Google
WWWを検索 ひねもすを検索

春海、試合2018年12月08日 20時07分01秒

今日はなんか寒かったですね(>_<)

春海は試合でした。短水路。


試合前に2年生だけ顧問に呼び出されたそうです。
2年生は火曜日から昨日まで体験旅行に行っていて、まったく練習をしていません。そんな状態で試合。

「男子は・・・・ベスト、出るだろう。女子は・・・・ベストは出ない」

と言われたそうです。

女子は・・・・って、2年女子は一人しかおらんので「春海はベスト出ない」と名指しで言われたようなもん(^^;)

男子と女子で筋肉の差があるで4日も練習を休んだら、女子はベストなパフォーマンスは出来ない、というのが先生の見立てだったそうです。

まあ、「おまえはベストが出んでもガッカリせんでええぞ」って、先に慰めたってことなんでしょね。




午前中、50メートル自由形(半フリ)予選。

29秒11

6位でなんとか決勝に残れました。

春海が半フリで短水ベストを出してきたので、名指しでベスト無理と言った顧問、喜んでくれたそうです。





午後、200メートル自由形。
こちらはタイム決勝。一度の泳ぎで順位が決まります。

2分13秒15

ベストはベストでした。
でも、ねえ(´・ω・`)
もう少し何とかならんのか。





夕方、半フリ決勝。

決勝なので、選手一人一人が名前を呼ばれて紹介されます。
自分が呼ばれたら頭を下げて会場にあいさつ。

自分以外の子が紹介されているときは準備運動をしたり、↓スタート台の調節をしたり。
※画像は夏の試合
この▲の部分、前後に動きます。
片足は前に、もう片足はこの▲の台に乗せて勢いをつけて飛び込むんです。
使いやすい位置に自分で調節しなければいけません。

ピ、ピ、ピ、ピ。ピーーーー。
スタートの合図。

「スタート台の調節をしていなかった!!!(|||ノ`□´)ノ」


スタート台に乗ってみたら、▲の台がめっちゃ前やったらしいんです。
前の組でそのスタート台を使った子が小さい子だったのでしょう。
スタート台の調節は使う人が自分でしないといけないのです。
それをするのを忘れとったとか(怒)。

しかし、もうしかたがないので、窮屈なスタート台から飛び込んだらしいです。


28秒50!!

予選から0.6秒以上縮めて順位も4位でした!!
ウソみてーだー!!(゚∀゚)

   

顧問も、

「スタート台、窮屈な方が合っとるんじゃないか?」

と言っていたそうです。


それより、試合前に4日も練習を休んで何の問題もない、ということが証明されてしまったわけですが(笑)


顧問はまだ「ぎゃふん」と言ってくれないようです。

「スピードはついてきた」

というのが、今日の春海の泳ぎに対する顧問の感想だそうです。

「半フリが一番苦手」という評価はちょっとはかわってきたかな?

次は27秒台だな。

コメント

トラックバック