Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙3期 徳永有さん2017年09月27日 21時22分06秒

この人のこと、前にも書いています。


南昌飛行場に着陸して、敵機を焼き討ちにした小野了さんのことを書いたときに、小野機が故障したと思ったのか、自らの危険を顧みず助けるために同じように敵飛行場に着陸してきた僚機の操縦員が徳永有さんだったのです。



さらに、この人、9期の適性検査のときの教員だったらしく、藤代護さんが戦後に書いた手記に、
『(操偵適性検査時の)私の教員は、支那事変で敵の飛行場に強行着陸して、格納庫内の敵機を拳銃で焼き討ちした先輩四期の徳永一等航空兵曹であった。太い眉毛に、炯々たる眼光、その底に慈愛に満ちた笑みがたたえられている偉丈夫であった』
と、書いています。

「先輩四期」と書いていますが、3期です。

これを読んだときに、藤代さんの適性検査15班集合写真に一緒に写っている教員が徳永さんなのかな?と思ったのですが、よく見ると「太い眉毛に炯々たる眼光」という感じの人ではありません。
藤代さんと一緒に班写真に写っている教員。



「はて?」

と思っていました。


※現時点では、たぶん15班の面倒を見ていたのは↑この教員。が、藤代さんが適性検査で同乗してもらったのが徳永教員――という意味だったのだろうと解釈しています。






最近、島田さんの日記の適性検査のところを読んだのですが。

ありました!!

徳永教員の記述!

それも適性検査時ではなく、終わってからの話です。
14年6月10日で適性検査終了、霞空に帰隊。その翌日が日曜日で「休業」。
その日の日記です。

『午後外出。百遣の徳永教員と土浦にて合い倶楽部にて色々の事を話を聞いた。矢張り先輩だけに何となく其の気持が違う。ああ我等乙種予科練は先輩がいるので心強い。大いにやろう!! 徳永教員、後輩の私達を待っていてください』
※百遣・・・・筑波航空隊百里ヶ原分遣隊


よほど感激した様子であります。



ちなみに島田さんが操偵検査時のグループ写真で一緒に写っている教員は徳永さんではありません。
でも、藤代さんの例もあるので、もしかしたら同乗してもらったのが徳永さんという可能性は捨てきれません。

まあ、個人的に会ったというより、何人か(分隊員か班員か)で徳永教員と会って話を聞いた、って感じなのでしょうか。
徳永教員は後輩と話をするために、一人でわざわざ百里から出てきてくれたっぽいですよね。



じ、じつはですね(汗)
前日6月10日の日記を撮影し損ねていて、その内容がわからないのです(+_+)
まったくわからないわけではなく、紙がかぶさっている部分がわからない、と。
この紙に気を取られて、本文を撮影し忘れていました(T_T)
また見せてもらいに行ってきます。ホンマに何度もすいません(;´Д`)

この紙は何かというとですね・・・・。
ここには先任教員である先輩・2期の小山内末吉1飛曹の話が書いてありました。
この紙のこともまた書きたいと思います。




で、この内容がよくわからない6月10日の日記なんですが。
よく見ると「(先)輩の三期生・・・・」とか、「(殊)勲甲」とか、書いてあるんです。
これって徳永さんのことじゃないのか?
なんて思ったんですが、推測にすぎません。
ハイ、ちゃんと確認してからもう一度書きます。




ふだん予科練生が接している予科練の教員(教班長)はいろんな分野の人がいます。
砲術の人だったり、整備科の人だったり、機関科の人だったり。もちろん航空科の人もいたみたいですが、多くなかったみたい。
島田さんの日記に、二十三分隊教班長の階級・氏名が記載された箇所がありました。
それを見ると、航空科の人って8人中1人でした。

が、適性検査に行ったら、そこの教員たちはみな航空科の人ですからね。
しかも、直接の乙飛も先輩もいて、それこそ、
「よし! 自分たちも!」
と、先輩の姿に将来の自分たちの姿を重ねたことでしょう。

そんな中の一人、歴戦の勇士・徳永兵曹。

見つけました。

わたしのフォルダーの中に徳永さんとはっきり書かれた写真がありました!
↑いまごろかっ!?


それを元に、当時百里ヶ原で適性検査を指導した教員の集合写真から徳永さんを探しました。




前列イス席の右端。
「太い眉毛に、炯々たる眼光」 まさに!

