Google
WWWを検索 ひねもすを検索

ヤバい ワロた2017年11月25日 11時05分10秒

春海は家に帰ってきても部活の話しかしません。

クラスの友だちの話なんか、聞いたこともないです。

たぶん教室には寝に行っているんでしょうね(´・ω・`)




部活の話①
抹茶大好きな先輩がいるそうです。
最近、ハーゲンダッツから抹茶オペラというアイスが出たそうで、先輩が、
「ヤバい~!」
って喜んでいたそうです。
春海も一緒になって、
「ヤバいっすね!」
と言っているそうです。
何が「ヤバい」のかよくわからない。

ちなみに、ディズニーランドで遊んでいる両親の自撮りツーショットを見せたらそれも、
「ヤバい~!」
って言われたそうです。

明らかに「ヤバい」を別の意味で使っていますね。


あまりにうれしくても「ヤバい」、強烈なものを見たときも「ヤバい」、とにかく「ヤバい」、相槌も「ヤバい」。
その場の状況でどういう意味の「ヤバい」か判断するみたいです。



部活の話②
「あんたらの会話、『ヤバい』だけで成立するんやろ」
と言ったら、
「いや、『ワロた』もある。何かというと『ワロた』が出てくる。でも顔は笑ってないこともある。真顔で『ワロた』と言われたときはヤバい」
そうで、「ヤバい」はシチュエーションで判断、「ワロた」は顏を見て判断すると言っていました。



イマドキの高校生のコミュニケーションはむずかしいです。忖度が必要です。

コメント

トラックバック