Google
WWWを検索 ひねもすを検索

偵練24期 亀田政義さん2022年03月31日 00時03分25秒

浅川さんのアルバムにめっちゃ写っている人がいます。
搭乗員の中で一番多いのではないかな?
浅川さん最初の加賀勤務、二度目の加賀勤務、そのあとの15空とご一緒だったようです。
二度目の加賀と15空の戦闘詳報、見れるものは見たつもりですが、
1番機・・・浅川三雄さん(操縦)・渡辺初彦さん(偵察 分隊長)・赤松作さん(電信)
2番機・・・中尾保蔵さん(操縦)・亀田政義さん(偵察)・重信常治さん(電信)
の1・2番機コンビで出撃しているものが多くありました。
浅川さんがちらっと振り返ったらいつも亀田さんの2番機がそこにいる――という状態で出撃をされていたのだと思います。


浅川さんのアルバムに支那事変時の96艦攻の写真が何枚か貼られていました。
浅川さん、myカメラを持っていたようなのですが、加賀時代の写真で「myカメラだな」という写真はないように思います。
下の写真は日時、状況などまったく不明ですが、浅川さんの出撃時の写真なのだろうと漠然と思っていました。


これは出撃でしょうか、胴体下に爆弾を吊っています。

これも爆弾を吊っているのがわかります。

これは帰りなのか、爆弾はないです。

これも爆弾なし。

どこの所属なのか、尾翼を見たらいいんですが、残念ながら逆光で尾翼の文字が見えません。
色調調整したうえで2枚目の写真の尾翼を拡大したらこんな感じ。
15空の97艦攻の尾翼には「10-3××」と、10ハイフン300番台の数字が書いてあります。
ネットで画像検索したら当時の加賀の96艦攻の尾翼は「K-314」というのが出ています。
この写真、ハイフンの左は「10」には見えないです。「K」なのかな?
加賀時代の96艦攻なのか?

最初、特に考えもナシに見ていたこの写真ですが、編制表を見ていて、
「亀田さんは加賀時代も15空時代も浅川さんの2番機で飛んでいたんだなあ」
と気づき、改めてこの写真を見たとき、
「もしかして、これ、亀田さんが2番機の偵察席から1番機(1機だけの分)や他小隊の僚機(2機写っている分)を撮ったものじゃないのか?」
という気がしてきました。
どうですかね?(^^;)

亀田さんは福岡出身、6年徴兵。
浅川さんも福岡出身。乙2なので6年志願兵。
年齢は亀田さんの方がだいぶ上なのですが、同郷で同年兵ということで気が合ったのでしょうか。


亀田さんは戦後もお元気にされていて、浅川さんとはお付き合いがあったそうです。
浅川さんが亡くなったときに高校生だった息子さんは、弔問に来られた亀田さんを覚えておられるとか。
そういう仲の方です。





浅川さん最初の加賀勤務時ではないかと思います。
昭和11年ごろ?




イス左が亀田さん。
刻印あり。「YOKOTA STUDIO KURE」
階級章は見えません。
が、浅川さん(イス右)の善行章が1線しかついていないように見えます。
もし、そうだとしたら12年6月より前。最初の加賀勤務時かなあ?という気がします。
後ろで立っている人ですが、上の集合写真の裏書で「松村」と書いてある人に似ているような気がしますが、現時点で不明です。


この亀田さんはまったく状況不明です。
装備から寒い時期かな?というぐらい。
後ろは舷窓ですかね? 艦上で撮られたものなのか?





