Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 森田勝さん2012年10月29日 09時52分35秒

※森田さんのことを調べられている方、ご遺族の方ですか?
よかったら連絡いただけないでしょうか。管理人
hinemos.mama@gmail.com

※森田さんの写真でここに出していない写真をアップしました。→ここ



大正12年生まれ、北海道出身
※『日本陸海軍航空英雄列伝』には大正12年生まれと書いてあるのですが、大正10年生まれという資料もありました。

戦闘機

東京行軍

整備実習

操縦専修

操縦専修

飛練・谷田部 「横須賀海兵団」

飛練・谷田部

胸元の名札に「森」という文字。

横須賀所属の「森」何とかさんは森田勝さんだけなので森田勝さんと判断しました。
あと、ここには出していませんが、水泳集合写真(褌一丁)にも写っていて、そこでは褌にはっきり大きく「森田」と書かれています。


「おもいで」
「君の武勲を羨ましく思って居た。俺に片翼での飛び方を教えてくれ、いつもにこにこしていて鷹揚ないい男だった」
「色白な君はいつも背を一寸曲げていた。上村教員にはお気に入りの好青年だった」
「百里ヶ原での適性飛行で小俣教員の担当でしたね。体躯に似合わず細い声だったが、小俣教員から操縦になるなら森田のようにやれと言われたもので、君の操縦技術は羨ましかった」



予科練卒業時の色紙
乙9期に「森田」は3人いるのですが、他の守さんと豊男さんはそれぞれ色紙のことばが特定できているので、このことばは残る勝さんのことばだと思われます。

これを見ると、森田さんは予科練卒業時の希望は攻撃機だったのでしょうか・・・・。
他にも何人か、最終的な機種とは違う機種を希望していたことをうかがわせることを書いている人がいます。




森田さんのことは「片翼帰還の勇士」として『日本陸海軍航空英雄列伝』にも紹介されています。
破損した零戦の前に立つ本人の写真入で。

「開戦とともにダバオ、メナド基地に進出。昭和17年1月21日、ケンダリー飛行場索敵攻撃に参加した森田3飛曹は、0945メナド基地に出撃、1135ケンダリー上空制圧ののち、敵戦闘機を発見できず地上銃撃にうつった。しかし、低空銃撃中、左主翼に対空砲火が命中し、日の丸中央部、ピトー管付近より先を吹 き飛ばされた。だが、奇跡的に安定を取り戻し、片翼機を巧みに操縦して単機のまま3時間飛行ののち、1420メナド基地に無事生還した。
 この森田3飛曹の沈着冷静、片翼帰還の壮挙に対し、特別善行章一線付与が上申された。
 引き続き、ジャワ島東部航空進攻作戦参加のため、2日、バリクパパンに前進した森田3飛曹は、2月3日、指揮中隊第2小隊3番機としてスラバヤ攻撃に出撃したが、未帰還となり戦死と認定された」

17年2月3日 スラバヤ攻撃 3空

※画像は武田信行氏ご提供(松本さんご遺族所有)

乙9期戦没者はこちら

コメント

トラックバック