Google
WWWを検索 ひねもすを検索

松沢正二さんの最期 追記2017年08月15日 20時23分21秒

※2223に一部訂正追加しました


一昨日書いた松沢さんに関する投稿をご覧になられたとかで、Kさんがメールをくれました。


Kさんは、松沢さんの最期に関するより詳細な情報をお持ちでした。


当時、松沢さんと同隊だった板津辰雄さんの戦後の手記『大空の鷹』です。
そこに松沢さんたちが遭難したときの記述があるとご教示いただきました。


19年1月25日、松沢さんは木村武雄飛曹長(操練35期)操縦の彗星の偵察員として、板津さんたちと一緒に松山から三重に向かっていたようなのですが、悪天候のため途中ではぐれたようです(瀬戸内海東部あたりか?)。
手記の内容やKさんのご教示から、木村隊は3機小隊ではぐれてしまったようです。

板津さんの小隊(3機)は結局、紀伊半島を突っ切ることをあきらめて、迂回し(おそらく紀伊半島南端をまわった?)10時20分、無事に三重空に到着。残り2機も無事。

しばらくして、木村飛曹長たちが大阪の伊丹飛行場に降りているという連絡が入りました。

昼食後も天候が回復しそうになかったため、「明朝天候の回復を待って帰れ」という連絡をするために伊丹に連絡を取ったところ、すでに出発したあとでした。

出発したのは彗星2機。
1機が伊丹着陸時に脚を折ってしまったため、その機の管理のために偵察員が一人伊丹に残り、搭乗員5名が2機の彗星で三重を目指して出発したようです。
1機は木村飛曹長と松沢さん、もう1機に3人(樋口久義上飛曹、尾崎二郎上飛、甲把英行上飛)が乗っていたみたいです。


夜に入っても連絡なし。

事故以外にはないという判断で、和歌山県と奈良県の県警に連絡。

三日後に奈良県警から連絡があり、

「三日前の午後二時ごろ、裏山の山頂に落雷のような音を聞いた」

ということで、村の消防団、青年団に依頼して山中を探している、と。

翌日?の早朝から板津さんたちも上空から飛行機で捜索してみたものの、見つけられず帰隊。

その日、午後1時40分ごろに遭難機2機を発見。

『標高二〇〇〇メートルの山頂付近に二機ともに激突し、機体は大破、・・・・中略・・・・、あとわずか五〇メートルの高さを交わすことができなかったらしい』


翌日、積雪の山頂からの搬出は困難を極めながらも、遺体は収容され三重基地に。
格納庫に安置され、この遭難直前に別の事故で殉職した隊員と合同で海軍葬が執り行われたようです(後日の話か?)。

三重に駈けつけられたご遺族があったようで、

『遺族のどの親たちも、
「殉職ではなく、せめてあの子は戦場に送りたかった」
と涙声を震わせるのだ』




手記には「標高二〇〇〇メートル」と書かれていますが、遭難地の住所の附近で一番高いのは標高1248メートルの高見山だと思うんです。

松沢さんたちが激突したのは高見山なのか?
それとももっと下の、人が住んでいる集落に近い山なのか?
現時点ではそこまではつかんでいません。






わたしの読解力のなさのせいかもしれないのですが、日付ももひとつわかりません。

「三日後」に奈良県警から墜落場所を示す連絡が入っているのですが、25日から3日後だと28日だと思うのですが、三日後の「翌日」に板津さんたちが飛行機で捜索し、遭難機が発見されたと。それが29日かと思えば、はっきり「二十八日」と書いてあります。
なので、発見された日と収容された日がわたしには理解できていません。
発見・・・・28日、収容・・・・29日
なのか、
発見・・・・29日、収容・・・・30日
どちらかだと思うのですが・・・・。

※Kさんご教示によると、1月29日付の隊附の軍医の所見があるとかで、その日に収容されたのではないかとのこと。


遭難した日は1月25日です。


※画像は9期生ご遺族ご提供

最期の地2017年08月13日 20時45分10秒

戦没9期生の最期の地というのはほとんどわかっていません。

「●●島」、「☓☓方面」、「△△海上(海面)」・・・・こんな感じの人がほとんどです。




そんな中でお一人、亡くなった場所の住所が小字までわかっている人がいます。

松沢正二さん。艦爆の偵察員です。

ブログの戦没者名簿には、

19年1月25日   523空  空輸中紀伊半島上空で事故殉職

九期生名簿の方は、状況としては「大阪ヨリ三重に空輸中墜落」と書いてあります。




自分の調査能力では場所としては「紀伊半島」というところまでしかわからなかったのですが、Kさんが松沢さん殉職の地の小字までご存知でした。


九期生名簿に「大阪ヨリ三重に空輸中墜落」と書いてあったので、「紀伊半島」というのは奈良県内の可能性もあるんだろうなとは思っていました。




松沢さんの遭難場所は奈良県東吉野村でした。




任務としては松山基地から三重基地への転進。
途中、天候不良のため、大阪第二飛行場(伊丹)に不時着。
その後、再び三重基地に向かって大阪第二飛行場を離陸。
東吉野村で天候不良のため遭難。

