Google
WWWを検索 ひねもすを検索

引っ越し大名2019年09月19日 09時02分12秒

太宰が2時半ごろ終わったので、それからランチをしました。

サンマルクカフェ。パン1こ。

映画が始まる前にゴディバの前を通ったんです。そのときソフトクリームの看板が出ていてものすごく惹かれたんです。
「映画が終わったら食べたい!」
が、700円! ソフトクリームが700円!!( ;∀;)

断念して、サンマルクのパフェ(ソフトクリーム)にしました。
400円ぐらい。
アルバイターやからね。
ゴディバは就職してからね(^^;)





で、太宰で消化不良だったわたしは映画のハシゴをしました。

引っ越し大名。

これ、めっちゃ感動しました。

笑えたし、泣けたし。

主人公は星野源演じる書庫番・片桐春之介なんですが、当の”引っ越し大名”は松平直矩という大名、これが及川光博。
めっちゃよかったですよ、みっちー。
さすが王子。殿様っぽかったです。

史実はたぶん違うと思うんですが、映画では、江戸城内で迫って来た柳沢吉保(向井理)を直矩が袖にしたために国替え(引っ越し)させられる――という設定で。
吉保は大和郡山と縁がある人なので、あの描かれ方はいかがなものかと思いましたが、現実にはそのシーンで大笑いしちゃいました、スイマセン。

他の役者さんたちもかなりハッスルというか、大活躍というか、そりゃもう楽しい映画でした。

若い女子に人気の高橋一生なんか、脳筋というか、体育会系侍というか(笑)
刀や槍(松平家家宝)を振り回して大暴れするサービスシーンがありましたよ、ファンの人必見です。

ホンマ、おもしろかったです。

しかし、最後は感動のシーンが用意してあって。
涙腺崩壊、ってやつです。






上映前の予告で、忠臣蔵の映画が流れました。
堤真一が大石内蔵助。
あれ、絶対見る(笑)

コメント

トラックバック