Google
WWWを検索 ひねもすを検索

大阪府立弥生文化博物館『近畿最初の弥生人』&一蘭2021年10月09日 22時49分19秒

今日はサメ吉さんの運転で久しぶりの県境越え、大阪府立弥生文化博物館に特別展を見に行ってきました。




でも、やっぱコワいんで、後部座席にお移りいただきました。






春海は今日はめずらしく部活が休み。
「一蘭行くで」
と言ったらのこのこついてきました。


すっかり弥生博とセットになってしまった一蘭。

渋滞にはまっちゃって、一蘭に着いたのは3時前(笑)



春海は初一蘭。
念願だったんですよ。
一度緊急事態宣言中に行こうとしたのを押しとどめて、やっと今日行けました(^^;)










久しぶりの弥生博。
今日から特別展「近畿最初の弥生人」展です。

緊急事態宣言あけているのにほとんどヒトいませんでした(^^;)



展示見学の前に、パパと春海は博物館の人に、
「考古学に興味のない人から見てどうだったか、展示の感想聞かせて」
と言われていました。
春海は、
「課題やりに来たみたい」
と苦笑い。

30℃越えの中エアコン故障中とかで、汗ダラダラ垂らしながら展示見学しました(笑)
展示室入口にパンフレットで作った手づくり扇子が置いてあって、パパと春海はそれをもらってパタパタやっていました。
わたしはいつもリュックにうちわを入れているのでそれでパタパタ。


北部九州、四国、近畿の縄文晩期~弥生初の遺物を中心に。
不思議ですよね~。
いまみたいに交通網が発達しているわけでもないのに各地で使われた土器がよく似ているんですよね。どうやって情報を共有していたんでしょうね。


あー、博物館の人から出された「課題」に対しては、なんかホントに”考古学に興味のない人の感想”を述べとったです(笑)
解説パネルに出くる用語が難解だとかなんとか。

テーマ自体が、考古学に興味のない人間が食いつきそうなテーマじゃないですからね。
まだ「卑弥呼」とか「邪馬台国」みたいなテーマなら「あ、聞いたことある」ってなるんでしょうけど。
春海には難しかったみたいです(^^;)




弥生博は今年開館30周年。
開館直後ぐらいの時期、わたしは卒論の調査で足しげく弥生博に通って土器の実測をさせてもらっていました。

あの頃は設備も展示形態も最先端の博物館でした。
30年後の今日、エアコン故障で汗ダラダラで展示を見ることになるとは(笑)






行ったら必ず撮る卑弥呼さま
日の巫女らしい写真が撮れました♪

物部氏の古墳 杣之内古墳群@天理参考館2021年07月31日 22時15分47秒

今日は天理参考館に「物部氏の古墳 杣之内(そまのうち)古墳群」を見に行ってきました。



天理参考館に隣接して天理大学のキャンパスがありますが、そのあたりが杣之内です。
すぐ近くには石上神宮もあり、物部氏と深いかかわりがある地です。


展示物や解説パネルはよかったんですが、展示室内の通路に狭い箇所があってその点はイヤな感じでした。思いのほか人が入っていたんですよ(失礼やろ!)。

展示室内で「っばくしょーん!!」ってやっている人や大きな声でおしゃべりしている人もいましたしね。
前者は博物館にはどうしようもないことでしょうけど、後者はちょっと注意してほしかったな。



常設展示の方はヒトに会いませんでした(笑)

民俗学や民族学に興味のある人にはいい博物館だと思います。
照明が暗いし、モノがモノなので一人で見るのはちょっとコワいけど。

ちなみに考古の展示はお墓の出土品でもコワくありません。
※神社が実家の先輩が、あの頃の人はすでに転生しているからたたられないと言っていました
※でも古墳を発掘するときは神社の神主さんが来てお祓いをします






晩ごはんはパパがだし巻き卵を作ってくれました。
2種類作ってくれて、「基本のだし巻き卵」と、それにさらに砂糖を加えて若干甘めにしたもの。

甘い方がめっちゃ玉子サンド向きの味でした。
おぼえておいて今度朝作って、と頼んだのですが、パパのは適当レシピやから二度と同じ味でできないというね(笑)


唐古・鍵ミュージアム 古のアクセサリー工房2021年05月25日 17時11分46秒

午前中に芋とソフトクリームをやっちまったので大いに反省してちょっと歩いてきました。


田原本駅からほどほどに遠い唐古・鍵ミュージアム。
十六面・薬王寺遺跡を中心に玉造遺跡の企画展示をしていました。

製作工程がわかる未成品とか失敗品がおもしろいですね。
↑管玉、たぶん作っている途中で割れちゃったんでしょうね。
右端のなんか両側から穿孔しようとしているのがわかります。貫通していない。






