Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 その他2020年06月30日 15時14分47秒

「その他」と書くことに非常に違和感をおぼえているのですが、他によい名称が思い浮かばないのでとりあえずこれにしておきます。

乙9期戦没者
乙9期生存者
それ以外の人、ということです。


13年6月1日、9期生として横須賀海軍航空隊に入隊したものの、途中で予科練を辞めてしまい、「九期生名簿」にお名前がない人たちが何人かいます。

その中でも、
・『予科練外史』(倉町秋次)の9期入隊者名簿や生存者の手記中にお名前がある人
・そこにすらお名前がない人
にわかれます。

今回は、『予科練外史』・生存者手記にお名前がある人はお名前を出してしまおうと思っています。


あと、9期関係者として、
・予科練中に8期から合流した人
・飛練中に8期・あるいは他クラスから合流した人
も紹介しようかなと。
敬称略

【9期入隊者】
ST     14年志願兵免
柳川健   予科練途中で辞めている?
幸富    予科練途中で辞めている?
下浦忠義  16年疾免
岸田良親  15年疾免


個人の紹介もしたいと考えていますが、ここで軽く触れると、
STさんは入隊時班写真に写っていて氏名入りの軍帽を持っています。Kさんからの情報提供で下のお名前も、予科練を辞めた経緯もわかりました。

柳川さんは偵察班の集合写真に写っていますが、卒業時にはいらっしゃらなかったのでは?
いつ、どのような理由で辞めたのかわかりません。

幸富さんは生存者の手記にお名前が出てきた人で、以前から姓だけわかっていた人ですが、熊本出身乙7~9期生の集合写真に「幸富」という書き込みがあり、その時お顔と出身県がわかりました。
最近になってKさんが下のお名前も発見してくれ姓名がわかりました。が、ここでは姓だけにしておきます。

下浦さんは16年(9期生だと飛練の時期)に海軍を辞められたようですが、もっと早い時期から9期の集合写真に写っていないので、離脱したのはもっと前だと思っています。飛練に進んだ形跡もありません。

岸田さんは操縦班の集合写真に写っています。




【9期関係者】
三浦駿一(8期)  予科練中に合流、操縦
持田竹雄(8期)  予科練中に合流、偵察
岡宮祐(8期)  予科練中に合流、操縦
小薬武(8期)  飛練鈴鹿から合流、偵察
古寺慶三(8期)  飛練鈴鹿から合流、偵察
本村静夫(8期)  飛練筑波から合流、操縦
下士官       飛練大分から合流?、操縦
篠田義雄(甲3期)  大型機講習木更津から合流、偵察
斎藤武(偵52)   大型機講習木更津から合流、偵察
           大型機講習木更津から合流?、偵察


お顔しかわからない人もいるんですが(^^;)
お顔だけでも紹介しようと思います。

乙9期 森健次さん2020年06月30日 15時02分46秒

佐賀県出身、偵察、水上機。

入隊時氏名入り班写真、2班。



辻堂演習宿舎。




霞ヶ浦航空隊移転後初の桜。
外出、楽しそうな森さん(赤矢印)。




霞空の2班。




操偵検査37分隊集合写真より。


操偵検査、藤原国雄さんが所有していた少人数写真の森さん。
前列真ん中。


霞空、2空の森さん。
萩谷幾久男さんの遺品のアルバムに貼られていました。1学年時同班。
仲良しだったのか、萩谷さんの「おもいで」も寄せられています。
「宇都木教班長「オイ、オギヤ」「チガイマス、ハギヤです」ぎょろ目で見返していたっけ。「ウンダ、ウンダ」俺とは同班でいつも一緒に怒鳴られていたなー」




艦務実習山城での集合写真。
この写真、日当たりの具合かみなさんお顔がコワいです。



土浦海軍航空隊、予科練卒業間際。



飛練鈴鹿

春日大社南門。


運動会集合写真。

飛練博多
修業記念集合写真より。


実施部隊

17年7月、ジャワ・スラバヤの山陽丸。
同僚、谷川澄男さん(丙2)の遺品です。以下同じ。



17年12月ショートランド、山陽丸。



17年12月ショートランド、山陽丸。



以前、島田清守さんの遺品の中にあった植木愛雄さんからの書簡にこんな一文がありました。
16年11月16日の日付けが入っています。飛練を卒業し、実施部隊に配属になってすぐ、ぐらいの時期です。ちなみに植木さんは神川丸です。


『■■(不明)に十一月一日で向った期長、森、岸本等の船が二番艦で何時も一緒と言った様な有様だ』

■部分は、上は木へんの漢字、下は「湾」かも?
橘湾?と書こうとした?

