Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 兼藤二郎さん2015年02月18日 15時25分30秒

※兼藤さんのことを調べらている人がいたら、ご連絡いただけるとうれしいです。
hinemos.mama@gmail.com



広島出身、偵察。

飛練は鈴鹿、宇佐。
卒業後、瑞鶴。


兼藤さんは雄翔館に下士官一種軍装の遺影があったのでお顔がわかりました。
が、軍帽の庇で目元がちょっとわかりにくい感じ。
でも、たぶん、この人しかいないだろうと思って、下に出した人を兼藤さんと判断しました。




予科練1学年時は後ろの分隊。たぶん11班ではないかな?
11班は他に佐藤昇さん、柴田勉さん、鹿島長重郎さん、清田進さんら。
羽藤さん、池田さん、石川さんと同じ後ろの分隊なので、1学年時の集合写真にはけっこう写っています。


【東京行軍】
海軍館前

神宮外苑?

楠公銅像前

宮城前


【鎌倉行軍】

この2枚、大仏前で撮られた後ろの分隊集合写真です。羽藤さんも松本勝正さんも持っていました。
てっきり同じ写真だとばかり思っていましたが、兼藤さんを見ると、これ、微妙に違いますね。ちゃんと見てみよう。


安国論寺

建長寺山門前


【大楠山慰安行軍】


【適性検査】



【香取神宮】


【倶楽部にて】

あと、水泳写真にも写っています。
白帽で、線は1線かな?




「おもいで」

「横空入隊直後、デッキにちり紙を落とした件で誰も落とし主が出ないとき、君は進んで申し出て皆に代わって罰直を受けた。勇気ある男であったのに」

「ヒゲが濃く、目のぎょろりとした、仁王様みたいなやつだった」

「ヒゲ武者のだるまさん。それが君の顔の表現に適切だ。大型陸攻というタイプ」




上にも書きましたが、飛練は鈴鹿のあと宇佐。
宇佐卒業時の成績は20人中2番がついています。



真珠湾攻撃では第二次攻撃の瑞鶴艦攻隊(水平爆撃)。
操縦:福谷知康2飛曹(甲4)
偵察:山田大2飛曹(甲3)
電信:兼藤二郎3飛曹(乙9)

同期生の西谷芳数さん(瑞鶴・艦攻電信員、広島)が予科練の倉町先生に語った真珠湾攻撃前夜。
『前夜は半睡。
身辺の整理をすませ、同期の兼藤二郎と予科練の思い出、失敗談などをした』

同郷同期生が同じ艦にいるって、心強かったでしょう。




17年5月7日   瑞鶴  珊瑚海海戦


珊瑚海海戦時のペア
操縦:田平幸男1飛曹(甲2)
偵察:大西久夫2飛曹(甲4)
電信:兼藤二郎3飛曹(乙9)



橿原神宮・瑞鶴之碑横の戦没者名録の中に兼藤さんのお名前もありました。






乙9期戦没者はこちら


※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック