Google
WWWを検索 ひねもすを検索

童友社 1/100 紫電改2009年12月19日 18時01分14秒

童友社の紫電改、もう発売されているという情報を得たので、さっそくいつもいくおもちゃ屋さんに買いに行きました。
零戦22型で反省したので、今回は、
「はーちゃん、紫電改作ってみる~?」
と春海を誘惑。
「うんっ!(^O^) 作りたいっ!」

うっひっひ。
2個買って、ママ好みの機体をママのモノにしよう、イヒ。

それを聞いていたパパまでが、
「パパも作りたい\(^_^)」
と言い出したので、

「なんてラッキー!! 3個のうち一番ママ好みをママのにしよう!」

箱にはもともと12個入るようです。左右6個ずつ。
ママが行ったときには、一番手前の左右が1個ずつなくなっていて、左右5個ずつ、計10個残っていました。

「あまり小細工をするとかえってよくないから、ここは手前から3個、まとめて取ろう」
と、右列の手前から3個をガバッと取ってきました。

全部、パパが買ってくれました\(^o^)/

紫電改
 
ところが、いざ、開封しようとしたところ、一番に、
「はーちゃんのこれー!(^O^)」
と、ひと箱取られてしまいました。
開けてからどれを取るか決めるつもりだったのに!(>_<)

横空の紫電改

春海が選んだ箱は横空の紫電改でした。

「ふうん、まあ、いいんじゃない?」

残りの2つ、これ、開けてからいい方をママが取ろう、と思ったのに、1個手にした途端、
「ママのそれなー。じゃあ、こっちはパパの!」
と、春海に持って行かれてしまいました。

しかたがないので、ママが手にしたヤツを開けてみたら・・・・

翼に★!?


(゜◇゜;)

パパが開封した分も、なぜか横空機でした。
まとめて取ってきた3個に、どうして同じ機体が入っているのよっ!!
どんな確率よっ!!(-.-#)





コメント

トラックバック