遭難場所の住所も松沢さんの受傷状況もわかっていることから、遭難機・遭難したペア(操縦:木村武雄飛曹長)は海軍に収容されたのではないかと思います。




昨日、談山神社に行ったのですが、本来の目的地は別にありました。
松沢さん遭難の地です。
しかし、のんびりしすぎて時間切れになったので、今日は最初からそこに行くことを目的に家を出ました。

ここだけの話、Kさんから松沢さん遭難の地を聞くまでは奈良に「東吉野村」という村があることを知りませんでした。

「吉野」=「近鉄特急の終点」みたいな?(^^;)
桜が有名な吉野、あっちの方しか頭にありませんでした。

地図で調べたのも初めて。

なので、足を踏み入れるのは今日が初めてでした。
車で順調に走って、まあ、2時間はかからないかな?という場所でした。






ほとんど2車線ある快適な道を走って行けたのですが、最後の最後がちょっとつらかったです。




このまま進んで大丈夫か?

みたいなところに入ってしまい。





高見山。

この美しい頂を目の前にして、まっちゃんも見たかなあ・・・・と一瞬感慨に浸るも、当日の視界「四○~五○米」、高見山は見えていなかったか・・・・。


すれ違いできるのか?
と心配になるような細い曲がりくねった山道に誘導され(←ナビに)、コワくなって、Uターンして別道を探すことに。
Uターンもドキドキもんでした。三叉路までバックしてようやくUターン。

そのとき道路から撮った周辺の様子。



ルートをかえてウロウロしながら写真だけ撮ってきました。あまりにきれいだったので。



まっちゃんが遭難したのは1月の悪天候時。
今日は真夏の晴天。
場所はこのあたりかもしれませんが、空気も匂いも見えている景色もきっと違いますよね。
それでも行ってみたかったので。




じつはですね。
小字までわかっているといいながら、その小字がどこなのかがわからないという・・・・。
ネットで見れる地図では小字までわからなかったんです。
とにかく大字の場所まで行けばなんとかなるんじゃないかとナビを合わせて行ってみたのですが御覧の通り、道や住所を聞けそうな人の姿がまったくないという・・・・orz


人はいたんですよ。
ルートをかえてすれ違い可能な道幅のところまで出たら、川遊びをしている人たちがいました。
ただ、道路わきに止まっている車が他府県ナンバーだったので、川で遊んでいる人たちに聞いても松ちゃん遭難の地は知らないだろうと思って聞きませんでした。

今日は日曜ですよね。
平日だったら村役場(この場所からかなり遠い(^^;))に行って聞けばわかったんじゃないかという気もします。
あるいは村の歴史に詳しい古老(!?)を紹介してもらうとか、何か手段はあったような気もしますが、今日はとにかく、まっちゃんの最期の地の近くに行ってみたいという、それだけでよかったので、パパに行ってもらいました。


※松沢さん画像は9期生ご遺族ご提供

乙9期 立井義春さん2017年08月11日 16時00分19秒

香川県出身、偵察、中攻。
高雄空、753空、横須賀空、702空。




【氏名入り班写真】
11班


【県別写真】
香川県出身者集合写真



【横須賀班写真】
11班



【辻堂演習】
宿舎写真



【操偵適性検査】
班集合写真

飛行場で待機中



【個人写真】
霞ヶ浦海軍航空隊、一等航空兵





おもいで
「香川県といえば四宮・藤井・桑島・斎藤と皆一癖も二癖もある中に君は異色ある異色なき存在だった」

「入隊時は十二班だったね。温厚、黙々と耐え抜いた月月火水、だのに君は何処か軽妙な味を持っていた」
※立井さんは11班。





【飛練鈴鹿】
奈良行軍、春日大社


運動会



【大型機】
木更津


立井さんは鈴鹿のあとの実用機飛練が宇佐です。
飛練10期の実用機、偵察の中攻・艦上機の一部の人と、操縦の艦爆・艦攻の人たちが宇佐なのですが、宇佐時代の写真は一枚もありません。
いや、あるのでしょうけど、わたしは目にしたことがありません。見たい、見たい・・・・。
艦爆操縦(のち戦闘機転科、台南空)の中野釥さんが宇佐時代、カメラに凝っていて撮りまくっていたようなので、きっと同期生を撮っているはず、と思うのですが、残念ながら・・・・。





18年11月8日  702空  ソロモン




いわゆる第二次ブーゲンビル島沖航空戦で戦死されたわけですが、このとき702空からは7機の中攻が出撃し、2機が未帰還になっています。
自爆した1機は指揮官機で、立井さんが偵察員。
行方不明の1機には9期の牛王正明さんが電信員として搭乗していました。
牛王正明さん