「期長」は乙8期からいつの間にか鈴鹿の飛練10期生と合流していた古寺慶三さん。
17年11月3日  山陽丸  ソロモン諸島


岸本正好さん
19年6月19日  鳥海  マリアナ沖海戦


植木さんが「二番艦」と書いているのは山陽丸のことです。
残念ながら上の写真には岸本さんは写っていませんが、17年7月スラバヤでの写真には古寺さんも写っています。









森さんの海軍時代の写真はここまでです。
年明けにケガか病気かで戦線離脱されたのでは?

その後、博多空、小松島空、452空、801空偵察302。


終戦時飛曹長。




戦後は9期会の会合の写真にたくさん写っています。
すぐに森さんだとわかります。
あまり変わられていない印象。



※画像は9期生ご家族、ご遺族、谷川さんご家族ご提供

乙9期 田中茂雄さん2020年06月28日 10時53分24秒

千葉県出身、操縦、艦爆。



入隊時氏名入り班写真、7班。


操偵検査。



3学年時の班解散会と思われます。
田中さんは真ん中ですね。中腰になっていて、松本勝正さんに寄りかかられています。


予科練卒業間際の操縦専修生集合写真。





飛練谷田部。
飛行服の集合写真から。



池田さんのアルバムに貼られていました、担当教員(イス)を囲んでのペア写真でしょうか。
前列左から西山昇さん、教員、新井正美さん。
後列左から池田和義さん、田中さん、鹿島長重郎さん。


谷田部の修業記念集合写真より。


予科練卒業アルバムの寄せ書き


飛練大分(攻撃機)。



飛練木更津(中攻)。
卒業。

その後、佐伯航空隊に移り艦爆操縦への転科教育。


池田さんのアルバムにあった写真です。
刻印があり、大分佐伯の宇和写真館。

以前この写真を「35空の9期生」として紹介したことがあるのですが、田中さん、和田邦介さん、村田耕一さんは35空なのですが、後ろで立っている池田さんが33空でした。
佐伯で転科教育中か、あるいは実施部隊に配属が決まり戦地に行く直前に記念に撮った一枚か。


これも池田さんお持ちだった写真です。
同じく佐伯の宇和写真館。



池田さんの遺品のアルバムには戦後の田中さんの写真も貼ってありました。
戦後、池田さんの実家に田中さんがお弔いに訪問されたこともあったそうで、そういう関係で戦後の写真も貼られていたのでしょう。


田中さんは最初の実施部隊は35空(行動調書にお名前あり)なのですが、その後のことがよくわかりません。
956空という情報もあるんですが、日付が「ん?」で、わたしはわかりません。

17年5月に35空の行動調書にお名前が出てきてからあと、行動調書にお名前を見つけることができません。
が、阿部芳包さんに寄せた「おもいで」に「病み上がりの俺が赴任した百里ヶ原で常に兄貴だった」と書かれているので、阿部さんが百里原で教員をしていた18年12月~19年6月ごろのどこかの時点で田中さんも百里原にいたことは確かなようです。


戦後は中心になって九期会を運営されていたようで、残っている会報は田中さんの手書きです。
戦後の九期会の写真にはほぼ写っています。あまり変わられていないです。
田中さんが亡くなったときに奥様から生存九期生に送られたお手紙もありまして。
御夫妻で九期生の慰霊に尽力されていた様子がうかがえます。


※画像は9期生ご遺族、ご家族ご提供

乙9期 白木令一さん2020年06月25日 13時53分32秒

白木さん、わからないんですよー。


岐阜県出身、操縦。


入隊時氏名入り班写真、13班。




操偵検査集合写真より。




3学年時の班。

松本さんと同じ班です。
同班で親しくしていたのか、松本勝正さんの遺品の中に白木さんが写った写真が他にもありました。




松本さん所有の白木さん写真。
霞ヶ浦海軍航空隊。1空。




これも松本さん所有。土浦海軍航空隊。予科練卒業間際。
後列左端から白木さん、前川重美さん、本城秋生さん、松本さん、遠藤桝秋さん。
前列左から植木愛雄さん、谷口十七夫さん、小船井写真館のお嬢さん、宅間広正さん、清水巧さん。
よく見るとみな写りがよくなかったのか、あとから修正されているようです(眉とアイライン)。
松本さんがしたのか、小船井さんがしたのかは分かりません。




メンバーや軍帽のペンネントから、これも上の写真と同じ時に小船井写真館で撮られたのではないかと思っています。


飛練谷田部
呉海兵団のペンネントをつけているので谷田部の修業記念集合写真だと思います。

この写真に写っていることから、飛練・中練教程を終えて実用機教程に進んだはずなのですが、この写真以降の足取りがまったくつかめていません。



実用機の操縦専修生は、大分の戦闘機修業記念集合写真、大分の攻撃機修業記念集合写真、大村の攻撃機長崎行軍集合写真、宇佐の艦攻・艦爆専修生の手書き名簿(成績順入なので修業者名簿)が手元にありますが、どれにも写っていないしお名前もありません。
なので、実用機飛練に進んで卒業するまでの間(16年6月~10月)に病気かケガなどで離脱したのではないかと想像しています。

