Google
WWWを検索 ひねもすを検索

史跡 唐古・鍵遺跡2018年06月02日 09時42分49秒

田原本町、下を向いて歩いてもおもしろいです。



夢中になりすぎて、事故を起こさないよう、気をつけて探しましょう。



唐古・鍵ミュージアムから、唐古・鍵遺跡に移動しました。
どれぐらいでしょうか、1.5キロぐらい北に行ったところです。

途中、道路にこんな表示も。
この数字がだんだん減って行くのを見ながら歩いていく楽しみもあったのかな?
ここで右折をためらい(地元民の路地みたいな道に見え、行き止まりなんじゃないかと疑った)、わたしが見た表示はこれが最後でした。曲らず真直ぐ突き進み、このあと1キロ余、国道24号線沿いをダラダラ歩いていきました。24号線を北上したら迷わずに遺跡に行けることはわかっていました。

おお! 到着!
弥生環濠ファンの聖地(わたし認定)、唐古・鍵遺跡!

ミュージアムより、こっちのリニューアル感の方がすごかったです。

以前はここ、池の横に望楼が立っていただけで、あとは駐車場ぐらいしかなかったんですよ。


ちなみに2011年↓

いま↓
すっごい整備され、公園化されていました。




唐古・鍵遺跡が国史跡に指定されたのが1999年、文部省が文部科学省になったのが2001年ということで、この碑は文部省の名前が入っています。

復元環濠。

遺構の屋内展示室もありました。

プランターケースも弥生風(笑)




しかし、わたしは史跡公園は素通り(笑)
道路を挟んで斜め向かいに出来ていた道の駅・レスティ唐古・鍵。

最近できたんです。

行かねば!

と思っていました。

1階の店舗(おみやげ、地元野菜など)は素通り。

目的地は2階のカフェ!

「唐古の道の駅だぜ。きっと弥生ソフトや環濠ソフトがあるに違いない!」

ありませんでした・・・・( ;∀;)



しかたがないので、アスカルビーのミックスソフトで勘弁してやりました!ヽ(^。^)ノ
形が悪くてちょっとがっかりだったんですが、実はずっしり重くて(けっこう量はあった)、苺の味が濃くって、おいしかったです!

3階が展望台になっているというので、ちょっと上ってみました。

西側。
唐古のあたりからみる二上山って、ホント美しいです。
弥生人も見ていたに違いない。

二上山の姿にうっとり感動したあとで、東側の唐古・鍵遺跡側に移動。


「なんすか、これはっ!?Σ(|||▽||| )」
目の前電線だらけ。
しかも望楼のあたりにはご丁寧に電線に黄色いカバー付きで目隠し!Σ(|||▽||| )

上の方に、交差点から撮った道の駅の建物の写真を出しているでしょう?
遺跡側から見ても、たしかに「展望台」部分に電線がかかっています(笑)

この道の駅に、望楼の機能はないものと認定いたしました(;´Д`)



そういえば、以前、唐古・鍵ミュージアムにあった復元銅鐸。

2010年↓ そとからゴンゴン叩く春海。
銅鐸

今回、ミュージアムになかったので、どうしたのかと思っていたら・・・・
道の駅に移動していました。

これって、言っちゃなんだけど、桜ケ丘銅鐸だよね(^^;)




せっかく来たので、また公園に戻り、ちょっと見学してきました。
屋内遺構展示室。

柱穴に柱が残っています。
唐古は木製品、いい状態で残っていますよね。






これ↓2011年。

比べると、望楼もリニューアルしているようですね。

2011年の春海@唐古・鍵遺跡。右側に池と望楼があります。
唐古鍵
このころはまだかわいくて、細かったです。

春海もリニューアルしちゃって、いまじゃ・・・・。
制服のスカート、閉まらんとか!(爆)





帰る前にもう一度道の駅に寄って買い物をして、田原本駅には戻らず近鉄石見駅に。

昨日は、近鉄田原本駅→アルコカフェ→唐古・鍵ミュージアム→史跡唐古・鍵遺跡(通り抜け)→道の駅(ソフトクリーム)→史跡唐古・鍵遺跡(見学)→道の駅(買い物)→近鉄石見駅。こんな感じで。


道の駅での買い物は、
プリン。

あと、奈良交通の持ち帰り冷凍餃子。極みって書いてありました。

さっそく昨日の晩ごはんに。

肉がしっかり詰まっていて、にんにくも効いていておいしかったです。
皮も、焼いた部分はパリパリ、蒸した部分はもちもち。好きなタイプの餃子でした。
これと似たの、どっかで食べた記憶があるんですが、どうしても思い出せません。