これは予科練生、憧れますわ(´Д`)




ちなみに、上の教員集合写真の小山内先任教員。
あ、どうしてこの人が小山内さんだとわかったかというと、何年か前に当時ここで教員をされていた原田要さん(後列左から2人目、戦闘機)に教員集合写真を見てもらい、覚えている人のお名前を書き込んでいただいたのです。徳永さんは記憶されていませんでしたが、小山内さんは記憶されていました。








あと、これも徳永さんじゃないのかなあ?

と思ったのが、
羽藤さんたち12班の教員さん。


テキトーに言っているんじゃなくて、いちおう、うちにある適性検査集合写真に写っている教員を全部ばらして、一人ずつ照合してから言っています。

ただ、気になるのは、12班と一緒に写っている教員は教員の腕章をしていないんですよね(^^;)
しかし、集合写真に写っている分隊士・分隊長の顔ぶれを見ても、この人に該当する人はいないようなので、やはり徳永教員なのではないか?と。




この人、その後、どうされたんだろうな?

と思って、ネットで検索してみました。

そしたら、女子アナしか出てこなくてですね!(^^;)

困ってしまって、いつものKさんに助けを求めました。





「台南空の陸偵隊で、17年8月2日 東部ニューギニアで戦死されています」

とのこと。


「例の台南空本にも出ていましたよ」

とまで教えてくださいました。


例の台南空本!


・・・・!
この本、何回も読みましたよ!( ゚Д゚)


言われて探したら書いてありました。

『話を8月2日朝に戻そう。この日、すらりとした二式陸偵の1機がラエを発進してポートモレスビーの偵察に向かったが、0900少しすぎにラエ基地にはこの徳永有(たもつ)飛曹長機から敵機に遭遇との緊急通信が入電した。彼はこれがようやく同機により3回目の実戦飛行だった(同じペアで7月28日と29日にも偵察飛行を実施)が、彼と偵察員の班目昇1飛曹と電信員の森下八郎1飛兵が未帰還となった』
※本にはこれが2式陸偵3回目で7月28日と29日、同じペアでと書かれていますが、行動調書を見るとそうではないようです。


この本によると、撃墜した側の記録が残っているそうです。





なんともことばがありません。

上に出した教員集合写真と9期12班の適性検査集合写真。
あれ、羽藤一志さんのアルバムに貼ってあったものです。
羽藤さん――台南空の戦闘機搭乗員です。17年9月13日、ガダルカナルで戦死。

8月初旬、同じ隊ですよ、徳永教員と羽藤さん。
きっと同日中にも徳永教員の戦死は羽藤さんの耳に入ったはず。
羽藤さんだけでなく、このとき台南空には大勢の9期生たちがいました。
かれらも島田さんと同じ様に、予科練の先輩であり、適性検査時に指導してくれた徳永教員のようになりたい、と憧れていたのではないか。

目の前で徳永さんを失った衝撃はいかばかりだったか。



※画像は9期生ご遺族ご提供

一ノ瀬俊也『飛行機の戦争1914-1945』講談社現代新書2017年09月02日 17時34分16秒

おうち仕事の最中ですが。

先日、田中三也さんの『彩雲のかなたへ』と一緒に購入しました。

もともと本屋に行った目的はこの本でした。

9期の池田和義さんの姪御さんから、
「こんな本が出ていますよ」
ってメールをいただいたんです。

注目は帯の99艦爆!

「これ、33空の機体ですよ!」

って。

ホンマや!


池田さんの最初の実施部隊、33空。

最初、写メで見たときには「33-208」と書いてあるのかと思いました。
池田さんが「208号機」と一緒に写っている写真があるので、同じ機体か!?と期待しました。

で、買いに行って、スキャンしてみたわけです。
スキャンして拡大して見たら、尾翼には「33-203」と書かれているように見えます。

池田さんが愛機ではないかと思われる99艦爆と一緒に写っている写真が何枚かあるのですが、はっきり尾翼が見えている機体は「33-207」と書かれています。
ほかに、カウリング下に「8」の数字が見えている機体とも一緒に写っています。208号機ではないかと。



池田さんとは関係ないにしても、もし、この写真の持ち主が著者の一ノ瀬先生(埼玉大学の教授らしい)なら、連絡を取ってこの写真の来歴をご教示いただけないか・・・・とも思ったのですが、帯には「毎日新聞社/アフロ提供」と書かれてありました。


