Google
WWWを検索 ひねもすを検索

解決しました―寺社に関するお尋ね―2022年09月09日 19時38分38秒

さきほどアップした寺社に関するお尋ねですが。
知人からの情報提供で解決しました。




千葉県成田市の東勝寺宗吾霊堂でした。
現存します→検索してみてください
江戸時代の義民・佐倉惣五郎(木内惣五郎、宗吾、惣吾※Wikipedia)を祀っているお堂だそうです。

めっちゃ腑に落ちましたよ!

桜に「宗」の文字。
佐倉→桜
宗吾→宗
だったんですね! たぶん。

屋根には他にも「宗」。


操練や普整の人たちも行軍で訪れているそうです。




浅川さんのアルバムでは香取神宮の写真と同じページに貼られていたので、その周辺じゃないかと思って探したのですが、自力では見つけられませんでした。


いやいやいや、うれしいです!(・∀・)
ありがとうございました!

寺社に関するお尋ね22022年09月09日 14時28分13秒

今年の7月18日に「寺社に関するお尋ね」という記事を投稿したの、おぼえていますか?


浅川三雄さんの飛練時代のアルバムに貼られていた写真です。
写っているメンバーから霞ヶ浦飛練時代の行軍写真ではないかと思っています。

いくら探してもどこかわからず、こことツイッターに、
「この寺社、どこかわかりませんか?」
って出したんですけど、まったく無反応でした(^^;)


同じ寺社の写真が乙15加藤海造さんのアルバムに貼ってありました。
練習生は七つボタン、階級章は飛長かなあ???? ちょっとぼやけていて見にくいんですが。
海造さんの筑波飛練時代ではないかと思います。


浅川さん写真の鳳凰。

海造さん写真の鳳凰。

同じ建物ですよね。


海造さんの方には、浅川さん写真に写っていないものも写っていました。
唐破風部分の上の瓦?。

これ、浅川さんの写真には写っていません。


真ん中を拡大します。
桜の中に「宗」って字が書いてあるように見えます。

ちなみに「宗」は他の鬼瓦にも書いてあります。
これは浅川さん写真から。


桜の中に「宗」の字、これ、すごいヒントだと思うんですよね。
でも、検索しても出てきません。
かなり立派な寺社だと思いますよ。
もしかして戦災で焼失してしまったんだろうか?
それとも戦後に建て替えしたのか?

霞ヶ浦や筑波(友部)から行軍で行くような範囲の寺社だと思うんですけどね。
他の期の練習生たちも行っている可能性大だと思います。

もし、何かお気づきの方いたらぜひご一報いただきたく。


※画像は浅川さんご家族、知人ご提供

乙2期 浦田豊四さん 追記2022年09月06日 13時46分06秒

さっそく浦田さんに関して知人から情報提供いただきました。

操練42期(霞空友部)の教員だそうです。
13年の初めごろでしょうか。でも、そんなに寒そうでもないですね。


浦田教員!
前列左から2人目。




他にも見知った方が写っていました。

乙2同期生の岡本正人さん。
艦爆の操縦員。

霞ヶ浦飛練時代の岡本さん。

岡本さんも浅川さんと親しかったようでオフショットあります。
いずれご紹介しようかと思います。



操練23期の住友清真さん。
真珠湾時飛龍艦攻隊。






浦田さん、16年6月には加賀で分隊士をされていたみたいです。




※画像はMさんご提供、ご教示感謝です。

乙2 浦田豊四さん2022年09月04日 15時00分08秒

浅川さんの写真の中で、ごくごく最初の頃に見せていただいた写真の中の1枚。


霞ヶ浦海軍航空隊での飛練時代のペア写真。
この写真には、台紙に書き込みがありまして。




椅子に座る「乙訓教員」と、後ろが左から「我」、「松元」、「浦田」です。

乙2と言えば海軍航空隊の中では大大大ベテランの部類に入ると思うのですが、その人たちの若鷲時代ですよ。
初々しいです。




「乙訓教員」。
乙訓と言えば「戦闘機の乙訓菊江さん(操27)か!」と思っていつものKさんに尋ねたところ、
「乙2の教員なら乙訓輪助さんの方でしょう」
とのこと。
輪助さん? 
操練14期。
大大大ベテランの上をいく、さらにベテラン!(゚Д゚;)
のちに川西のテストパイロットになられたそうです。
ちなみに菊江さんとは「似ている」とのこと。


浅川三雄さん。

松元龍男さん(鹿児島)
艦攻操縦

18年12月5日  582空  クレチン岬沖付近夜間索敵攻撃



浦田豊四さん(三重)
艦攻操縦

19年6月19日  601空  マリアナ沖





この時は気づかなかったのですが、浦田さん、うちにある写真に写っていました。

真珠湾攻撃直前の加賀艦攻隊総員集合写真。

おお! 浦田さん!
冒頭の飛練写真から6年半ぐらい経っています。
椅子列、飛曹長です。ベテランの風格が。



浅川さんとは同じ艦攻操縦で、アルバムに写真もけっこう貼ってありました。
紹介します。



乙2は入隊時の集合写真(私服)もあります。
昭和6年です。
加賀の写真からマイナス10年半。


本格的に予科練時代(横須賀)



卒アルから

柔道の猛者のようです。



飛練(霞ヶ浦)時代


これらはオフィシャルな集合写真から。


ここらへんは行軍かなと思います。

小田城跡ニ於テ當時ヲ偲ブ
(太字は浅川さん書き込み。以下同)

つくば市にある城跡。
なんと!
いま『鎌倉殿の13人』で話題沸騰のセクシー担当武将・八田知家(市原隼人さん)が居館を構えたことが小田城の始まりだそうです。

ちょっと検索してみたのですが、史跡整備されちゃったようで、いまはこの写真の面影はないようです。
後ろの巨木、現地に行ったらあるのかな?



