Google
WWWを検索 ひねもすを検索

飛練10期 中攻偵察 木更津大型機講習集合写真2018年05月08日 08時49分46秒

16年10月30日に大分と宇佐で飛練を卒業した偵察員の一部が、木更津航空隊に移って中攻偵察員となるべく大型機講習を受けました。
その修了写真です。
16年12月30日。


ただ、持ち主の藤原さん本人は裏に、
と書きこんでいます。

何度も言いますが、本人たちはあまり「卒業」「修了」ということばに対する区別意識はなかったように思います。




この修了記念写真に、9期生ではない人が4人写っています。

お一人は乙8期の小薬武さん
鈴鹿から飛練10期に合流したのだろうと思っています。

お一人は甲3期の篠田義雄さん
篠田さんは同期と一緒に宇佐に入隊し実用機偵察員教育を受けていて(新制度の飛練1期)、卒業が飛練10期と同時期になっています。そこで合流したのだろう、と。


あとお二人、氏名不詳者が写っています。
お二人は兵階級の人です。



「偵練の人かなあ? 丙飛の人かなあ? 乙飛以外の偵察員だったらもうわかんないだろうな」
と半ばあきらめていました。

どちらかが偵練52期の斎藤武さんという方みたいです。
写真のどちらの方かまではわかりません。

Kさんから連絡をもらって、だいぶ前にいただいた宇佐空の資料を見返してみたら、偵練52期(新・飛練4期)の偵察練習生名簿の備考欄に卒延の理由と飛練10期と同日に卒業した旨が小さな字で書かれていました。
こういう備考欄にまで注意を払ってもらって、ホンマにありがたいです。

その後、木更津で大型機講習を受けて中攻の偵察員になられたようです。


18年6月30日  702空  レンドバ攻撃





もうお一人の方に関してはまったく手掛かりがありません。
宇佐の資料を探しても、もうお一人の方に該当しそうな人は見当たらないんですよね・・・・。
時期が違うのか(宇佐の資料に書かれているより以前の期の人?)、それとも大分組なのか? それとも他の練習航空隊なのか?
あるいは木更津の大型機講習中に何か起こって、飛練10期の大型機講習に合流したのか。


※画像は9期生ご遺族ご提供

加賀艦攻隊 三島輝夫さん2018年05月06日 11時12分51秒

9期の島田直さん(熊本)の遺品の中に、真珠湾前日(吉良敢・吉野泰貴『真珠湾攻撃隊 隊員列伝』による)の加賀艦攻隊の集合写真が残されていました。

予科練生の写真、手元にけっこうありますが、実施部隊に出てからの写真ってほとんどありません。
これは貴重な一枚。
9期生は、持ち主の島田直さん(偵)、平山繁樹さん(偵)、黒木勇三郎さん(偵)が写っています。





他の人たちはわたしが見てもわからないので、いままであまりじっくりお顔を見たことはありませんでした。
が、先日、7期の山口良一さんの卒アルにあった氏名入り個人写真を見せていただいたことで、
「7期生は探せるんじゃないか?」
と思い立ち、探してみました。

この集合写真の中に、
松本光1飛曹(偵)
王子野光二1飛曹(偵)
三島輝夫1飛曹(操)
が写っているはず。

偶然でしょうが、加賀の7期生はみなさん、お名前が眩しいです(>_<)


そりゃあ、どうでもいいんですが。

松本さんと王子野さんは見つけられなかったのですが、三島さんは見つけました!

