Google
WWWを検索 ひねもすを検索

昨日のいろいろ2017年06月06日 09時18分49秒

紫陽花が咲きかけているのに気付きました。

この紫陽花は去年ブログに出した「左右で色の違う紫陽花」です。

咲くのが楽しみです♪
今年は摘み取られませんように。




職場で、ちょっと用があってよその部屋を覗いたら、チョコをもらいました(^o^)
済州島のサボテンチョコみたいです。
外はふつうの板チョコでしたがかじったら中に薄紫のペースト(?、ちょっとやわらかめのチョコかな?)が入っていました。紫のつぶつぶ入り。
ネットで調べたら済州島に自生しているサボテンのチョコとか?

初めての味でした。まずくはなかったです。
目の前にたくさんあったらまだ食べたと思います(^^;)

誰か行ったのか?
あるいは韓国からのお客様のおみやげか?
わからんけど・・・・ゴチでした!(´▽`)




昨日のおやつ。
キリクリームチーズのアイス、ブルーベリーソース入り。

でも、昨日はちょっと寒かったですね。
あんまりアイス日和じゃありませんでした。
それでも食う(笑)

とかいって、そんなに毎日食べているわけじゃないです。
週に1つか2つか?
食べたら大概ここに出しているので。
そんなに食べていないですよね?
春海なんて一日一本を課しているかのごとく食べますからね(+_+)












めずらしく考古ネタ(笑)
始まりました、「発掘された日本列島展」。

全国何箇所かで巡回です。
まずは江戸東京博物館から。

先月末、江戸東京博物館に行ったときに、パネルで開催予告が出ていました。
見たかったんだけど、一週間早かった(^^;)
図録でガマン。

「ガマン」とか傲慢が過ぎますね。
いただきものです。ありがたく読ませていただきます<(_ _)>

しかし、写真で見るよりやはり現物の放つオーラを感じるのが一番。
わたしは行けるところはないですが、近所で行けるって方はぜひ行って、地中から掘り出された現物を見てみてください♪

千数百年前に生きていた人が残した痕跡をじかに見ると感動します。
触れるともっと感動します。
初めて古墳を発掘したとき、自分が掘り出した埴輪の破片の裏側に指の圧痕がありました。埴輪工人の指のあとです。そこに自分の指先を重ね合わせてみたときの感動は、考古学をやめたいまでも忘れられません。

くつした2017年05月14日 20時03分54秒

今日は上司の講演会を聞きに行ってきました。

ここだけの話、上司の前の人がしゃべっているとき寝落ちそうになっていましたが(事務的な話だった)、上司が登場したとたん、シャキーン!と目が覚めました。
条件反射でしょうかね。


講演会は午後だったんですが、上司がいつもお菓子を食べている時間帯だったので、お菓子を食べなくて大丈夫かな?と心配しながら聞きました(笑)











話が前後しますが、今朝、春海が部活に出ていくとき、ママが寝ているところに、

「あげる」

と言って袋を放り込んで来ました。


「なんや?」

と聞いているのに返事もせずに出て行ってしまいました。


袋の中身を出してみると・・・・



値札が付いたままの2足組ソックスだった!!(爆)


ママはうれしいよー!( ;∀;)

気持がうれしいよー!( ;∀;)







ママが出かけている間、BSフジで兵庫県南あわじ市で出土した松帆銅鐸の特集番組をやっていました。録画していました。

帰って来て春海と一緒に見たのですが、「松帆」と聞いて春海がすぐ、

「松帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ」

と言ったので仰天( ゚Д゚)

だって、ふだんのアホぶりはすごいんですよ。
お好み焼きをネギ抜きで作ったときに、「今日は家にネギがない」って話をしたら、
「スペースネギはないん?」
とか言うんですよ。
スペース? 
さらば~地球よ~旅立~つネギは~♪


こんな具合なのに、松帆の浦の・・・・は出てくるんですよ!
そりゃあビックリします。

まあ、残念ながら、銅鐸が出土した松帆は同じ淡路島でも南あわじ市、百人一首の「松帆の浦」は淡路島北端らしいですが。


7年前、唐古・鍵遺跡の資料館で銅鐸を外から叩いて音を出そうとする春海(笑)
銅鐸

今回特集されていた松帆銅鐸は2こ1で入れ子になっていました。

春海「マトリョーシカか」

だーかーらー(笑)
「スペース」の意味が覚えられないのに、ロシア語は覚えとるんか(笑)


で。
入れ子になっていただけではなく、中に「舌(ぜつ)」が残っていたんです。しかも吊るしていた紐付き!