プリンはまだ食べていませーん、今日のおやつかな(´▽`)

唐古・鍵ミュージアム リニューアルオープン2018年06月01日 21時42分25秒

最近、考古ネタがポツポツありますが、別に考古学の勉強を再び始めたとか、そういうわけではありません。

この前、東京国立博物館で平成30年 国宝・重要文化財新指定展をやっていました。
またタダ券をもらったんですよ(^^;)
関西住だっちゅーの(笑)

すごく見たいのがあったんですが、結局4月5月は上京する機会がありませんでした。
すごく見たかったのは、唐古・鍵遺跡の出土品です。
地元で見ろっちゅーの(笑)

祝・重要文化財指定!ヽ(^。^)ノ




そのうち田原本に見に行くかーと思っていたところ、某所で『唐古・鍵遺跡ミュージアム リニューアルオープン  企画展 唐古・鍵遺跡の重要文化財~新指定品の紹介~』というポスターを目にしました。

「これは行かねば!(・∀・)」

で、リニューアルオープンが今日だったので、今日行ってきました。

駅から歩いて20分ほどでしょうか。

リニューアルオープン日、重要文化財新指定展の初日、きっと田原本町民はおろか奈良県民、さらには全国の弥生時代ファン、環濠マニアがこぞって押しかけ立錐の余地もない状態に違いない!

と覚悟していきましたが、いつものように快適に見学できました。




ガラガラではなかったです。
この手の展示にしてはヒトが多かったです。
ヒトを入れないよう写真を撮るのに苦労するぐらいの感じ。











環濠集落。
日本史で習いましたね。それにしてもすごい、網の目状。

なんか通勤電車の中で見たことがあるような弥生人。

写り込んでいるBBAが気になって勾玉に集中できん!
という苦情は受け付けます<(_ _)>
わたしもです(-_-;)

銅鐸鋳型。

これすごいです。木鞘と石剣。


わたしが東京にまで見に行きたいと思っていたのは↓これです。
褐鉄鉱の容器。

中に勾玉が入っていたんですって!

この翡翠勾玉。

下からライトを当てて、ことさら神秘的に演出してあります。
弥生人にとってはこんな演出をしなくても十分神秘的な色だったんでしょうね。
大事に取り扱われていたことがわかります。



このおじさんたちはリニューアル前にもいたような気がする・・・・。
両側のおっきな壺は回転していました。
肩部に絵画あり。

これ、ヒト形土製品らしいです。
かわいい♪
ストラップとして商品化されたら買うヽ(^。^)ノ






隣の部屋で埴輪展もやっていました。
なんてタイムリー(笑)

馬さんの性別を研究してきました。

性別不明。

この2体は轡、鞍、鐙、障泥などの馬具を詳細に表現しているにもかかわらず、馬さんの性別は表現していませんでした。
つまり、この馬形埴輪にとって、性別はどうでもいい。
あるいは女の子である。
どっちだ?




というわけで、大きく脇道に逸れ(笑)、唐古・鍵ミュージアムをあとにしたのであった・・・・。

ボク、男の子2018年05月31日 09時11分28秒

スゲーかわいい馬の埴輪を見つけました。


といっても、もうずいぶん前に発掘されている馬さんです。


福岡県田川市にある猫迫1号墳という古墳から出土した馬さんです。


顔がすっごいかわいいんです♪

キャラ化されてぬいぐるみが商品化されたら絶対買う!ヽ(^。^)ノ


でも、この馬さんのすごいところは顏ではありません!!


この子、男の子なんですよ!



性別がわかるってことは・・・・

なんと!!
股間に!!