中身はまだ読んでいません。
パラパラとは見ましたけど。

彩雲さん、小説になる2017年08月31日 07時41分29秒

一昨日の夜、突然松山の彩雲さんから電話がかかってきました。

「彩雲さん」というのは、このブログ上での仮名みたいなもので、習慣的にそう呼んでいるだけです。みなさんご存じ「K上飛曹」と同じようなものです。


これは去年12月に久保さん宅を一緒に訪問したときの彩雲さんです。
ちなみにカメラをセットして取材している人は、先日N〇Kの特番(←空襲の)に出ていましたね、けっこうアップで。


「彩雲さん」は乙18期出身の電信員です。
偵察第4飛行隊で彩雲に乗っていました。
杉野さんといいます。


その杉野さんからの着信だったので、どうしたのかな?と思いました。

電話口の杉野さんはすごくお元気そうでした。


用件は――。
自分がモデルになった小説が出たので、よかったら読んでみて。
ということでした。

単行本ではなく、小説雑誌に掲載されているとのこと。

さっそくネットで検索して調べましたが、わかりませんでした(^^;)

本屋に行って調べてもらったところ、本屋では扱ってない本のようである、とのこと。
出版社に直接注文しないといけないみたいです。

入手したらまた紹介します。





で、その電話のときに、
「いま田中三也さんの『彩雲のかなたへ』を読んでいるんですよ」
って話をしたら、
「あー、田中さんは同じ隊の大先輩だよ!(^o^)」
と、田中さんの話をしてくださいました。
「偵4で生きているのも田中さんと自分だけじゃないかなー」
と言われていました。

友だちの友だちは・・・・じゃないけど、直接知らない人でも、自分の知っている人とつながっていると思ったら親近感沸きますよね~(勝手に)。

田中さんも杉野さんもいつまでもお元気で。

ハセガワ 局地戦闘機 紫電改 ”戦闘第301飛行隊 笠井上飛曹機”2017年08月29日 09時27分02秒

とうとう出ましたよー!

1/48


箱絵は笠井智一上飛曹機。
ならびに笠井さんの小隊長・杉田庄一上飛曹の「ニッコリ笑へば必ず墜す」。
笠井さんが直筆で書かれたものが印刷されています。


これだけではありません。


中に、『源田の剣』の髙木晃治さんの解説書が同封されています。
このプラモのためだけに書かれた、書下ろしですよ~
知っている人?がたくさん登場するうれしい解説書でした。
内容は悲しいです。


限定品です。









わたし、海軍の搭乗員さんで、K上飛曹という方に非常にかわいがってもらっているんですが(自分で言うか)。


以前、K上飛曹にちっちゃい紫電改(K上飛曹搭乗機)1/144を作ってプレゼントしたことがありました。
※このころはまだ見えていた(-_-)
やっと完成
決して適当に作ったわけではなく、K上飛曹に機番号を聞いてから作りました。



なんでこれをプレゼントしたか。

たしか、先にK上飛曹がわたしに、
「ママさんにプラモデルを作ってプレゼントしてあげる」
と言われたので、わたしが先だ!と思って慌てて作ったような気がするんですが。

K上飛曹、忘れてはるやろなあ~(^^;)





まあまあ。
あのときは本人に機番号を聞いて、自分で機番号を組み合わせて完成させました。
とうとう笠井上飛曹搭乗機がハセガワから出たんだな~と感慨深いものがあります。

田中三也『彩雲のかなたへ』光人社NF文庫2017年08月27日 15時01分36秒

久しぶりにNF文庫を買いました。


ずっと以前に単行本を立ち読みして、

「買って読まねば」

と思ったきり、そのままになっていました。



甲飛5期出身の偵察員です。
元は水偵の偵察員。のち偵察機。

一見、9期生とは無関係そうですが、田中さんは特修科練習生11期の履修生で、9期の坂田清一さん、植木愛雄さん、畑中嘉夫さん?、井上三千人さん?が一緒に写っている集合写真がこの手記に掲載されていました。

めっちゃいい写真です。
19年2月末の特練修了時の集合写真です。



田中さん、特練の履修内容に関していろいろ書いてくれています。

わたしは特練のことでわからないことがあるとすぐKさんに聞いてしまうのですが、忙しいKさんは、

「おれに聞かずに田中さんの手記を読んだらいいのに」

と思っているのではないかと忖度してやっと手元に置けた次第です(^^;)



パラパラ見てみたのですが、写真がめっちゃいいです。