Google
WWWを検索 ひねもすを検索

今年の自分を振り返ってみた2010年12月31日 20時14分15秒

今年も残すところ3時間ちょっと。
年々月日が経つのがはやくなっているような気がします。

例年、手帳には春海の予定しか書いていなかったママですが、今年は自分の予定が結構書き込まれた年でした。

・1月
張り切って東京遠征して、風邪をもらったかして、そこから咳喘息に苦しむ・・・・(~5・6月)

・6月
幸い、搭乗員さんの会合時には全快。
ただ、K上飛曹や事務局のKさんが揃って骨折されていて驚く。

・8月
ここでイト◯ンの研修に春海をゴリ押しで入れたことから、今年後半はずっと苦悶の日々。


O上飛曹のお宅初訪問。
Mさん、Hさん(共に東京から)、Kさんと(北陸から)。
写真を見せてもらい、お話を聞かせていただきました。


下旬、宮崎に帰省した折りに、念願だった林喜重大尉の最期の地(鹿児島県阿久根市)。

林少佐戦死の地

海に不時着時に頭蓋底骨折で亡くなった大尉を、この場所で荼毘に付したそうです。
石碑の台座の側面に「火葬之跡」と刻まれています。


・9月
十年ぶりぐらいに通いのバイトをはじめる。
決まった日に決まった時間に起きて、決まったところに行く・・・・苦痛です・・・・(T_T)


・12月
初めて呉に行く。
前回、出さなかった画像をちょこっと・・・・。

特殊潜航艇

江田島第一術科学校内教育参考館横の特殊潜航艇(甲標的)。
手前は大和の主砲弾。

こちらを向いている人は、案内係の海自OBの人。
見学者が玉砂利部分を踏み散らしてショートカットしても、この人だけは決してそのようなことはされませんでした。さすがだ。

陸奥の砲身

大和ミュージアム前の戦艦陸奥の主砲身。
今朝、なにわ会のブログで陸奥の爆沈のことに触れられていたので・・・・。


続けて松山の忘年会に初参加。
この席でも、甲飛11期出身の搭乗員さんが陸奥の爆沈の話をされていました。
ちょっと本を読んでみようかなあ・・・・という気になっています。が、いま、読みかけの本が数冊・・・・!?(>_<)


今年残り3時間ではもう大事件は起きないと思います。

前半は病気、後半はプールのことで毎日のたうち、「仕事に行かなければならない」という拘束感でギシギシいっていましたが、ブンユウさんのお手紙を待つ、という楽しみもできました。

来年も平穏無事に暮らせますように・・・・。

コメント

トラックバック