銅鐸をゆすったら、本体と舌がぶつかって音が出ます。

春海みたいに外から手でゴンゴン叩くものではなかろうて(^^;)






そのあと、鉄腕ダッシュを見ていたら、山口くんが捕まえた大きな魚を、

「スズキや」

って言い当てたんですよ!

これまたビックリ!

だって魚食べないし、釣りもいままで一度しかやったことないですよ。

なんでや!?
と思ったら・・・・。


「どうぶつの森」(DSのゲーム)でよく釣っていたそうです(;´Д`)


春海はアホなのか、アホじゃないのか。永遠の謎です。

クリアファイルコレクション 考古篇2017年03月20日 10時40分34秒

ミュージアムショップとか行くと。クリアファイルを買ってしまいます。

以下、ほとんどもらいものですが、ご紹介。






これは5枚セットでした。
百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に、というキャンペーングッズですね。



これも、百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に、のキャンペーングッズ。


これも。




この2枚は天理市黒塚古墳の展示館でもらいました。いや、買ったんだったか?

裏。




これは滋賀県の雪野山古墳のクリアファイル。

裏。



大垣の昼飯大塚古墳。
「ひるめし」ではありません(^^;)
前に、古墳形のおかしをもらった、あれのモデルです。



広島の甲立古墳。

裏。

かなり山奥にあるという情報だけいただきました。
行ったことはありません。



鹿児島、唐仁大塚古墳。

裏。

これ、もらったんですが、くれた人は、
「これはかなりのレアもの」
と言われていました。



おまけ。
佐倉の国立歴史民俗博物館のファイル。




他にもジャンルとしては、海軍もの、幕末もの、キャラクターものなどあります。

旧石器発掘捏造のすべて2017年03月09日 08時07分51秒

おうち仕事がどさっと来て、めずらしく忙しくしているのですが。


こんな本を借りてしまいました。



ずいぶん昔の本です。2002年の出版。

「すべて」と書いてあるんですが、後日談があるんで、ここに書いてあることが「すべて」ではないですよね。



ふだんは考古学の本を読むことはほとんどありません。これも考古学の本というより、世間を騒がせた事件の裏話って感じでしょうか。



後日談というか、この何年か後に、ある考古学者の人が出版したコレ関連の本を本屋で立ち読みしたことがありました。

事件の主役F氏に会いに行ったら、自分で指を叩っ切っていた――みたいなことが書かれてあり、それも衝撃的だったのですが、

この人がこれを書くんだ・・・・。

ってことに衝撃を受けた記憶があります。






おうち仕事で余裕がないんですが、電車の中で読もうと思って借りてきました。

まあ、これはあの一件をスクープした毎日新聞が書いたものなのでね。
考古学(旧石器)の人たちにはまた違った言い分があるかもしれませんが、とりあえず、読んでみようかと。

クローゼットの発掘調査2017年02月24日 23時08分21秒

いま、部屋の片づけをしています。

クローゼットの中も。

いろんな古いものが入っています。

考古学関係のモノは、20年ぐらい前にやめたとき、処分しました。
報告書も論文集も図録も。

でも、少-しだけ残っています。
「謹呈 〇〇様」と書かれた抜き刷りとか。



授業のレジュメもありました。


あと、これ↓貴重(笑)

大学の3回生のときに提出したレポート。
当時は原稿用紙に手書きです。
いまの学生さんはデータかな?
まあ、活字OKでしょう。


先生、こんなんでもちゃんと読んで問題点などを書き込んでくれています。





内容を読んでみると、まだふつうの文章が書けていたようです。
いまはもうよう書きません(^^;)



が、一度、提出したレポート(これではない)に、ダーーーーーーッと赤線を引かれて「悪文」と書きこまれたことがありました。一文をたくさんの読点でつないで、ダラダラ長く書いていたんですよね。簡潔に書くように、ってことで「悪文」って書かれた記憶が・・・・(汗)



このレポートだけ、なぜか残っていました。

ちなみに卒論の下書きは残っていません。
200字詰め原稿用紙50枚だったか。手書きです。
下書きがあったはずなんですよね。ワープロで打ったやつ。
それを提出の2、3日前からせっせと手書きで原稿用紙に書き写しました。
でも、ワープロ打ち出しの卒論、見当たらない。捨てたんかな。
もう、何を書いたかも覚えていません。
卒論を捨てたとか、覚えていないとか、結局、考古学を学んでいたあの2年、自分の中に何も残していないんじゃないかと思うことがあります。





こういうのを見つけてしまって、全然片付けが進まない(>_<)