかったそう。











山陽丸時代。
十七年七月 ジャハ スラバヤ基地ニ於イテ 山陽丸総員

これは以前出した写真です。
何人かお顔がわかる人が写っていました。

古寺慶三さん(8期)

今田敏男さん(10期)

今城金嘉さん(7期)

森健次さん(9期)

谷川さん




昭和十七年十二月 ソロモン ショートランド第一基地ニテ


中列右端、谷川さん。







昭和十七年十二月 ソロモン ショートランド第一基地ニ於テ 山陽丸搭乗員一同


中列右端、谷川さん。

集合写真で見るとかなり大柄な方です。



おもしろい写真、いっぱいあるんですよ。
昭和17年12月のショートランド基地だそうです。
過酷な戦の合間のひとこま。楽しそうです。
いかんせん、谷川さん以外がどなたかわからない・・・・(泣)




見知った方が写っているスナップ写真もありました。
山陽丸の人たちだろうと思うんですが。
谷川さんは写っていないかな。他もどなただかちょっと・・・・。

でも、左端の人。
10期の今田敏男さんだよなー、って見つけて喜んだのでした。

裸だったり、サンダルが転がっていたり、いまから飛行機に乗るような格好でもないです。
オフかな?
ひと仕事終えたところかな?



これまた完全オフの搭乗員たち。これは”入浴中”というくくりでいいんでしょうか。”水遊び”?
谷川さんはいないようにあります。


しかし、今田敏男さんがいるのです!
注目は髪型です!
これがうわさに聞いた「基本坊主、頭頂部だけ伸ばす」っていう、彼の地で流行っていたという髪型でしょうか!?
初めて見ました。
モヒってますよね!?

と思いながら上の写真を見ると、あっちも頭頂部だけ伸びているかも?





見せていただいた谷川さんの写真の中に山陽丸の搭載機の編隊飛行中の写真がありました。
P‐55号機。



P‐?号機。

零式観測機一一型。P‐56号機。



零式水上偵察機一一型。


わたしは飛行機のことはわからんので、Yさんにご教示いただきました。

尾翼に「P‐」って機番号が入っています。ネットで山陽丸の飛行機を検索するとプラモデルが出てきて、記号が違っていたのでYさんに聞いてみました。17年後半以降は「P‐」を使っていたそうです。

ちなみにこの機体は尾翼に「ZⅡ‐56」が入っています。これが17年前半まで使っていた記号だそうです。わたしがネットで見たプラモの記号はこれでした。
機体の色も違いますね、「へえ~」でした。
上の「P‐56」号機と同じ零観なんですかね? 調べていないんです、ひとりごとです。


山陽丸の戦闘詳報を見ると、あと九五水偵もあったみたいです。


ふだん陸上機を見慣れているとフロートの違和感が半端ないです。
こんなものつけていてよく飛べるな~、みたいな?(^^;)

こんな邪魔そうなものをつけて飛んで、さらに波のある水上で離着陸をしているからか、水上機から陸上機に転科した人は操縦がうまかったって、以前、零戦搭乗員の人に聞いたことがあります。





谷川さんの写真、興味深い写真がたっくさんあるんですが、どなたが写っているのかわからなくてですね(^^;)
わかるのが一番いいのですが、わからなくても今回みたいに出すかもしれません。
[丙飛]カテゴリもいるかな?(^^;)


※画像は谷川さんご家族ご提供。飛行機に関してはYさんご教示