Google
WWWを検索 ひねもすを検索

同級生のおじさん2018年12月08日 13時02分40秒

先週の土曜、京都で中学の同窓会をしました。
わたしは出身は九州ですが、関西に何人かいるのでたまに会っています。
今回は忘年会も兼ねていて10名集まりました。
そのうち4名が30数年ぶりの再会でした。

そのうちの一人が中学時代同じクラスで、めっちゃ仲良しだった子です。
彼女が、
「(一緒に仲良くしていた)Kちゃんが、ばっさんに会いたがっていたよ! 連絡先、教えてもいい?」
と言うので、
「わたしも連絡取りたいねん! ぜひ、伝えておいて!」
と頼んでおきました。

すると、同窓会の翌日、さっそくKちゃんからメールが届きました。
Kちゃんとは20代前半はまだ連絡が取れていたのですが、気づいたら連絡が取れなくなっていました。
彼女もいまは結婚して九州を離れているそうで。

メールに長々と近況を書くのもアレなのでさらっと済ませ、「インスタやツイッターはやっていないけどブログをしている」とこのブログのアドレスを貼っておきました。
フツー友だちはわたしのブログ、見ないんですけどね(笑)
彼女、見てくれたみたいで、返信に、
「自分は戦争のことはわからないけど、わたしの父の兄も特攻で戦死しています。父は○○に慰霊祭に行っていました」
と書かれていました。

お父さんが慰霊祭に行っていたという地名は海軍の基地があったところでした。
さらに「父の兄」と書かれていたのでKちゃんと同じ姓だろうと思って予科練名簿と海軍特攻名簿で調べたらすぐにわかりました。

「Kちゃんのおじさんってもしかして●●さん?」
と尋ねたら、「そうだ!」と。

もうびっくりしちゃってですねー。

もちろん、中学時代大の仲良しだった友だちのおじさんが海軍の搭乗員だったということにも驚いたのですが、同じぐらい驚いたのは、その数日前に、いつものKさんから情報をもらった9期生と関係がありそうな方だったからです。

同じ時期に同じ航空隊にいたんです。これは確定。

9期生が教員をしていたところで、Kちゃんのおじさんは練習生だったのです。

時期は重なっています。
ただ、その9期生がおじさんのクラスを担当していたかどうかはつかんでいません。
しかし、9期生が他隊に転出した時期と、おじさんのクラスが卒業した時期が一緒なので、担当していた可能性が高いんじゃないかと思っています。

もらったばかりの9期生の足跡と、久しぶりに再会?した友だちのおじさんの足跡が、ある航空隊である時期にクロスしていたことが、奇跡というか、何というか・・・・。お引き合わせか・・・・と思ってしまいました。


そのあと、Kちゃんはお父さんにもいろいろ聞いてくれたみたいで、当時の話など、いろいろ聞かせてもらっています。
お父さんは慰霊祭に参列される中で、お兄さんの元戦友から当時の資料などいろいろもらわれたそうで、それをいまもちゃんと保管されているそうです。
「そんなこと、今日まで知らんかったわー」とKちゃん(^^;)
わたしも知人の戦史研究家さんに特攻出撃当日の戦闘詳報を送ってもらったので、それをKちゃんに送りました。




一番驚いたのはですね。

「いま●●さんのお弔いはどなたがされてるん?」

と聞いたら、

「おばあちゃん(お父さんのお母さん)の家にいるおばちゃん」

とのことで。

彼女のおばあちゃんの家はわたしたちがいた町からちょっと離れています。電車に乗って行かなければならないようなところです。

「たぶん、中学時代、ばっさんも行っているよ、そこに」

と言うではないですか!

中学時代、たしかにその町に子ども(中学の同級生)だけで電車に乗って遊びに行った記憶はあるんです。
メンバーが誰だったか記憶が定かではありません・・・・(^^;)

彼女が言うには、そこに遊びに行って、「おばあちゃんちが近くだから寄って行こう」と言って一緒に行ったメンバーを連れて行って休憩?したって言うんです。

あの家で休憩したとしたら、通されたのは仏壇のある部屋だから、そのときに●●さんの遺影を見ているはずだ、と。


ええええええーーーーー


中学生のころだったら、あまりそういうことに関心がなかったし、ヒトの家の遺影とかあまりじろじろ見ないだろうし・・・・。

いやあ・・・・でも、もしかしたら36、7年ぐらい前にお目にかかっていたのかも・・・・。

じゃあ、もしかして、再会・・・・?

と、とっても不思議な気分に陥ったのでした。

春海、試合2018年12月08日 20時07分01秒

今日はなんか寒かったですね(>_<)

春海は試合でした。短水路。


試合前に2年生だけ顧問に呼び出されたそうです。
2年生は火曜日から昨日まで体験旅行に行っていて、まったく練習をしていません。そんな状態で試合。

「男子は・・・・ベスト、出るだろう。女子は・・・・ベストは出ない」

と言われたそうです。

女子は・・・・って、2年女子は一人しかおらんので「春海はベスト出ない」と名指しで言われたようなもん(^^;)

男子と女子で筋肉の差があるで4日も練習を休んだら、女子はベストなパフォーマンスは出来ない、というのが先生の見立てだったそうです。

まあ、「おまえはベストが出んでもガッカリせんでええぞ」って、先に慰めたってことなんでしょね。




午前中、50メートル自由形(半フリ)予選。

29秒11

6位でなんとか決勝に残れました。

春海が半フリで短水ベストを出してきたので、名指しでベスト無理と言った顧問、喜んでくれたそうです。





午後、200メートル自由形。
こちらはタイム決勝。一度の泳ぎで順位が決まります。

2分13秒15

ベストはベストでした。
でも、ねえ(´・ω・`)
もう少し何とかならんのか。





夕方、半フリ決勝。

決勝なので、選手一人一人が名前を呼ばれて紹介されます。
自分が呼ばれたら頭を下げて会場にあいさつ。

自分以外の子が紹介されているときは準備運動をしたり、↓スタート台の調節をしたり。
※画像は夏の試合
この▲の部分、前後に動きます。
片足は前に、もう片足はこの▲の台に乗せて勢いをつけて飛び込むんです。
使いやすい位置に自分で調節しなければいけません。

ピ、ピ、ピ、ピ。ピーーーー。
スタートの合図。

「スタート台の調節をしていなかった!!!(|||ノ`□´)ノ」


スタート台に乗ってみたら、▲の台がめっちゃ前やったらしいんです。
前の組でそのスタート台を使った子が小さい子だったのでしょう。
スタート台の調節は使う人が自分でしないといけないのです。
それをするのを忘れとったとか(怒)。

しかし、もうしかたがないので、窮屈なスタート台から飛び込んだらしいです。


28秒50!!

予選から0.6秒以上縮めて順位も4位でした!!
ウソみてーだー!!(゚∀゚)

   

顧問も、

「スタート台、窮屈な方が合っとるんじゃないか?」

と言っていたそうです。


それより、試合前に4日も練習を休んで何の問題もない、ということが証明されてしまったわけですが(笑)


顧問はまだ「ぎゃふん」と言ってくれないようです。

「スピードはついてきた」

というのが、今日の春海の泳ぎに対する顧問の感想だそうです。

「半フリが一番苦手」という評価はちょっとはかわってきたかな?

次は27秒台だな。