常設展示も見てきました。
いつも「かわいー💗」って見ているおサルさん(とわたしは思っている)。

じつは・・・・。
この絵(集落の様子)の中央下あたりに・・・・。

囚われの身のおサルさんが・・・・(涙)
もしかしたら、すでに天国に召されているのかも。
このおサルさんがモデルかもと思うとなんかかわいそうになっちゃいました。

あ、おサルさんではなく、ヒトの土製品かも知れませんが。
この絵におサルさんが描かれていたので、つい関連付けちゃいました。


集落にはワンコもいたみたいですよ。
口縁部にワンコの噛み跡が残っている土器だそうです(笑)


いつ見ても美しいヒスイの勾玉。※裏から照明を当てています



ちょうど上司からメールに連絡が入って(探し物が見つからなかったらしい)、唐古・鍵ミュージアムにいると返信したら、博物館が開いているのかと驚かれていました。

大阪は緊急事態宣言中なのでねー、奈良は緊急事態も蔓延防止もなんもなく博物館系は平常運転みたいですよ(^^;)
さらにいうと、社会科見学の小学生集団もいました(^^;)

伝崇神天皇陵(行燈山古墳)2021年03月21日 09時23分46秒

昨日、お昼ごはんを食べ過ぎたので、古墳の周りを散策してきました。



柳本古墳群の伝崇神天皇陵、行燈山古墳です。
伝景行天皇陵にも行きたかったのですが、体力が続かず断念。





Google先生が勝手に加工してくれた画像がきれいだったので、他のも加工してみました。
拝所。

前方部から。


前方部南西角から。

二上山が好きすぎて、伝崇神天皇陵にも入れ込んでしまう(笑)
後円部側から。

伝崇神天皇陵は傾斜地に作られています。
周濠(墳丘の周りの堀)があるんですが、傾斜しているために、途中に渡り土手を設けています。
周濠の水面のレベルが違うんですよ。

わかりますかね?
渡り土手を挟んで左が低い方で、右が高い方です。
ツイッターに見比べている動画を出しますね。
※このブログ、動画を貼れないのです


初期大和政権の大王陵です。周濠を挟んですぐそこに墳丘が見えるってのはすばらしいです。







伝崇神天皇陵の東側に接するように櫛山古墳があります。
めずらしい双方中円墳(柄鏡形前方後円墳の片方にもう一つ短い方形の突出部があるような形)。


櫛山古墳の周濠土手のお地蔵様。
向こうに見えているのは伝崇神天皇陵の後円部。

前方部の段がよくわかります。
陵墓指定されていないみたいで、柵も何もありませんでした。
が、マムシやマダニがいるかも?と思って、これ以上近寄れませんでした(^^;)


櫛山古墳からちょっと山の方に入って行ったら桜がきれいな場所がありました。
向こうのこんもりは伝崇神天皇陵後円部。


ぶらぶら戻って、再び伝崇神天皇陵の周辺を歩きました。


菜の花と伝崇神天皇陵。


伝崇神天皇陵の渡り土手の看板。
悪そうな顔をしたマムシ。



歩き回って疲れたので、トレイルセンターでのどを潤しました。
全然足りんかったです。

1リットルぐらい欲しかった(笑)

山辺の道の途中なので、休憩中の人も多かったです。

富雄丸山古墳2021年02月27日 21時32分42秒

今日は午後からお出かけしました。

富雄丸山古墳に行きました。
なんとなく、「行ってみようか」というノリで(笑)

古墳に行く前に腹ごしらえ。
鬼滅スタンプを集めないといけないので(言い訳)、コメダ珈琲店。

GODIVAとコラボのクロネージュリッチショコラ。

さすがにこれを一人で片づけるのはまずいと思うので、パパと。

おかげさまでスタンプ、集まりました。
2回、鬼滅クッションにチャレンジしましたが、2回ともはずれでした(´・ω・`)





コメダの近くの富雄丸山古墳へ。
正面ちょい左ぐらいののこんもりしている高まりが富雄丸山古墳です。

説明は↓を見てね♪
測量し直したら日本最大の円墳になったそうです(・∀・)
5メートル抜かされた埼玉の丸墓山古墳も測量し直してみては?



柵に設けられた入口に鍵がかかっていましたが、もしかしたら平日は発掘調査をしているのかも?という風景でした。

ネットで検索してみたら、2週間前にニュース記事が出ていました。

こちらは2号墳。
横穴式石室だろうか?
こっちも調査しているのかな?
柵があって、これ以上近づけませんでした。



富雄川にでっかい黒いコイがたくさんいました。
何を食べたらあんなに巨大に育つんだろう?

しかも、みんな賢くて、↑こんな感じでのんびりとひなたぼっこをしているんですが、橋の上から人間が覗いているのがわかると、さっと陰とかグロックの間の黒いところに入るんですよ。
自分がどこにいれば目立たないか、よくわかっているみたいです。