筑波山神社参拝記念

小田城と同じ日ですかね。同じページに貼ってありました。
予科練生も飛練生も筑波山神社・筑波山登山は定番です。
※9期生の筑波山関連写真は見たことないですが




日立鑛山見学





成田山神社前ニ於ケル我等


延長教育(大村)時代




浦田さん、中央で何かの優勝盾みたいなものを持っています。


前に大村の山田の滝の写真を出したことがありますが、あれと同じときですかねえ?
ちょっとわからないですが。
場所の雰囲気はよく似ているような気がします。


大村時代のオフショット。
友人 浦田

友人 浦田



このあとのことはわたしは把握していません。

真珠湾時は加賀で、第1次攻撃隊水平爆撃隊の橋口喬少佐(兵56)の操縦員。

ちなみに電信員は乙7期の松本光1飛曹。

17年1月のラバウル攻撃、2月のダーウィン攻撃、3月チラチャップ攻撃までは同じペアで行動調書にお名前があります。





19年6月19日  601空  マリアナ沖

大鳳から発艦、行方不明

操:浦田豊志中尉(乙2)
偵:垂井明少佐(兵63)
電:原田克美上飛曹(偵56)  ※行動調書では「原田良美」と書いてあるようにある

天山、雷装。


※画像は9期生ご遺族、浅川さんご家族ご提供
川崎まなぶ『マリアナ沖海戦』大日本絵画

乙2 渡邊直さん2022年07月28日 21時50分34秒

知人と全然別の方の話をしていて偶然たどり着いた乙2の渡邊直さん。

乙2卒アルから


熊本県出身の戦闘機操縦員です。


知人と渡邊さんの話になって、浅川さんの写真に写っているはず、と探してみたところ、けっこう写っていました。
何が驚いたって、百里原時代の同僚だったことです。

浅川さんの百里原時代の同期生同僚は小山内末吉さん、工藤修さん、青井正雄さんだけかと思っていました。
知人の指摘で渡邊さんにも百里原勤務があるとわかりさがしたところ、何枚か写っていました。


予科練時代から
集合写真より


予科練卒アルの柔道有段者集合写真



陸上競技









霞ヶ浦の飛練時代。



行軍の写真、紹介していないような気がするのでこの機会に。
「日立鉱山」



「成田山神社前ニ於ケル我等」


この場所ですね。2017年11月。



注記なし
場所不明。





これは飛練の卒業写真かな?



飛練卒業後は、大村空、鹿屋空、11空、龍驤、鹿屋空、13空、筑波空、そして15年6月末から百里原空(『空母飛龍の追憶』より)。

飛びますが、百里原時代の渡辺さん(浅川さんの写真より)。
浅川さん(前列左端)以外、どなたが写っているのかまったくわからなかったんですが(^^;)

前列右端が渡邊さんでした。

少し前に某オークションサイトにこれとまったく同じ写真が出品されていまして。
ほぼ劣化ナシの写真でした。それを見て初めてみなさんのお顔がわかったという(^^;)
渡邊さんのことが知人との間で話題になったときに見返したら、しっかり写ってはりました。




この写真、紹介しましたかね?
昭和十五年百里原海軍航空隊第二士官室

特務士官の方々です。
かなり高齢な方(白髪?)もいらっしゃるようだし、人数からも、航空科以外の人も写っているのかもしれません。
若そうな人たち(←印象です)の中には乙1か操練出身の搭乗員がいるのかも。

渡邊さん。

他の乙2の空曹長の方々。
浅川さん。

青井さん。

小山内さん。

既に転出されたのか、工藤さんのお顔は見当たりません。




この写真は前に出していますよね。
ただ、ちゃんと紹介していないと思いますが。
注記がなかったので場所・時期不明ですが、土浦周辺で行われた雄飛会(慰霊祭か?)ではないかと思っている写真です。
筑波とか百里原、谷田部で教員をしていた乙飛生が写っています。
イス列の一般人の中に予科練の倉町先生のお顔も。


渡邊さん。

この写真だけでは筑波時代なのか百里原時代なのか判別は困難です。ただ、渡邊さん、浅川さん、小山内さんが一か所に固まって写っているので、わたしとしては百里原時代かな?なんて思っているのですが。

すごくいい写真です。さらに研究してみます。






17年6月5日  6空  ミッドウェー海戦(飛龍便乗)





※画像は浅川さんご家族ご提供