Google
WWWを検索 ひねもすを検索

ハマった作家、ハマったジャンル2011年04月22日 22時49分38秒

ママ、昔からあまり本を読む方ではありませんが、一度ハマると、読みあさってしまう癖があります。

中学時代、友だちが、
「お父さんの」
と言って貸してくれた1冊の横溝正史。
それをきっかけにハマりました。
それも、金田一耕助モノオンリ-。

中学・高校・大学・・・・ぐらいですか、ハマっていました。
あれ、読み出すと止まらないんですよね。次々と読みたくなるように仕掛けてあります。
人生初徹夜は横溝正史だったと思います。

横溝正史
いま残っている分↑↓
横溝正史

金田一モノは読むだけでなく、”観る”という楽しみもありました。
おどろおどろしい映像が大好きでした。
歴代の金田一の中では石坂浩二が一番好きです。


高校時代かな? 大学時代かな?
永井路子にもだいぶハマっていました。
一時期、自分も女性史家になるんだと思っていました(笑)


大学時代、芥川龍之介。
古典を題材にした短編小説にハマりました。


大学を卒業してからは池波正太郎。
鬼平シリーズ、雲霧仁左衛門、幕末モノ、忍者モノ・・・・。


司馬遼太郎。
幕末維新~日露戦争モノ、戦国モノ、忍者モノ。
司馬遼太郎


池波正太郎



ハマると、行きたくなるんですよね(^_^;)

芥川が住んでいた両国界隈をウロウロ。またここは鬼平の舞台でもあったり。

真田太平記を読んで上田や別所温泉に行ってみたり。

京都もよく行きました。

伊賀も甲賀も行きましたよ。

一番遠くまで行ったのは、会津若松でしょうか。

会津若松



ちょっと番外。

何年か前、石田衣良の恋愛モノにハマっていました。

ママをよく知っている人は、
「ええっっーーーー!? そんなん読むの!?」
ってびっくりしたんじゃないでしょうか(^_^;)

「らしくねーーーー!!(゜Д゜)」
って。

コメント

トラックバック