Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 大原義一さん2019年12月13日 21時04分46秒

ご遺族情報ではないので不確定ですが、ぎいちさん、が現時点で一番有力です。


鹿児島県出身。操縦専修。
攻撃機→戦闘機




入隊時の氏名入り班写真。3班。


操偵検査。


操縦専修生集合写真。


整備実習。


これはたぶん3学年の班で、班長(赤ちゃんを抱っこしている人)の家にみなで遊びに行ったときの写真ではないかと想像しています。

前列左から3人目が大原さん。


操縦専修生集合写真。たぶん卒業に近いころ。


予科練卒業時の寄せ書きに大原さんの名前が書かれたものはありません。
鹿児島出身の操縦専修生は大原さんの他、福山清武さんと島子栄二さんがいます。
島子さんの寄せ書きはわかっているので、上の「薩摩おはら」は大原さんか福山さんなわけです。
自分の名前が大原なので「薩摩大原」と「薩摩おはら」をかけているのかなー、なんて思ったりもするのですが。どうでしょうか。


おもいで
「悠揚迫らず、急がずせかず、大原が操縦になるとは思わなかったがなあ、しかしかえって名パイロットになったことだろう」




飛練は谷田部。

谷田部修業時。



実用機は攻撃機で大村。
写真は諏訪神社です。


実用機後半は木更津に移動して中攻の操縦訓練。

このあと佐世保空(実際は出水や大村)で戦闘機の転科訓練を受け、実施部隊は3空、202空、582空。

3空→202空は17年11月1日の隊の名称変更に伴うもので転勤ではありません。
202空→582空は転勤ですが・・・・。

大原さんは17年の11月5日まで202空の戦闘行動調書にお名前があります。ラバウル基地からガ島攻撃。

そして11月11日、582空のラバウル基地からのガ島攻撃にお名前があります。

両隊ともラバウルにいたんですよね。
なので転勤と言っても、これ、たぶん、202空の兵舎から582空の兵舎に荷物持って移動した、って感じの転勤だったのではないでしょうか。

582空での初出撃の1週間後の11月18日、ブナの輸送船団上空警戒任務で未帰還になってしまいます。

いままでわたしの目に触れた582空の集合写真で、大原さんのお顔を見つけることはできていません。




17年11月18日  582空 ブナ




先日紹介した丙3期の大澤芳夫さんは3空から大原さんと一緒に582空に転勤しているので、アルバムに大原さんのお写真がないかなあ、と期待して探したのですが、見つけられませんでした。

1枚だけ「ん?」ってのがあったのですが、ちょっと判断がつかないです。
この写真なんですけどね。指揮所の階段でしょうか。
以前出した山本留蔵さんが写っていた指揮所の階段と同じ場所です。

雰囲気は似ているような気がするんですが・・・・。他人の空似かなあ?



「大原さんに似てるな」って以外にこの写真、注目した点があります。


足です。


靴下、吊っていますよね?
靴下吊りとかソックスガーター、ソックスサスペンダーっていうみたいですが。
戦中の人も靴下が下がるのに困っていたんでしょう。
吊っていますよね。これ。
初めて見ました。「戦時中の」って意味ではなく、正真正銘、初めてこのグッズの存在を知りました。



わたしが学生の頃は落ちてくる靴下はノリみたいなので留めていました。ソックタッチって商品名です(^^;)
いまも売っているのかな? 探したことないですが。
ただ、靴下は相変わらず下がってきて、ときには靴の中で丸まっていることもあります(>_<)



※画像は9期生ご遺族・ご家族、丙3大澤さんご家族ご提供

コメント

トラックバック