Google
WWWを検索 ひねもすを検索

兵籍番号2013年11月19日 19時59分00秒

ここ何日か、「兵籍番号」に引っかかっていました。

先日、9期生に予科練の途中でやめた人が4人いる、という話を書きました。
あのあとで、
「かれらの兵籍番号はどうなっているんだろう?」
と思って、兵籍番号が併記されている九期生名簿を見てみました。

みんなの番号は続いていて、空番号はありませんでした。

「兵籍番号は海軍に入ったとき、つまり乙9期生なら13年6月1日に入隊したときに付与されていると思っていたのに、違うのか!?」

途中でやめた人がいるなら、当然、その分の番号は空番号で飛ばされていると予想してみたのですが・・・・。現実は詰まっていた。


ふつうはこんなことを調べようと思っても、どうやって調べたらいいか、どんな本を読めばいいかすらわからないと思いますが。
持つべきものはものしりの知人♡

メール送ったらソッコーで返信が来ました。
この程度のわたしの疑問は、自分の頭の中にある知識で答えてくれたんじゃないかなー(^^;)


返事を要約すると、
乙9期生は、13年6月1日に入隊した時点で、横志空○○○、佐志空△△△・・・・などの、航空兵としての兵籍番号が振られた。
16年6月に航空科から飛行科に名称変更があったときに、飛行兵として兵籍番号を整理しなおした。横志飛○○○、佐志飛△△△・・・・など。
どうも、このときにやめた4人の兵籍番号が詰められてしまったようです。
(※舞鶴はちょっと特殊)


「なるほどーーーー(・∀・)」

それを聞いて、ある佐世保管内の乙9期生の履歴を見直してみたところ、
「入籍番号」として、「佐志空第○○○○」と書かれてあるのが赤二重線で消され、「佐志飛△△△」に書き直されていました。
これが16年6月1日の出来事のようです。


転科とか名称変更で兵籍番号が変わるということなので、
「じゃあ、山崎市郎平さんは?」

ご遺族の方が取り寄せてくださった履歴より推測してみました。

12年6月1日 横須賀海兵団に四等水兵として入団。横志水○○○。
14年6月3日 整備兵に転科。横志整△△△。
16年5月26日 操縦練習生を修了し航空兵曹となる。横志空×××。
16年6月1日 名称変更により飛行兵曹。横志飛※※※。

最後の「横志飛・・・・」が山崎さんの最終的な兵籍番号です。




この兵籍番号は鎮守府ごとに振られます。

「13年6月1日入隊の遠藤さんが横志飛1000番台なのに、どうして12年6月1日入団の山崎さんが横志飛2000番台なんだろう????」

さっそく聞きました!(・∀・)

すぐに返事が返ってきました!

横須賀鎮守府の場合は、海軍に入った順番ではなく航空兵(飛行兵)になった順番なんだそうです。
遠藤さんは13年6月1日に海軍(予科練)に入った時点で航空兵です。
山崎さんは15年5月26日が航空兵(曹)のスタートです。
んで、遠藤さんの方が山崎さんより数の小さな番号がついているんだとか。


聞いたら何でも教えてもらえて、まるでドラえもんとのび太状態(笑)
いや、ドラえもんのポケットよりすごいと思う!
理由は下・・・・(;^ω^)



「佐世保の履歴の9期生は、佐志空のときの番号は2000番台なのに、佐志飛に変更になって800番台にガタッと数字が減っているんだよなあ・・・・なんでかなあ・・・・」

今度は聞いてもいないのに答えてくれました!!( ゚Д゚)

いや、マジで!
いっぺんに聞いたら悪いかな、とさすがのわたしも遠慮して聞かなかったのですが、先方さんから、この人の番号が減っている理由を解説してくださいました!

この間に兵曹長に進級した人の分が詰まったのと、いままで航空兵として番号が振られていた人の中にこのときに整備兵に入れられた人いて、その分が詰まったからだそうです。



何でも理由(事情)があるんだなー。

すごいなー。

結構自分で「なんでや?」と思っても、「調べてもわからんやろ」と勝手に諦めてしまっている場合が多いのですが、もしかしたらこの知人に聞いたら何でもわかるかも!?( ̄▽ ̄)

いやいや、すいませーん。調べられそうなことはなるべく自分で調べますからー。

ありがとうございましたー(^o^)

コメント

トラックバック