Google
WWWを検索 ひねもすを検索

第三期 飛行術練習生修業記念2021年05月09日 23時22分00秒

乙2の浅川三雄さんの写真の中にこんな写真がありました。



スイマセン、だいぶ前にメールに添付して送ってもらっていたのに、ダウンロードをし忘れていて、今日気が付いたのです(T_T)

はて、第三期飛練→乙3の飛練かな?

と思って拡大して見たら、練習生の階級章がバラバラ。

「こ、これは操練だ!(;゚Д゚)」

浅川さんを探したら、飛曹長で教官列にいらっしゃいました。


というわけで、この写真は新制度の飛練3期→操練54期でした。

操練54期の吉田一平さんの手記によると15年12月24日に中練教程(百里原)修業と書かれているので、おそらく上の写真はその時の写真ではないかと思います。




台南空の山崎市郎平さんが写っていましたー!
当時は一整。

他に台南空の岡野博さんのお顔も見えます。
水津三夫さんと山本健一郎さんもいらっしゃるのだと思うのですが、よう見つけないです。
水津さんはお顔を知りません。山本さんはわかるけど探せない・・・・。

教官列に山下正雄大尉(兵60)?
教員列に下士官姿の高塚寅一さん(操22)に似た人もいます。違うかな?



台南空で再会して、
「おー、久しぶり、元気かー?」
みたいな会話があったりしたのかな?(^^;)



浅川さんの教官(教員)時代の集合写真、他にも台南空の搭乗員が写っていました。
いろいろ「?」な写真でまだ出せていません。また今度。



※画像は浅川さんご家族ご提供

翔鶴戦闘機隊2021年05月03日 16時10分59秒

今日の話はいつにもましてややこしくわかりにくい話です、先に謝っておきます、スイマセン<(_ _)>

例によって例のごとく、わたしの絶望的なまでの集中力の無さが幸いした(?)んでは、と思っています。


ことの発端は乙8の甲斐巧さんです。
今回の豊田さんのアルバムのおかげで甲斐さんのお顔が把握できたような気がしたので、手持ちの写真(豊田さんの写真以外)の中に甲斐さんが写っていないか探していました。
可能性が高いのは乙2期の浅川三雄さんの教員時代の写真。霞ヶ浦とか百里原の集合写真が何枚かあり、その中に乙8の飛練と思われる集合写真もあったのでどこかに写っていないかな?と探していました。

集中力欠如①
浅川さんの百里原の集合写真を見ていて教員列に近藤政市さんらしきお顔があるのに気づきました。
「たしか谷水竹雄さんの写真の中に近藤さんの写真があったな。比べてみよう」

集中力欠如②
近藤さんのお顔は確認できました。たぶん、近藤さん。→この話はまた今度
「もっとお顔がちゃんと写っている写真、なかったかな?」
とさらに探していて、谷水さんの翔鶴時代の写真に目が釘付け。

これです。

何度も見ている写真です。
おそらく18年10月ごろの写真。
谷水さんの筆跡だと思うのですが、「翔鶴リフト上」、さらに全員のお名前も書きこんであります。

「川村さんとなっ!?」
目が釘付けになったのはこの人です。
後列左から2人目。


豊田さんのアルバムに貼ってあったこの人ではないか!


書き込みがありました。
「甲七期 川村兵曹」
なので、わたしは自作の注記ファイルに「川村武彦さん 三重」と書き込んでしまったんですが。


「翔鶴の川村さん」を調べたら、甲6の川村正次さんが出てきました。
愛知県出身
18年11月2日  翔鶴  ラバウル

お顔が一緒で、姓が一緒なのでこれは甲6の川村正次さんの可能性大と思っています。



もうおひとり。
後列左から4人目。
大石と書き込んであり、赤字で「十八、一一、一一」と書き込んであります(最初11月11日ではなく2月2日かと思ったのですが、写真が18年10月ごろの撮影としたらそれ以降)。

やはり同じ人が豊田さんのアルバムに。Tは築城空のTでしょうか。富高基地。
これは「大石兵曹と」と書き込みがありました。

「どこの大石兵曹やねん?」って散々調べたのですが、そのときはわかりませんでした。
今回谷水さんの写真のおかげで「翔鶴」「18年11月11日戦死」とわかったので、
「よし、これでどこの大石さんかわかるゾ」
と名簿類や行動調書など調べてみたのですが・・・・。
わかりませんでしたorz



お二人は人数が多い翔鶴戦闘機隊写真にも写っています。

川村さん

大石さん

こちらの写真には7期の檜垣英次郎さんや窪田晴吉さんも下士官で写っていて、18年11月1日より前だとわかります(18年11月1日飛曹長進級)。





これは豊田さんのアルバムにあった写真で、
「富高基地にて 二十三期卒業に際して」
という書き込みがありました。
飛練23期ってことでしょうね。

大石さん、ここに写っているんですよね。
飛練23期の人か?
該当者、いないですよね?
教えている側か?
もっと古い人?

でも翔鶴の写真(18年10月ごろ)の時点で1飛曹ですよね。
わからない(>_<)

ちなみにこの写真、また今度取り上げたいと思っています。



というわけで、乙8甲斐巧さんを探していて、豊田さんアルバムの川村さんが甲6川村正次さんらしいという結論に達したという話です。



※画像は愛媛零戦搭乗員会、谷水さんご家族ご提供

加賀戦闘機隊 撮影時期2021年05月02日 14時43分55秒

昨日、上野公園西郷さん銅像前の末田さんと豊田さんの写真に関して訂正記事を書いたばかりですが、またまた訂正、、、というか、追記です。


先日出した鴨池における加賀戦闘機隊(二階堂中隊)の集合写真&個人写真(おそらく同日撮影)の撮影時期に関して。






この写真を紹介したときに、

五島さんはアルバムには「先任搭乗員」と書かれていましたが、真珠湾の編制表では飛曹長になっています。
アルバムの写真は進級前のお写真ってことでしょうかね。
他にもアルバムの階級が真珠湾時より一階級低い人がいるので進級時期を調べたら撮影時期がある程度わかるのかも。

と書いているんですが、これを見てさっそく連絡をくださった方がいらして。

五島一平さんが飛曹長に進級したのは16年9月15日です。

と。

「じゃあその前の夏ごろの撮影ですかね。甲斐巧さんがマフラーに襟巻なので寒い時期かと思っていましたー」←16年冬頃

なんてのんきに返信していたわたし(^^;)


その後、またまた他の方から連絡をいただいてですね。

五島さんが飛曹長に進級した16年9月15日以前には違いないのですが、じつはもっと前ということがわかりました。



この写真に写っていない二階堂中隊の一員・高橋英市1飛兵(真珠湾時)ですが。
加賀に着任したのが16年4月4日とか!?
ということはこの写真は16年4月4日以前?
それなら甲斐さんのマフラーと襟巻重ね着用も納得です。

が、もしかしたら、高橋さんは着任していたのにたまたまこの日いなかっただけかもしれない。
(写っていないことがそのグループに所属していなかった証拠にはならない)


これ以外にも階級のこともあるので(16年5月1日に1空曹に進級している豊田さんが、自分のことを「二空曹」と書きこんでいる&写真の豊田さんと同期生・石川友年さんの階級章が2空曹に見える)、高橋さんが着任していたとしてもおそくとも16年4月中の撮影。
「いつ以降か」という点に関しては絞れていません。
鈴木さん、豊田さん、甲斐さんが15年10月に加賀に着任しているようなので、いまはおおざっぱに15年10月~16年4月ごろ、みたいな感じです。
花(梅とか桜とか)でも写っていればねえ(^^;)


わたしの場合、ここに書いたことが最終結論ではなく、ここに書いたことがスタートになることが多いので(←見てくださった方からご教示いただける)、「その後どうなったかな?」と、ときどき覗いていただけるとうれしいです、スイマセン、中途半端で(^^;)


ホント、この写真、大好き。
操練、甲飛、乙飛と、出身も違えば年齢も違う搭乗員たちが笑顔で和気藹々、仲の良さが伝わってくる1枚です。


※画像は愛媛零戦搭乗員会ご提供

鈴木清延さんの出身地2021年04月27日 11時03分47秒

先日、加賀戦闘機隊の記事に出した鈴木清延さんですが。

Kさんからメールをいただきまして。
Kさん、豊田さんから直接「(鈴木さんは)同じ愛媛県の出身」という話を聞かれたそうです。

じつはですね。
アルバムにも書き込みがありまして。
「先輩で同県人」
って。
最初、出身地を愛媛って書いていたんですが、『日本海軍戦闘機隊2 エース列伝』大日本絵画に福岡出身と書かれていたので書き直したんですよね。

9期生でもたまにあるんですが、海軍に登録?されている本籍地と本人や戦友が出身地と認識している場所が違う場合があります。
鈴木さんの場合もそういうことかな?