おお!
かっこいい!
色付きマフラー。


三島さん、山口さんのアルバムにけっこう写真が残っていたのです。
軍人さんとしてはレアな無帽写真。
班集合写真で名前入り。

班集合写真。
これもアルバム台紙に山口さん記入の名前あり。

飛練の集合写真。
これは胸の名札にはっきりわかる文字でドーンと「三島」と書かれています。




実は三島さん、今回山口さんのアルバムを見る前から知っていました。
熊本県乙7~9期集合写真。
たぶん7期の卒業直前の写真。

これ、持ち主の方が裏に全員の姓を書いてくださっていたおかげで、全員お名前がわかっているのです。

三島さん。

というわけで。
三島さんはお写真がたくさんあったので、加賀艦攻隊の写真からすぐに探し出せました。
松本さんと王子野さんは卒アルの写真しかなくて、ちょっとまだ見つけられていません。
頑張って探します。



ちなみに、真珠湾時の三島機の電信員は8期の久恒吾市2飛曹で、この人も9期生の写真に一緒に写っていました。

辻堂演習の宿舎写真。

この写真、写真表面に全員分の氏名が書きこんでありました。
この人には、「久恒」と。




三島さんは19年6月19日、601空、マリアナ沖で戦死。
久恒さんは17年8月24日、瑞鶴、ソロモンで戦死。



※三島さんのお名前、『真珠湾攻撃隊 隊員列伝』、『予科練の空』、加賀行動調書、山口さん記入氏名では「輝夫」、7期の卒アルでは「輝雄」になっています。
多数決とは言いません、たぶん「輝夫」なんだろうな、とわたしは思っています。
しかし、卒アル、他にもお名前が間違っているんじゃ?というところがあったりして。印刷製本前に本人にチェックしてもらっていないんかな?(^^;)


※画像は7期生、9期生ご遺族ご提供

乙8期 岡宮祐さん2018年05月04日 10時25分54秒

カテゴリ設定しました。
[乙8期]。
だんだん収拾がつかなくなってきた感があるので、不要なカテゴリは整理しなければ、と思います。が、いつになるやら(^^;)

[乙8期]に入れるべき投稿を探すのも大変です。
最近、ブログ内検索が機能しなくなってきています。
これも、整理はいつになるやら(^^;)





岡宮祐さん。
東京出身、中攻・操縦。
千歳空、703空。


飛練10期谷田部の集合写真に、一人だけ「三空曹」階級の人がまじっていて、
「この人、誰だろうな?」
と、ずっと不明だった人です。
かれこれ6年。
Kさんからの情報提供で、ようやく8期の岡宮祐さんだとわかりました。


飛練から合流したのではなく、
予科練時代に9期に合流したようです。事情はわかりません。
15年11月。卒業間際の操縦専修集合写真@霞ヶ浦航空隊に写っていました。
15日には土浦航空隊に移転しているので、11月前半の写真でしょう。

しかしですよ。
8期は14年9月1日に予科練@霞ヶ浦を卒業しているわけですよ。
そこから15年11月まで、岡宮さん、行方不明です。
その間の9期操縦専修の写真を一応全部探したのですが、どこにも写っていません。
進級は遅れていないんですよね・・・・。

とにかく、わたしが見つけた中で岡宮さんの一番古い写真は15年11月前半の上の写真です。




練習機飛練@谷田部の岡宮さん。

練習生の中で一人だけ下士官に任官しています。


実用機飛練@大分


大型機講習@木更津

この木更津の卒業集合写真には、9期生ではない人が3人写っています。
岡宮さんの他、

このお二人、実用機飛練の大分集合写真から写っています。
(中練谷田部には写っていないと断言できますが、中練筑波は画質が悪くて確認できません)

このお二人のどちらかが本村静夫さんということになるんでしょうね。
もうお一人は依然どなたか不明です。






同期生会誌の回想
「江戸っ子気質で鼻柱は強かつたが案外挫けるくせがあった」

「俺の日記に十月十七日、日曜日の外出を済ませて一日の出来事を愉快に思い出して楽しんでいると帰隊時刻を過ぎても貴様の姿が見えぬ。何にか不祥事でも起こつたのではないかと疑心暗鬼。夜八時頃金沢方面にいるとの情報に同期生一同安堵したよ」

昭和12年、つまり、8期が予科練に入った年(1学年)の10月17日の出来事みたいですね。

まさかと思いますが、このときの帰隊時間遅れが次期まわしに結びついたんじゃないですよね?(^^;)
「同期生一同安堵」と書いてあるので。

他にも9期に合流した8期生がいますが(三浦駿一さん、持田竹雄さん)、かれらは早い時期から9期の集合写真に一緒に写っているし、進級も遅れています。
卒業直前の集合写真から登場して、進級も遅れていない岡宮さん、理由はいまだ謎です。






