Google
WWWを検索 ひねもすを検索

伊賀 鸕宮神社2022年11月27日 22時33分09秒

今日は春海が朝から講習会があるとかで出て行ってしまったので、お昼からパパと二人で木津川沿いに南山城を抜けて伊賀の「うのみや神社」というところに行ってきました。







紅葉がきれいでした。



帰りは道の駅に寄ってきました。

つづく。

正倉院展2022年10月28日 17時08分45秒

秋ですね。
正倉院展の季節です。

今日は正倉院展の内覧会に行ってきました。

まずは腹ごしらえ。
ネットで見つけたおもてなし食堂。



ベジプレート。

1500円と、ランチにしてはお高めでしたが、10月から就職したので奮発しました。
(まだ1回も給料もらっていないけど(笑))

おいしかったですし、お店の人も感じよかったです。





今日は春日大社にも用事があったのでお参りに行きました。
なんだこれは! 今日ではないか!

今日の1900から若宮社の神様のお引越しがあるそうですよ。
BSプレミアムで生中継するらしいです(神社の方からうかがいました)。




奈良のシカさんはおとなしくてかわいいです💕
※ただしシカせんべいを持っていないときに限る



今日春日大社に来たのは、御朱印帳を授けていただくためでした。
先日、別の神社でいただこうと思って御朱印所に並んだのですが、なんだかタイミングが悪くて2回くじけたんです。パパが「待ったらいいやん」というので、3度目の正直、待ったのですが、自分の番になった瞬間に、ポケットに入れていたスマホの着信音が! 春海からでした。いったんその場から離れました。
なんかこのできごとで、「ご縁がない」と完全にくじけてしまって、その神社で御朱印帳を授けてもらうのはやめました。パパ、せっかく行ってもらったのにゴメンよ。

で、今日、春日大社に来てみたところちょうど若宮社の正遷宮の日。
今回はこちらにご縁があったのかなと思います。





正倉院展内覧会の開場は1330だったのですが、その時間に行ってはいけないということは過去数年から学んだので、もう少しウロウロしてから行きましょうと東大寺に行ってみました。
修学旅行生、外国人観光客が多すぎです!( ;∀;)

なんで寺社の境内で大騒ぎする!?
→シカせんべいを買ってシカに追い掛け回されて悲鳴を上げる流れ(笑)

とにかく賑やかだったですわ(;^ω^)

静かな奈良が好きな人にはおすすめできません。




東大寺の紅葉はもうちょっと先みたいです。
色づいている箇所は少なかったです。


あまりの人の多さに早々に退散。



東大寺前の交差点。
おい、シカ! そこ、くつろぐところじゃない!
遠足(修学旅行?)の小学生たちが戸惑っていました(笑)




1400ごろに入場するのがちょうどよかろうと思ったので、奈良博向かいの天平庵のカフェでひと休み。

1400少しすぎにお店を出ようとしたところ、
自動ドアのすぐ外にシカさんが!

おい、シカ! そこ、くつろぐところじゃない!

つーか、シカに自動ドアは反応しないんですね。

自動ドアが開いたときに、気づかずにもう少しで踏んづけるところでした。


外から見たらこんな風に座り込んでいたです(笑)




撮影不可なので画像はありません。

公式サイトにいくつか展示品が紹介されているので興味のある方はそちらを覗いてみてください。

入ってすぐの場所に香木が展示してありました。
いまだに香りがするそうですよ。
その天平の香り、再現して会場に流してくれたらいいのに。

工芸品の中にはすんごい細かい意匠も多々あるんですが、壁に拡大写真が貼ってあったりしてとても親切だと思いました。わたしは目がよくないので、ガラスケースの中の微細な文様など見えないので(^^;)

図録もいただきました。
帰ってきてから見返せるのもいいですね。





今日のおみやげ。
天平庵のりんごバター大和三山(どら焼き)。

期間限定品かな? 初めて見ました。
お店に入ったときには籠に盛ってありました。
コーヒーフロート注文時に3つ取り置きしてもらって、お店を出るときに受け取ったのですが、そのときにはすでに品切れになっていました。10分ほどの間ですよ。危ない、危ない。




正倉院展のおみやげ。
いつも購入するお香と、初めて見つけた正倉院柄靴下。象かな?

今西酒造 酒アイス2022年10月22日 23時59分55秒

今日は大神神社参道の今西酒造の日本酒アイスを食べに行きました。


三諸杉という日本酒を使った酒アイスだそうです。
カップから絞り出してソフトクリーム風にしてくれるアイスです。
激うまです!


