Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 安達繁信さん2012年08月17日 09時50分08秒

9期の集合写真の中に、一際目をひくかっこいい兄ちゃん(失礼!)がいます。

しかも、羽藤さんの写真にも松本さんの写真にも、やたら写り込んでいます。
               ※羽藤さんご遺族、武田信行氏(松本さんご遺族所有)ご提供

愛媛県出身の戦闘機乗り・安達繁信さんでした。
(なぜ安達さんだとわかったかは後述)

同郷なのでいっぱい写っている、ということではなく、たぶん偶然です。


【東京行軍】






【鎌倉行軍】












【その他】
大楠山慰安行軍


ラグビー観戦では遠藤さんの隣に座っています。
↑こんな感じ。


操偵適性検査


整備実習


二空


予科練卒業時の色紙


一空


飛練・谷田部「佐世保海兵団」


飛練・谷田部

この写真の胸元から楕円形の名札の一部が見えています。

「一空 安」までは見えます。
9期で「安」から始まる姓の人は安達繁信さんだけ。
そう思ってみると、「安」の下は「達」に見えなくもない。この人、安達さんだろうと考えていました。




最初、台南空。

ミッドウェイの時は赤城(6空?)、17年9月頃は大鷹にいた、と同期生の阿部健市さんが書かれています。

大鷹(元春日丸)で安達さんと一緒だった話は谷水竹雄さんも書かれていて、『零戦搭乗員空戦記』(光人社)の巻頭の写真(「春日丸」戦闘機隊員)に安達さんらしき人が写っています(左端のサングラスの人)

いつの撮影か不明ですが、17年11月より前だろうという9期生6名の記念写真が雄翔館にあります。
全員が下士官の一種。安達さん、大正谷宗市さん(徳島、戦闘機)、松本勝正さん(愛媛、戦闘機)、遠藤秋章さん(愛媛、偵察)、川崎助男さん(佐賀、戦闘機)、柴田勉さん(岡山、戦闘機)。
全員、氏名が振ってありました。安達さんは安達さんでした。
安達さん、”軍人さん”というより、”そこらへんのにーちゃん”みたいな感じで写っています。

大村空教員(杉野計雄さん手記)。

18年4月飛鷹戦闘機隊という集合写真(『日本海軍戦闘機隊』【戦歴と航空隊史話】P142)の最後列左から2番目は安達さんだと思います。

その後、ラバウルの204空へ。9月中頃かな。

18年10月15日 ブナ沖船団攻撃艦爆隊掩護  未帰還


乙9期戦没者はこちら

コメント

トラックバック