その後、実施部隊の行動調書でも一度もお名前を見たことがないので、飛練を卒業しないまま海軍をおやめになったのかしら?と想像していますが、真相はわかりません。




予科練卒業時の寄せ書き。


昭和40年に編まれた『九期生名簿』にはその時点の住所と職業が記載されているので、戦後もお元気にされていて、同期生とのお付き合いはあったようです。

戦後の九期会の写真に、
「これ、どちらさん? 9期生?(^^;)」
って方が写っているんですが、今回、つらつら見ていて、どうやらそれが白木さんであることに気づきました。
お顔じゃなくて、額の髪の生え際でわかりました。



※画像は9期生ご遺族、ご家族ご提供

乙9期 杉本栄さん2020年06月21日 12時02分31秒

静岡出身、操縦、中攻。

杉本さんは予科練入隊前の集合写真に写っていました。


入隊時の氏名入り班写真。



入隊直後の9期静岡出身者集合写真もありました。
この時期の写真って、ホントに”そこらへんの少年”感がバリバリです。
ただ座っているだけ、立っているだけでこんなにも違うなんてね(笑)
↓入隊後の写真と見比べてもらったらわかります。





7期生卒業に際して。
静岡県出身乙飛生(7~9期)集合写真。横須賀。




何かの佳日でしょうか、静岡県出身乙飛生(8~10期)集合写真。横須賀。




この集合写真は池田和義さんのアルバムにあったものですが「服部教員を送る」という添え書きがありました。
服部教員の転出日はわかっています。
島田清守さんの日記「14年5月20日」に、
十二教班長海軍二等整備兵曹、服部陸平、整備練習部教員となり正午に転勤した。
という記述がありました。
たぶん12班員ともお別れの記念集合写真を撮っていると思いますが、それ以外にも出身県の練習生とも集合写真を撮ったんですね。




同じ霞ヶ浦の第三兵舎前で、こちらは4班員。






これは操偵別れてからの操縦の2学年班員で。




静岡県出身者集合写真。
9期生と10期生が1空の階級章をつけていることから撮影期間は15年10月限定。あまり精度がよくなくちゃんと照合していませんが9~13期までいるのかな?


同じころか、予科練卒業直前ぐらいの操縦専修生の集合写真から。



これ、時期はちょっとわかりませんが階級章が1空なので15年後半。
静岡県出身者は仲が良かったのかな、左から池田さん、伊藤誠一さん(前)、大石芳男さん、杉本さん、志村実さん。




卒業式当日と思います。
3学年操縦班、雄飛の松をバックに。




同じ時、同じ場所で、静岡県出身操縦専修生で。
左から大石さん、亀山一郎さん、木下光三さん、杉本さん、池田さん。
雄飛の松の前で撮ったこの手の写真、全県分あるのか、それとも静岡出身者だけ「撮ろう、撮ろう」と寄って撮ったのか。
同県出身者で撮っているのはこれしか見たことがありません。



中練の飛練は筑波。

実用機飛練は大分。








池田さんのアルバムに時期場所不明のスナップ写真がありました。

メンツは左から木下さん、杉本さん、亀山さんの静岡トリオ。
写っている円柱は神社の鳥居っぽいですね。
この3人は予科練、飛練・筑波まで一緒なのです。
亀山さんは実用機の飛練が宇佐で、木下・杉本両人とは離れてしまうので、それ以前の可能性が大かな。
ただ、木下・杉本両人も実用機飛練は大分なので、会おうと思えば会えない場所ではないかな。

しっかし、静岡、仲良しですなー(*´▽`*)






そして木更津で大型機の仕上げ。
飛練終業時の集合写真より。


この写真は池田さんのアルバムに貼ってあった写真です。
何も添え書きはありませんでしたが、木更津飛練時代、任官記念かな、と思っています。









木更津で飛練を終えた後は、鹿屋空、木更津空、705空、381空。

20年5月飛曹長進級、終戦時無事。



戦後改姓。
40年に『九期生名簿』が編まれたときにはすでに亡くなられていました。

49年4月1日付の九期会の会報(田中茂雄さんが手書きで発行されていた)に杉本さんのご家族のことが触れられていました。
ご本人が亡くなられた後も九期会とお付き合いがあったみたいです。




「おもいで」
小柄な中に秘めたファイト、生きて帰りながら一度も会う機会を得ないまま幽明境を異にするとは。戦後の社会がうらめしい。せめて武勇談でも聞いておきたかったのに。

高島巌さんへの「おもいで」
大阪人らしい風格といおうかそのナマリがまた格別だったね、鈴鹿時代、奥様が来られて君の安否をことさら気遣っていたが、散華しようとは。横空時代の四班には君、大石、島田、北村、杉本など優秀なメンバーが揃っていたね。


※画像は9期生ご遺族、ご家族ご提供