いつものようにピントが合っていなくてスイマセン。
うちのカメラ、白が苦手なんですよ( ;∀;)




大神神社にお参りして、夕焼けを見て帰ってきました。


久延彦神社から二上山。


戻ってきたら参道に明かりがともっていました。
幻想的な雰囲気でした。


駐車場から大鳥居。




今日は久しぶりに雪松の餃子を食べました♪

都祁山口神社 都祁水分神社2022年10月16日 13時58分48秒

昨日は都祁で神社をまわってきました。

都祁――「つげ」と読みます。
以前は都祁村と言ったのですが、いつの間にか奈良市と合併していました。なのでいまは「奈良市」です。

都祁山口神社。


説明は丸投げ(笑)




山口神社は奈良県内に何か所かあります。

行ったのはここだけみたいですが(過去ブログ)、調べたらまだまだありますね。
よし、行くぞー(・∀・)


山口神社の鳥居の横を用水路みたいな川が音を立てて流れていました。
あとでビックリしたんですが、この川、じつは・・・・。


それは後にまわすことにして、先にお参り。







本殿の右側にちょっと小高い丘のようなところがあって、磐座があると書いてあったのですが、
いつもならどれどれとお参りに行くところなんですが、今回は石段を二、三段あがったところで、
「やめとこ」
となって、行きませんでした。



お参りを終えて鳥居のところまで戻ってきたら、鳥居の下あたりの玉砂利に動物の足跡らしき凹みが何か所も。

来たときは気づかなかったんですが。

見た瞬間、イノシシだと思いました(姿は見ていないです)。
犬の足跡には見えませんでした。


これ、神社の前の道のわきなんですけどね。
「もしかして、ここ、イノシシ出るっ!?」



神社周辺の道が狭そうだったので公営駐車場に車をとめてそこから歩いて行ったのですが、その道中も田んぼと道のあいだに何やら柵が(^^;)

出るんですかね、アレ(^^;)

出ても不思議はなさそうな雰囲気はありました。
じつはわたしの職場は大阪府某市のけっこう町中のはずなのですが、一時期「イノシシ出没注意」のメールが来たり、看板設置があったりして、通勤時はやぶでガサッと音がするだけでびくびくしていました。
ちなみにうちの職場の中、こんな感じです(笑)

町中のうちの職場ですら「イノシシ注意」なので、都祁だと出ても不思議はないです。
(いなかったらスイマセン💦)

まあ、そんなわけで、早々に退散というか、用心しつつ車に戻り、次の目的地へ。



都祁水分(つげみくまり)神社。


水分神社も奈良県内に何か所かあります。
葛木水分神社と宇陀の水分神社は行っているはずですが、なんかこのブログ、検索しても出てこないんですよね。
行ったけど書いていないんかな?(´・ω・`)



説明はいつもの丸投げ。









すごく清々しい境内でした。
爽快というか、すっきりした気分になる神社です。




都祁山口神社の周辺もここもトンボがたくさん舞っていました。

パパは頭のてっぺんに止まられました(笑)
画像がなくてスイマセン<(_ _)>


水分神社の方は、道は狭いけどうちの車でも進入できて、境内の駐車場にとめられました。



今回行った都祁は大和高原と呼ばれる県北東部の高原地帯です。

都祁水分神社はもともと都祁山口神社の場所にあったそうです。
都祁山口神社の写真で、用水路みたいな小さいな川の写真があったでしょう?
帰ってきて気づいたのですが、もしかして、あの”用水路”が木津川につながっているのか!?

ちょっと拡大。
あの細い水路が布目川になって、やがて木津川に合流、それが淀川に合流して大阪湾にそそぐ・・・・ってことですか!?※

みくまり、ってことは分水嶺ってことです。

すぐ近くに大和川の源流もあったみたいです。
それも帰ってきて気づきました。
大和川は三輪山をぐるっと迂回して大和盆地を抜け、奈良県(香芝市)大阪府(柏原市)境の山のあいだを抜けて大阪平野を抜けて大阪湾へ※。
※古代は河内湖へ


どちらも古代の政治・交易にとって欠かせない交通路です。
北まわりの木津川ルート。
南まわりの大和川ルート。
それぞれのルート上にはその地を押さえている集団がいて、栄枯盛衰のドラマがあったことでしょう。
その2つの川の源流がこの都祁の地にあると。

もっと真剣に周辺をウロウロしてくればよかった、と帰ってきてから思ったのでした(^^;)←イノシシコワいヒト

東勝寺宗吾霊堂2022年09月29日 14時51分34秒

新たな東勝寺宗吾霊堂の画像をご提供いただきました。

操練45期の野原忠明さんの遺品です。
13年末頃でしょうか。手袋をしている人もいるし士官の人もマントタイプの外套を着ているのでもしかしたら相当寒いのかもしれません。



龍の透かしのさらに奥に扁額っていうんですか、文字が書いてある額が掲げられているのですが、


明るさ調整して見たら、「宗吾霊」(額は右から左に読む)と書いてあるようです。


周囲に張り巡らされている幕には桜に宗の字が。



教員に、のち飛龍艦攻隊の住友清真さんのお顔も.
最近、何枚か教員の住友さんを見ました(他の期)。



あれ? 乙2の浦田豊四さんもいる(^^;)
のち加賀艦攻隊。






ご本人の野原さんはこれかな?
のち艦爆操縦員。
加賀、瑞鶴。


17年4月5日  瑞鶴  コロンボ攻撃




※画像は0さんご提供