Google
WWWを検索 ひねもすを検索

大学生活のことあれこれ2022年07月14日 23時03分45秒

最近、某宗教団体のことが話題になっていますね。

大学入学直後に最寄り駅の前でお姉さんに声をかけられたことがあります。
田舎から出てきたばかりというのが丸わかりで、ひとりでぼーっと歩いていたんだろうと思います。いかにも”カモ”って感じで。
その人、めっちゃフレンドリーなお姉さんで、立ち話して名前と住所を教えちゃったんですよね。
”会”に誘われたけど、さすがに断って帰りました。


後日、その話をサークルの先輩にしたら、
「それ絶対ダメなやつ」
と、ついて行ったらどうなるのか聞かされ恐れおののきました。
ストレートな宗教団体名や、それ関連とわかる名前は使わずに誘ってくるんだと。そのときもそうでした。

名前と住所バレちゃっているし、しばらく戦々恐々としていました。

が、結局、それ以降、向こうから接触してくることはありませんでした。
駅前でも会わなかったし。

住所を調べたら6畳一間のボロアパート(めぞん一刻みたいな)だったので、「価値ナシ」と判断されたのでしょうかね(^^;)


そういう経験をしているので、春海がコロナがひと段落して通学を始めたときは、口を酸っぱくしてそのことを注意しました。
・ひと目で新入生とわかる服装・挙動は避けるように
・声をかけられても基本無視
・万一つかまっても絶対に個人情報は教えないこと
などなど。

それでもつかまりましたけどね(´・ω・`)
これ、書きましたっけ?
駅前で化粧品のセールスにつかまったそうです。
メイクモデルになってください! ○○円のところ●●円で!――みたいな話だったそうです。
けっこう名の知れた化粧品会社ですよ。ダメですよ、こんなことしちゃ。信用なくします。
ちゃんと断って帰ってきたのでよかったですが。

まあ、でも、わたし的には「声をかけられる」って時点でコワいです。
ふだん春海がジャージとかトレパンでウロウロしていると不満そうにここに書いていますが、新入生狙いの勧誘対策としては、わたしはこっちの方が安心なんですよね。
新入生には見えんから(笑)







とかって思っていたら、今日、帰宅するやいなや、リュックの中からミネラルウォーターのペットボトル4本と大学名入りプラボトルを取り出した春海。
「なんやそれ、どうしたん?」
「大学内で自動車学校の人にもらってん♪」

orz

大学公認で大学内で営業している自動車学校があるんですよ。どこの大学もあるでしょう?
そこの人に声をかけられて、営業かけられて(「免許持ってる?」とか聞かれたらしい)、モノをもらって帰って来たんですよ。

ただよりコワいものはないからね。
なんでももらってくんな(←男からも)!
と言ってあるんですが・・・・。

本人は、自動車学校やし、大学公認やしええやん、とか言ってるんですが。



あと、友だちからバイトに誘われたら、絶対に親に言いなさい、てのは言ってあります。

大学の卒業式2022年03月24日 17時33分05秒

さっき、夕方のニュースを見ていたら、今日、卒業式だった大学の映像が流れていました。

ご卒業のみなさん、おめでとうございます。


そういうシーズンですね~。
わたしが大学を卒業してちょうど30年ですよ~(遠い目)


30年前の写真、出しておきますね~(・∀・)

何度か書いていると思うのですが、わたしの大学の卒業式の思い出――

遅れて行ったら満員で会場に入れなかった(爆笑)

しかたがないので外で終わるのを待ち、出てきた友だち(サークル友)と写真だけ撮りました。
それがコレ↑

あ?
どれが土偶BBAかわからないって?
左端です。
当時はまだ土偶ではありませんでした。






ところで、昨日ブログに、食洗器内でグラス割って大惨事!って記事をあげたばかりですが、昨日の夜も大惨事に見舞われました。

ごはんを炊こうと思って、計量カップに入ったお米をおかまに移そうとしたとき、カップがおかまの縁に当たってお米が作業台と床に散乱してしまいました。
ごそっと拾い集めると、お米以外のものも拾いそうだったので一粒ずつ拾いました。