これは裏書があり、「大分空 鈴木教員」と書かれていました。
善行章1線の3空曹ですね。お若いです。
他に大分空延長教育時代の集合写真もあって、鈴木さんはそこにも写っています。
豊田さんと鈴木さんは加賀以前、戦闘機延長教育時代に師弟関係だったのですね。


この写真には書き込みはなかったのですが、同じ写真(←一部トリミングされている)が別のところにも貼ってあり、「石川兵曹(同期生) 鈴木兵曹(先輩)」と書き込みがありました。
左はお顔から石川友年さん(甲1)ですね。加賀時代か。



※画像は愛媛零戦搭乗員会ご提供

加賀戦闘機隊2021年04月25日 09時38分57秒

わたし、ブログに豊田一義さん(甲1)宅に遊びに行った話、書いていないですかね。

豊田さんのお名前でブログ内検索をしたら2012年の愛媛の会の翌日朝食時に隣に豊田さんがいて、すでにスーツもネクタイもビシッとした姿で朝食をとられていて、あいさつをしたらきちんと返してくださった、という話しか書いていないような?

その何年後かに豊田さんのご自宅にうかがっているんですけど・・・・。

そのとき、豊田さんがアルバムを保管されているのは認識していました。
スキャナを送り返してしまっていてほぼ手ぶらで行ってしまい、スキャンできなかったんです。
訪問時のことを書いたメモを見つけたのですが、奥様との馴れ初めしか書いていなくてですね。
さらに、お嫁さんと意気投合して話し込んじゃって。
豊田さんの海軍時代のこと、ほとんど聞いていない・・・・(;´・ω・)






今回、愛媛零戦搭乗員会のご厚意で豊田さんのアルバムをスキャンさせていただくことができました。

全部見ました。
どれもこれも貴重な写真ばかり。

中でも衝撃的だったのがこの写真。
豊田さんの書き込み
自筆で「加賀戦闘機ノ勢揃ヒ」
活字で「加賀鴨池基地にて 戦闘機メンバー」

ハワイ攻撃前の訓練時代ですね。
みんなニッコニコで腕を組んだり肩を組んだり、仲の良さが伝わってくる一枚。
楽しそうな雰囲気とは逆に涙がこみ上げてきました、これ。


この集合写真には記名はなかったですが、別に記名ありの個人写真が貼られていたのでそれをもとに、
前列左から
豊田一義さん(甲1) 

北岡誠一さん(操45) 

阪東誠さん(操48)

甲斐巧さん(乙8) 

石川友年さん(甲1)


後列左から
長浜芳和さん(甲2)

鈴木清延さん(操28)

五島一平さん(操19)

稲永富雄さん(乙7)



集合写真と同じ時に撮ったと思われる個人写真、記名ありです。
集合写真の順番で。戦没状況等はわたしの書き込み。
豊田一義さん(甲1) 愛媛
戦後生存

北岡誠一さん(操45) 高知
18年3月11日  瑞鳳  ブナ

阪東誠さん(操48)
戦後生存

甲斐巧さん(乙8) 宮崎
19年6月20日  652空  マリアナ沖

石川友年さん(甲1) 大分
19年7月6日  佐世保空大村派遣隊  厚木基地で殉職

長浜芳和さん(甲2) 福岡
18年9月6日  築城空  殉職

鈴木清延さん(操28) 福岡 ※愛媛出身
17年10月26日  隼鷹  南太平洋海戦

五島一平さん(操19) 熊本  先任搭乗員
16年12月8日  加賀  真珠湾攻撃

稲永富雄さん(乙7) 福岡
16年12月8日  加賀  真珠湾攻撃





加賀飛行機隊行動調書から
16年12月8日  布哇主力艦並ニ飛行機攻撃
二次攻撃隊
大尉  二階堂易
一飛曹 稲永富雄  行方不明
二飛曹 甲斐巧

飛曹長 五島一平  行方不明
一飛曹 石川友年
一飛兵 阪東誠

一飛曹 鈴木清延
一飛曹 長浜芳和
一飛兵 高橋英市


一次攻撃の戦闘機隊は志賀淑雄大尉が率いていますが、顔ぶれからこちらの二階堂中隊の方だと思われます。高橋英市さん(操53)の写真は記名ありの中にありませんでした。



五島さんはアルバムには「先任搭乗員」と書かれていましたが、真珠湾の編制表では飛曹長になっています。
アルバムの写真は進級前のお写真ってことでしょうかね。
他にもアルバムの階級が真珠湾時より一階級低い人がいるので進級時期を調べたら撮影時期がある程度わかるのかも。




※画像は愛媛零戦搭乗員会ご提供
※戦没状況はKさん、Aさんご提供名簿参照