無事に帰って来た5機の内、指揮官機の2番機の主操はあの小林銀太郎さんでした。
島田清守さんと文通をしていた「まむしの銀太」さんです。


海軍は本当に狭いです。



※画像は9期生ご遺族ご提供

偵察・飛練博多の修業記念写真2017年08月08日 10時45分49秒

何度かここに出している偵察・飛練10期博多の修業記念の集合写真。




この写真は、雄翔館に保管されているアルバムに貼られていました。
許可を得てスキャンさせていただいたのですが、アルバムに貼られ、さらに上を透明のフィルムで覆われているために、何度スキャンしてもうまく撮れませんでした。

デジカメで撮り直してみましたが、フィルムで明かりを反射してしまってやはりきれいに撮れませんでした。







去年11月に島田清守さんの遺品を見せてもらいに行ったとき、これと同じ写真がバラバラになってはいるものの、アルバムに貼られていない状態で保管されていることがわかりました。

が、1回目の訪問時は時間切れでスキャンできず。

今年3月の2回目の訪問時に、バラバラの状態のままスキャンさせてもらいデータを持ち帰ってきました。




こんな状態です。


アルバムの写真を透明フィルム越しにスキャンしたものと比べると、かなり精細です。


細部を見てもらったらこんな感じ。
上半分の左下のあたりに、左から島田清守さん、岡吉郎さん、宅間広正さん。


同じく上半分、右下のあたり、左から酒村健三さん、下釜又男さん、山田一作さん。



その場で仮接合してスキャンせずに、別々にスキャンして持ち帰って来たのは、ちょっと考えがあったからです。




この訪問時の直前に、周囲に「おうち仕事で使う」とか何とか説明してイラストレーターを購入しました。
実は「仕事」より、こっちで使いたいという下心(!?)があって、購入に踏み切ったのでした。

おうち仕事の依頼主さんが、
「イラストレーターの購入代金の一部を負担する」
と言ってくれたのですが、下心全開で購入したので、
「大丈夫です」
とお断りました。




イラストレーターを使えば、島田さんの博多修業写真がデジタルで合成できるんじゃないか?



いままで忙しくて、この画像の合成処理にチャレンジしていなかったのですが、部屋も涼しくなったことだし、やってみました。

じゃん!




上に出した島田さん、岡さん、宅間さんのあたり。


酒村さん、下釜さん、山田さんのあたり。


切断部分がわからないほどの修復はわたしには不可能でした。

しかし、自分ではこれで充分かなという気が(^^;)



参考までにアルバムに貼ってあった写真の同じ部分。





合成はほぼ成功したと思うのですが、実はスキャンに失敗していて、一部お顔が鮮明でない人が・・・・スイマセン(汗)


でも、全体的には前に比べるとキレイに撮れているのでまたあらためて紹介しようと思っています。
昨日出した福島増蔵さんの飛練博多時代の写真は島田さんの写真からトリミングしました。



※画像は9期生ご遺族ご提供、

9期生の名前2017年08月08日 08時25分29秒

名前の読みに関することです。

たまにこの話題で書いています。
なかなかつきないです。


こういうの、Kさんが詳しくて、あっと驚く海軍搭乗員の名前の読みとかご存知です。
いわゆる難読姓の人がいて、Kさん「これは読めるぞ」と、姓は正しく読んだと。ところが、難読でも何でもない下の名前が変わった読み方をさせていた、とかあるらしいです(^^;)
いつも「名前は奥深い」と唸らされます。



ところで、島田清守さん。
わたしは「きよもり」以外に読みようがないと思って、勝手に「きよもりさん」で読んでいたのですが、ご遺族の方みなさん「きよしさん」と。
「マジかっ!?( ゚Д゚)」
あの時は本当に驚きました。
海軍の資料にも「きよもり」って振ってあるんですよ。
でも先日、本人が書いたと思われる(←筆跡から)公文書的な書類に「きよし」と読みが振ってあるのを見せてもらいましたので、清守さんは「きよしさん」であると。




最近驚いたのは、加村外三さん。
入力するときは「そとぞうさん」で変換していたんですが、「がいぞうさん」説が浮上しました。
島田さんのように、資料にそう書いてあっても実は違う、ってのがあるので、これも正しいかどうかわかりません。


上原信之さん。
「のぶゆきさん」とばかり思っていました。
「のぶしさん」説あり。


山村喜郎さん。
「よしろうさん」と呼んでいたら「きろうさん」という話も・・・・。


金田吉武さん。
「かねださん」だと思っていたら「かなださん」とかとか?
わたし、友だちに金田(かなだ)くんっているんですが、この読み方をするのはかれ一人しか知らないので、この読みはめずらしいんだと勝手に思っていました。出身地も全然違うので、9期の金田さんは疑いもなく「かねださん」だと思っていました。


立井義春さん。
「たていさん」かと思ったら、「たついさん」説。







本当のところはご遺族の方に聞かないとわからないです。



※画像は9期生ご遺族ご提供