学生時代に猿が出没するある自治体職員さんから聞いたのですが、里に下りて来ないようにするために、奥の方で穀物の粒エサを与えるって言っていました。一粒ずつ拾って食べるから食べ終わるのに時間がかかって下りてこないって。

昨日は散らばしたお米を拾いながらサルになった気分でした。



その後、今度は冷蔵庫から豆腐(真空パック)を取り出そうとして床に落としてしまい、角がへこみ豆腐がつぶれてしまいました。



お米の件は注意力欠如か遠近感的問題かなと思うのですが、グラスの件と豆腐の件はさっきピコーンとひらめきましたよ!(・∀・)

たぶん指先の潤いがほぼ0状態。
なんか最近指先がスルスルするんですよ。頻繁にハンドクリームをこすりつけているのですが、それでも洗い物などした後は指先がスルスルになっています。
モノをつかんだときにまったくひっかかりがない。

「お疲れでは?」
と心配してくださる方もいらしたのですが、原因はこれです、たぶん(解決)。

桑田くん2019年12月10日 10時02分08秒

わたし、インスタしているんですけどね。

非公開で、フォロワーもあまりいません。十数人。

フォローしているのもその人たち+2件。

1件はケロ子(正式名 かえるのピクルス)のアカウント、もう1件はMattのアカウント。


Matt!?

みなさんご存じでしょうか?

あの伝説のエース・桑田真澄くんの息子さんです。



じつはわたし、高校時代、PL桑田くんの大大大ファンでした!
投げてよし! 打ってよし! 守ってよし!
当時の噂によると、勉学もおろそかにしていなかったとか?
文武両道、すばらしい!


高校時代の生徒手帳↓
桑田くんの新聞切り抜き(笑)



んで、Mattのインスタもフォローしています。
が。
Mattもピクルスもけっこうな頻度で更新していて、わたしのインスタがMattとピクルスだらけになってしまうので、アカウントをもうひとつ作ってそっちで見たいときに見ています(^^;) スイマセン

最近、Mattのインスタに桑田くんが登場したんですよ!
歓喜しました!!
これからもどしどし登場してほしいです。

あの二人が親子ってのがとてもおもしろい(笑)


全国ニュースで流れているかどうかわかりませんが、桑田くん、PLのOBチームでマスターズ甲子園で投げたりしているんですよ。
関西の情報番組ではたまに桑田くんのいまの雄姿が見られます。
甲子園のマウンドで投げているアラフィフの桑田くん💕
高校時代がよみがえります。ユニフォームもPLだし。
テレビの前で一人で興奮しちゃっています(*´ω`)

発掘バイト2018年03月07日 23時00分22秒

先日卒業したばかりの春海の先輩たちがアルバイトの話をしていたそうです。

「発掘のアルバイトって日当2万円で、まかないつきらしいで」




「まじかっ!?w( ̄Д ̄;)w そんなところがあるならわたしが行きたいわ!」

と、叫んだのはママ(笑)


いくらあれから30年ほど経っているとはいえ、いくら売り手市場になっているとはいえ、2万円はねーですわ(;´Д`)

かれらがこれから先、うまい話にとびついて騙されないか、とっても心配になりました。



わたしも何か所か文化財関係のアルバイトをしたことがあります。

大学受験が終わってからの春休みは宮崎県の埋文センターで整理作業(縄文土器洗いだったか?)をさせてもらいました。

大学の2回生になってからは自治体の発掘調査のアルバイトに通いました。
それは卒業するまで行きました。
最初は現場でした。
最後の方は整理作業の方に行っていました。

