Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 二階堂信治さん2016年06月26日 16時42分17秒

北海道出身。
偵察。
中攻。


【氏名入り班写真】


【東京行軍】



【大楠山慰安行軍】


【辻堂演習】


【操偵適性検査】




【香取神宮】


【偵察専修時代】





階級章は1空。ペンネントは霞ヶ浦海軍航空隊。
前列左が笠井繁雄さん。右が二階堂さん。
後列左が藤井国男さん。右が藤原国雄さん。




【おもいで】
目玉のクリクリした実にせわしい奴だった。

忙しそうにものを言う方だったが、誰からも好感の持たれる人だった。色の黒い細面のクリクリした目は特に思い出す。

吊床は通路の処で背の低い君には、手が届かなくてさぞかし困ったことと思うが、それにしては吊床競技でいつも早かったな。






【飛練鈴鹿空時代】



【大分空時代】


【木更津空時代】






昨年8月に雄翔館に行ったとき、二階堂さんの遺書をみることができました。

「御なつかしいお父母上様へ   これで四度目の遺書を認めます」
という書き出しで始まる遺書です。

何度も書いては廃棄し、書いては廃棄してきたようですが、
「今度という今度こそは生きて帰れぬものと思い、一言申し上げる次第でございます」


便箋4枚にわたって書かれ、両親への感謝、自分が死んだのちのこと、お世話になった人たちへよろしくと書かれ、最後は、

「九月二十七日記ス      信治
お父母上様

一昨夜珍しく冷麥を腹一パイ食べた夢を見ました」

で終わっていました。






17年9月28日  高雄空  ソロモン



※画像は9期生ご遺族・ご家族ご提供

コメント

トラックバック