これは浅川さん(イス右)が善行章1線の3空曹。亀田さん(立つ)も善行章1線の3空曹。
イス左の兵の方は小泉栄治さんというやはりよくアルバムに登場している方で、この方のペンネントのおかげで加賀時代だとわかります。
以上のことから、最初の加賀勤務時、昭和11年の夏でしょうか。


この写真、台紙に書き込みがあります。
「昭和11年6月23日  海軍三等航空兵曹 亀田政義君」
ご本人のサインでしょうか「M.Kameda」。

上の写真との関係は不明です。イスは違いますが背景の絵が同じような気もするし。
時期は近いだろうと思います。


皇居二重橋前で。
ガイドさんがいるので観光かな?
渡辺さんのところでも書きましたが、13年初めごろかな?と思っています。





こちらは浅川さん(左)の善行章2線、階級は2空曹。
亀田さんは善行章2線で階級章は見えません。
12年6月以降。
これ、刻印があるんです。「屏東 徳田寫真館」と入っているんじゃないかと思います。屏東は台湾高雄の隣り町ですね。
浅川さん、2度目の加賀に戻ったのは12年10月末、13年の5月には1空曹になっているので、その間のどこかで台湾周辺に寄港した際、飛行機隊は高雄にでも行き、亀田さんとぶらっと屏東に行って写真を撮ったのでしょうか?




先日渡辺さんのところで出した渡辺初彦分隊長のグループの集合写真。
13年5月。

同日撮影と思われる飛行機隊総員集合写真。



15空開隊時の分隊集合写真。

タイミングが悪かったのかショボーンとした亀田さん。





九江か。後ろは指揮所か待機所か。

亀田さんは後列左から4人目でサングラス。



13年明治節の艦攻隊(5分隊)集合写真。





上の写真と同じときのように見えますが、こちらには地上員も写っているようです。





待機所前。
二人並んで。
同僚に撮ってもらったのでしょうか。



こちらは亀田さんおひとり。飛行服に救命胴衣で。



15空時代は浅川さんのカメラで撮られたらしきオフショットがあります。




ふだん九江にいたようですが、これは南京大校場飛行場らしいです。
亀田さんの救命胴衣に「亀田一空曹」と書いてあります。
左の人は、上の写真館撮影写真にも写っています。兵の2種軍装で「大日本軍艦加賀」のペンネントをつけている小泉さんです。進級して三空曹になっています。
小泉さんの写真もけっこう枚数があって、中には「木更津海軍航空隊」「大日本第十三航空隊」のペンネントをつけている写真もあります。
この写真のときの小泉さんの所属は残念ながらわかりません。


これ、出しちゃってよかったですかね?(^^;)
散髪中。
海軍航空隊の准士官以上は長髪が認められているけれど、下士官兵は原則坊主――のはず。
たまに「ちょっと伸びているな?」って人を見かけますが、15空時代の浅川さん、がっつり長髪です(写真あり)。
これは何がきっかけなのか、まあ、アレかな、と想像はついていますが、散髪せねばならない必要に迫られて亀田さんに刈ってもらっているという図でしょう。
アレ、というのは明治節のオフィシャル集合写真です。

あの明治節の集合写真が13年11月3日。
その月末に15空艦攻隊は解隊してしまい、浅川さんは霞ヶ浦海軍航空隊へ。亀田さんは大村海軍航空隊へ。
お二人はそれきり同じ隊で働くことはなかったように思います。







――と、ここで終わるはずでしたが、じつは今日、とんでもないものを見つけてしまいました。









飛練10期(乙9期主体)偵察、実用機大分航空隊の修業記念写真。
16年10月31日。
(この後かれらは木更津で大型機講習を受け中攻偵察員になります)

教員列に――
「亀田さんではないか!?(;゚Д゚)」

亀田さーーーーん!!

見つけたときは自分の間抜けぶりに笑いが止まらなかったです。
いや、うれしかったんです、単純に。

亀田さんを見つけたこともうれしかったし、飛練10期の中攻偵察員の中に亀田さんの教え子がいる!!ってのがめっちゃうれしかったんです。

残念ながら、いまのところ、亀田教員に関して何か書き残してくれている9期生はいませんが、もしかしたらそのうち「わたしの担当教員は支那事変のとき加賀や15空で艦攻偵察員をしていた歴戦の亀田教員であった」という記述に巡り合えるかも?


ホントはもうちょっと書きたいことがあります。
亀田さんの左隣の教員も、浅川さんと加賀・15空で一緒だったあの人ではないかと疑っています(亀田さんとも同僚ということ)。
それはまた今度。



※画像は9期生ご遺族、浅川さんご家族ご提供

コメント

トラックバック