帰省したときに、宮崎県の現場に参加させてもらったこともありました。
地下式横穴を崩してスイマセンでした。

大学を卒業してからも2年間、文化財関係のアルバイトをしていました。
このときはほとんど図面描き。
就職が決まってからちょっとだけ現場にも出ました。

が。

2万どころか、1万もなかったです(^^;)

当時は「バイト」というより「勉強」と思ってやっていたんで、まったく不満はありませんでした。
不満どころか、家庭教師には劣りますが、学生バイトの中ではけっこういい方だったんじゃないですかね。

もちろん、交通費、お昼ごはん、自腹です。


2万くれるところはないだろうけど、発掘現場は楽しいよ。
体力が有り余っているなら、おすすめする(笑)

むにゅ2017年08月06日 20時07分11秒

今日はカレーをしました。

春海に野菜を食べてもらいたいので、タマネギ、ニンジンだけではなく、ナスやブロッコリーも。


ブロッコリーって、けっこう虫いません?
以前、房の中から数ミリの何かの幼虫が出てきたことがありました。


なので、ちょー気をつけています。
まず、買うときに、外から見て虫がついていないか。
そしてよく洗う。その時点で出てくるかもしれないし。



今日はですね(^^;)
包丁で房に分解しているときに、にょっと出てきたんですよ。
あっちが出てきたというより、包丁で切って房を取り除いたところにうずくまていたんですよ。数センチのでかいのが!
左の中指で思いきり触っちゃいました。

むにゅっと、明らかにブロッコリーと違う感触だったのでじっと見てしまったんですよね。

でっかい幼虫が丸まっていました。



ぎゃあああああああ!!!!<( ̄□ ̄;)>



↑×3か4ぐらい。

これでもかってぐらい叫びました。


叫んだだけでは飽き足らず、台所からリビングに逃走。

10000メートル泳いで疲れ果てて寝ていた春海がママの悲鳴で飛び起き、わけがわからず一緒に、


ぎゃあああああああ!!!!<( ̄□ ̄;)>



ふたりともにパニック。




「どしたん!? どしたん!?」

「ブロッコリーにでっかい幼虫がおった!! 触ってもうたー!!」

「いやー!!。゜゜(´□`。)°゜。」




冗談抜きでマジで寿命が縮みました。

いまだに左の中指にあの虫の感触が残っています。

うわーーーーーん( ;∀;)



幼虫、大嫌いなんですよ。







学生の頃も一度同じようなことがありました。

当時、おんぼろアパートの1階に住んでいました。
壁の薄い、6畳一間の単身者用アパート。
めぞん一刻みたいに、玄関が一つあって、そこで靴を脱いであがるんです。廊下の両側に部屋が並んでいて。


ある日、大学から帰って来て、窓の外に干していた洗濯ものを取りこんだら、洗濯ものにでっかいイモムシがついていたんです。



ぎゃあああああああ!!!!<( ̄□ ̄;)>




叫んだらすぐに隣りのおっちゃんが、


「どうした!? 大丈夫か!? 大丈夫か!?」

と飛んできてくれました。



学生アパートではなく、一般のアパートだったので、夜勤しているおっちゃんとか、正体不明の中年兄弟とか、タクシー運転手の夫婦?とか、いろいろいました。

隣りのおっちゃんはたぶん夜勤ありの工場勤務のおっちゃんで、あのときは昼間に家に居たんじゃないかと思います。

何度かミスドのポイントで集めた食器やバッグをもらったことがあります。
いまも食器棚に入っているんじゃないかな?
名前も知らないおっちゃんでしたけど。


壁が薄くて、隣りの男子大学生と彼女がしている声が聞こえたり、向かいのタクシー運転手夫婦が昼間からしていたり、プライバシーのないひどいアパートだと思っていましたが、幼虫事件のときだけは、

「何かあったら隣のおっちゃんが助けてくれる」

と心を強くしたものでした。




なんか今日は、名前も知らなかったあのおっちゃんのことを思い出したのでした。