『予科練外史』に予科練@横須賀時代、休日に鷹取山に登ったときの岡宮さんの感想が掲載されています。

「――空は広く、弧を画いて頭上を過ぎ、また海の彼方に入って行く。下に居る時は、天は高いとは思っても、広いと感じたことはなかった。が、今、自分の眼下より又眼下に入る半円以上の弧を見ると、あゝ天は広いなあ、と思う。――」

倉町先生の岡宮さん紹介。
「岡宮 祐   東京出身の多感な少年であった。七〇三空陸攻操縦員として、昭和十七年十一月十二日、ガダルカナル島、ルンガ泊地の敵艦船雷撃中、防禦砲火による被弾で、機上戦死を遂げた」


17年11月12日の703空のルンガ泊地攻撃では9期からも関口一男さん、浅沼正信さん、宮沢政雄さんの3名の戦死者を出しています。
行動調書を見ると、9機出撃して6機が行方不明、2機がガ島に不時着。

主操を失った岡宮機(3/1D:1小隊3番機)もガ島に不時着。

行動調書に不時着した2機とその機上戦死者についての記述がありました。
「1/1D、3/1D(内四名機上戦死)雷撃後「カシンポ」沖五浬及「カシンポ」ノ東5浬ニ不時着。(中略)3/1Dハ当夜野宿機上戦死者岡宮一飛曹・海沢(梅沢?)飛長「ビサレ」ノ東方三粁ニ埋葬」
※岡宮さんは戦死時上飛曹




※画像は9期生ご遺族ご提供

愛知の8期の北村さん2018年04月22日 22時33分49秒

先日書いた愛知県出身7~9期写真の件で。

8期の北村さんのお名前がモノによって表記が違うということを書いたのですが。
Kさんから連絡をいただきました。
たぶん「冨佐士」さん。

言い訳するわけじゃないですが、わたしも書く前にいちおう翔鶴の行動調書を見たんですよ。
艦攻やと思って艦攻操縦員の欄を探していて見つけられませんでした。
Kさんに指摘されてあらためて見直したら艦爆操縦員でした。真珠湾攻撃に参加されていました。
行動調書には「富佐士」と表記されていました。
行動調書も間違っていることがありますけどね(^^;)
Kさんがもひとつ、もふたつ、もみっつ・・・・ぐらい裏をとってくださっているので、たぶん「冨佐士」さんでしょう。


あと、同じ記事に長野7期の階級章のことで登場してもらった降幡さんの字が間違っているとのご指摘も<(_ _)> 降旗って書いていましたが、「降幡」です。
↑山口さんの写真の中に、ありました。
降幡武雄さんです。


※画像は7期生ご遺族ご提供

出身県別 7~9期2018年04月22日 11時55分33秒

手許に出身県別7~9期の集合写真何枚かあります。

長野県

愛知県

茨城県

静岡県

熊本県



昨日お風呂に入っていて突然思いついたんですが(^^;)

上2枚の中庭で撮られたもの(長野、愛知)と、下3枚の庁舎前で撮られたもの(茨城、静岡、熊本)、同じときに撮ったのではないか?

5枚には共通点があります。
・写っている予科練生は7期~9期
・二種軍装で写っている

一番注目の共通点は、
・7期2等航空兵、8期2等航空兵、9期4等航空兵(階級章なし)である

ここに注目して時期を絞ると、下のように13年8月1日から8月14日の2週間しかないんですよね。

中庭、庁舎前両方の写真を持っている人は現時点ではいません。

3学年あわせて15名程度におさまる県は中庭で、それ以上の大所帯は庁舎前で、というふうに場所をわけて撮ったのでは?

と、昨日お風呂に入っていて急に思い至りました。

え? 遅いって?(^^;)

※画像は7期生、9期生ご遺族ご提供