Google
WWWを検索 ひねもすを検索

春海、読書感想文を書く2018年08月18日 09時35分24秒

昨日は涼しかったですね。
久しぶりにエアコンなしで、窓を開けて眠れました。



春海はお盆も休みなしで部活に行っていました。

もちろん、夏休みの宿題なんか終わっているわけがない。




春海の顧問、体育の先生だと思うのですが、どうも、「水泳部員」が部活以外の面でちゃんとできていないのが病的にいやな性質みたいで。
予科練の班長が、自分の班員が分隊士やよその班長に叱られたら烈火のごとく怒っちゃうアレと通じるものがあるのかもしれません(^^;)

部活をやっていたために部員が宿題の不提出なんかやらかそうものなら顧問としては「水泳部の恥」ぐらいの気持ちがあるのかもしれません。


正式な提出日はひと月も先なのに、19日に夏休みの宿題を全部仕上げて持って来い、という指令が出たそうです。わりと急に(笑)

顧問が部員全員の宿題を全部チェックするそうですよ。



で、今日(18日)は、宿題を仕上げるためにオフをくれたそうですヽ(^。^)ノ



昨日の夜、突然春海が、

「ママ、『永遠の0』貸して」

と言って来ました。

「えー、どっかそこらへんにある」  →何年も手にしていない

「どこ?」

「そこらへんにない?」  →手が離せなかった

「ないと困んねんけど」

「何するん?」  →まさか読むとは思わない

「読書感想文書く。明日までに書かないかんから。読んだことあるやつ、あれしかないから。ちょっと読んだら思い出すと思う」

なんか切羽詰まっていそうだったので探してやったらすぐに見つかりました。机の横に置いていました。



著者のサイン入りですよ。
これはレアです。
何がレアって、鉛筆書きのサイン(笑) 




春海は、我が家でこれを一番愛読しています。
こんなに分厚いのに、いままで2回読んでいます。
一度目は小学校のときの朝の読書の時間に。持って行って読んでいました。
二度目は中学のとき。何のために読んでいたのか覚えていないけど、読んでいました。

読みながら、わからないことがあるといろいろ聞きに来ていました。
「予科練って何?」って聞かれて説明してやったら、「あー、自動車教習所みたいなものか(納得)」と言われたのがいまとなっては懐かしい。
わたしの説明の仕方が悪かったんやね(;´Д`)




昨夜に戻ります。

小説『永遠の0』を読むのかと思いきや、映画『永遠の0』で感想文を書こうとする春海(爆)

夜の11時ごろから映画を見始めました。

つい一緒に見てしまう母。
しかし、母は室生寺疲れで途中で退場(;´Д`)





さっき、リビングに行ったら、昨夜と同じ格好でテーブルの上に読書感想文セットを広げて一生懸命読んでいました。

「お風呂入ってないん? 徹夜したん?」

って聞いたら、風呂には入っていないけど、徹夜はしていないそう。そこらへんでゴロゴロ寝たみたいです。

切羽詰まり過ぎやろ(笑)




しかし、どんな感想文ができるんやろうな?
あの子は小説も2回読んでいるし(今回読んでいたら3回)、映画館でも見ているし、テレビでやった映画も見ているし、テレビ版(向井理主演)も見ているし。
ロケ地の筑波の庁舎にも行っているんですよ。
岡田くんみたいにしゃがみこんでみたりしていたけど・・・・。
何か感じているんかな?(^^;)
春海がこの話で一番印象に残っているのは、宮部さんが筑波教官時代に教え子を「不可」にしまくっていたシーン――みたいです。





これは小説ですが、現実にも不思議なご縁はあります。
故人のことを思い続ける人たちがいる限り、まだまだ終わらない話だと思います。
春海なんて、そういう「本当の話」に触れる機会のある場所にいると思うんですけどね(^^;)
読書感想文のため――でなく。
ま、それは強制はしません。

コメント

トラックバック