いちおう自主規制、モザイクかけました(笑)

”原物”が気になる方はこちらどうぞ。
このサイトの画像↑では覗きこまないとわからないかもしれない(覗きこめんけど)。
わたしが見たのは亀田修一先生の論文に掲載されていた真横からの写真で、めっちゃわかりました(笑)


発掘された土器や埴輪って、バラバラで出てくることが多いです。で、全部揃わない。・・・・どころか、ほんの一部しかない、ということも多いです。
そういうときは発掘担当の先生がその一部の破片から元の形を推測し、整理作業室のベテランのおばちゃんが、ない部分を石膏を補いながら復元していきます。

この馬さんの股間は、おばちゃんが復元したものではありません!
ほぼ完形に復元できる状態で出土したんだとか。


馬形埴輪で性別がわかるのは日本でこの子だけらしいです。


馬の埴輪の股間にもうひと手間かけて性別を表現するって、何の意味があるんだろうな?
この馬の場合、オスじゃないといけない理由があったんだろうか?
同じ場所から甲冑を着た武人(性別不明)の埴輪が出土しています。そのことと関係があるんだろうか?
いや、馬さんと同様の表現がないから性別不明って書いていますが、たぶんこの武人は男ですよ。
自分で調べていないですが、甲冑が副葬されている古墳の被葬者は男だってどこかで読みました(しれっと)。

もしかしたら埴輪工人は、
「粘土が余った。もったいないからここにくっつけてしまえ」
と棒状にしてそこにポコッとつけただけかもしれませんが、わたしはこの子が男の子である理由が気になってしかたありません。
誰か教えて!

清家章『埋葬からみた古墳時代 女性・親族・王権』吉川弘文館2018年04月20日 13時18分12秒

たまーーーーーーーに、まじめな考古学ネタが登場します、このブログ(笑)



新刊紹介です。

清家章先生の『埋葬からみた古墳時代 女性・親族・王権』。



表紙を見てギョッ!w( ̄△ ̄;)wとなりました。
古墳出土の女性首長人骨です。


裏表紙には、
『数多くの古墳群の発掘成果(埋葬施設・副葬品・人骨の性別)から埋葬のルール(埋葬原理)を抽出。古墳時代の親族・女性首長たちの活躍や王位継承のあり方を分析する。「王権交替論」についても一石を投じる注目の書』
と紹介してあります。

こんなん書くと、
「ママさんって、学生時代の読書感想文は本を読まずに解説だけ読んで、それを抜粋して提出したクチだよねえ(´・ω・`)」
って思われることでしょう。
それは当たっていますが、この本はちゃんと読みました!

昔から読書感想文って苦手なんです。
読んで、いろいろ思ったことはあるんですよ。
「へえー、これはおもしろい」
とか、
「ええ? そうなん? 知らなかった!」
とか。

研究は日々進歩していて、わたしが学生時代にイメージしていた”古墳被葬者”のイメージがずいぶんかわっているんだな、と思いました。

同じ古墳に男女が葬られていたら、昔なら「夫婦」をイメージしたのでしょうが、この本によると、「きょうだい」「親子」が多いそうです。
血がつながっていない人は同じ墓に入れない。
たとえば奥さん。亡くなったら実家に帰して実家の墓に入ったんじゃないか、と。
同じ墓に入っている人の血縁関係や性別を調べたり、文献を調べたりして検証しています。
そんないっけん細かい話から、王権の話まで。


だいたい清家先生の本は、おもしろくてすらすら読めます。
わたし的には感想文では「おもしろい」は禁句で、どうおもしろいのかを「おもしろい」を使わずにヒトに説明しないといけないと思うんですよね。
おやつを食べて「おいしい」を使わずにおいしさを伝えなければいけない、というのと一緒です。
あ、これはあくまで心がけの問題で、実際このブログは「おいしい」とか「おもしろい」しか使っていません(泣)

結局、「自分で食べてみてね」「自分で読んでみてね」みたいな無責任なことになってしまっています。


考古学の専門知識が無くても読めると思いますので、興味のある方は読んでみてください。

今日のおみやげ2018年03月30日 19時40分45秒

最近、バームクーヘンばっかり食べているような気が・・・・(^^;)


東京のおみやげ。ねんりん家。
ふわふわ系。



何日か前も松本で買ってきたバームクーヘンを食べたばかり(笑)

てまりやというお店のバームクーヘンです。
どっちかというとハード系。

てまりやのバームクーヘンはもう一つ冷蔵庫に入っています。違うタイプのホールが。

ねんりん家ももう一つあるんですよ。あははは(´▽`)
賞味期限を見て、早い方から食べています。うまうま♪



食べすぎやろ!(゚∀゚)






ところで。
こんなんもらいました!!
左は歴博のミュージアムショップに売っているはにわぬいぐるみです。

これのちっちゃいの、初めて歴博に行ったときに購入し、職場の机の横に飾っています。

この大きいサイズのはにわぬいぐるみは新発売だそうです。

で、うちに来たこの子が、売れた第一号だそうです(爆)