Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 岡本久さん2018年09月29日 09時50分30秒

9期には岡本さんが二人います。

偵察の岡本さん(清見さん)と操縦の岡本さん(久さん)。
予科練・飛練・実施部隊を通してお二人はあまり接点はないのではないかと思うんですが、清見さんが卒アルの寄せ書きに「岡清」と書いているので、同期生たちは二人を区別するためにそういう呼び方をしていたのかもしれません。想像ですけど。


長崎出身、艦攻操縦。


1学年時1班。




岡本さんが写った集合写真、けっこうあります。
今日は、少人数の分だけ。



辻堂演習。




操偵検査。


何の写真かわからん写真。写っているのは操縦分隊の練習生です。



これも。近場のお出かけ?







3学年班集合写真。






3学年班解散I会。
みんな、あれやっちゃったり、これやっちゃったりしているんですが、岡本さんは床柱の横で微笑んでいるだけです。
岡本さんはたぶんあまり羽目を外すタイプではないと見た(笑)


予科練卒業時の寄せ書き。



飛練は谷田部。

その後、宇佐で実用機を経て艦攻操縦員に。
大村空、百里原空、551空。


おもいで
入隊時同班、君とは一番仲がよかった。長崎出身で天草だったね。君と仲良かったせいか、八期の山崎さんにはあまりやられなかったようだ。苦しい時にはいろいろ慰めあったっけ。一番懐かしい思い出の一つだ

操縦専修になってからの同班、杵淵教員・時本教員の時、君とは仲良く頑張ったね


ここに出てくる「八期の山崎さん」というのは8期の有名人で、要は9期には山崎さんに「やられた」ヒトがたくさんいたみたいなんですが。
山崎さんは長崎出身なので岡本さんとは同郷の誼でかわいがっていたのではないか、それで岡本さんと一緒にいたら「やられなかった」と書いているんじゃないかと想像しています。

まあ、8期生の名誉のために書いておきますが、藤代護さんは手記に、
(教員時代に8期の先輩たちと親しく交わった話を書いて)これが、予科練時代われわれ九期をよくいじめていたクラスの人とは、とうてい考えられない、いい先輩になっていた』
と書いています。

山崎さんも例外ではなく、どこで見たんだったか・・・・実施部隊で再会した9期生が「山崎さんいい人」って書いているのを見たような???? 探したけど出てきません。Kさん、どこかに書いてありましたよね?(^^;)

逆に7期のことは、
(飛練で厳しく指導され)特に、あの横須賀で可愛がってくれた先輩七期の教員は、まるで人がかわったように厳しかった。予科練出身以外の教員もいたから、その手前もあったのであろうが、
「もう、予科練も卒業して、海軍のこともおおむね分かっているのに!」
ということだった。その時は、こんなにまでしなくても、話してくれれば・・・・というのが、われわれの本音であった』

と書いています。「話してくれれば・・・・」と書いているということはずいぶん「話す」以外の指導を受けたんだろうと(^^;)
ここらへんの先輩たちとの関係における機微がなかなか興味深いです。


あ、つい脱線してしまいました。
とにかく、岡本さんは先輩・山崎練習生にはかわいがられていたようだ、と。


あと、2つ目のおもいでに出てくる「時本教員」は、操縦班の集合写真(兵舎前と解散会)に写っている下士官です。



19年5月1日    551空  トラック島付近



※画像は9期生ご遺族、ご家族ご提供。藤代護『海軍下駄ばき空戦記』

コメント

トラックバック