Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙8期 坂本四月さんの戦没状況2022年03月10日 16時42分08秒

先日、『辻堂演習写真⑦』で紹介した乙8期の坂本四月さん。
高知県出身の中攻操縦員です。



戦没場所ですが、同期生会誌では「マレー方面」、雄飛会戦没者名簿では「西カロリン諸島方面」になっていて、行動調書も見つけられなかったことからその2つを併記しておいたのですが、あの後Kさんからメールをいただきまして。

「たしか『予科練外史』に小南良介さん(乙8、当時高雄空で坂本さんと一緒だった)の絵日記が紹介されていたような・・・・?」
と。

予科練時代の小南さん。

すぐに『予科練外史』を探しました。
4巻に、坂本さんの戦死時のことが図入りで載っていました。

17年2月7日。
高雄空陸攻隊はホロ基地→ダバオ基地→ペリリュー基地(パラオ)→トラックと移動中だったそうです。
『いよいよ二月七日早朝、トラックめざしてペリリュー基地を発進、一路東へ進む。船も、島も、空飛ぶ鳥も見えず、唯雲ばかりの洋上を、基地物件を満載した飛行機群は、強い陽光に銀翼を輝かせながら快翔を続ける。
機上では一一三〇頃航空弁当を開いた。竹皮包みの麦飯に里芋と魚と漬物のお菜。双樹席に座ったまま、綿のように浮かぶ雲の波を眺め、緑色の大海原を見下ろして味わう麦飯の味は格別であった。
北緯七度の線上を、東へ、東へ、ゆるぎない編隊陣で進んでいるうち、突然、一二五五、一小隊の二番機が、一番機の渦流内に吸い込まれて、右翼と右プロペラで一番機に空中衝突をしてしまった。
次は後日、ラバウルの陸攻隊の宿舎で、小南から聞いたそのときの状況である』
として、例の図(手書き)が掲載されています。
2機の接触の状況です。

こんな感じの絵です。※黒が小南さん図の元の書き込み。赤がわたし書き込み
たぶん上図が2機の接触時の状況で、下が接触直前の編隊3機の位置関係なのかなと思います。
小南さんの飛行機はもう少しまるっこくデフォルメしてあり、わたしが描いたものは一式陸攻の平面図をトレースしたものなので、若干位置関係がずれています(飛行機接触時の図。わたしの図では右翼で切ったように見えますが、小南さんの図ではもう少しプロペラが切断面に近いです)。




衝突地点はササオン島の170度6浬と書かれているのですが、「ササオン島」がどこなのかわかりませんでした。が、小南さんは丁寧にササオン島の緯度経度を「7度N、147度E」と書いてくれているので、おおよそこのあたりだろうという地点に×をつけています(下の地図)。



小南さんの絵日記では発生時刻は午後0時五十九分。
(1番機)『接觸ト同時ニ機首ヲ上ゲ墜落(死体収容シ得ズ)』
(1番機の胴体が切断された図から・・・・を引っ張り)『切断(胴体日ノ丸ノ所)二番機プロペラにて斬る』
『(一)、二番機ハ共ニ機首ヲ揚ゲ危険状態ニ入リタルモ、辛ジテ墜落ヲ免レ無事基地ニ飛行セリ
(ニ)、墜落現場海上は油の流れるのみにて機体及び死体發見し得ず。翌日捜索セルモ依然發見シ得ズ』


衝突された側は全員戦死しているのでそのときの様子はわかりませんが、何が起こったかわからないまま飛行機が落ちていったのではないかと想像します。



小南さんの話「坂本は実に惜しいことをしました。あいつは開戦の朝は私とペアでクラーク飛行場攻撃に行ったのですよ・・・・」(『予科練外史』)

小南さんと坂本さんは同県人ですし、操縦で機種も一緒、実施部隊でも一緒。
小南さんにとってさぞ縁深かった一人だろうと思います。


このあと無事にトラックに到着した高雄空面々は4空に編入されラバウルへ。
2月20日にはニューギニア沖航空戦で甚大な被害を出してしまいます。
小南さんは辛うじて生還。




8期が予科練2学年時秋、ラグビーの試合を見学したときの写真に坂本さんが写っていたので。





※画像は9期生ご遺族ご提供、倉町秋次『予科練外史』4巻参照、図は小南良介さん絵日記をもとに作成

辻堂演習写真⑦2022年03月07日 21時53分15秒

松本さんの写真の中にあった辻堂写真。

9期は6班の一部と7班の一部。
8期は操縦分隊7班の一部です。


この写真、上原定夫さんが右手で銃を握り、左手で女の子を抱いているんですよね(^^;)
ふつうなのかな?
わたしはビックリしたんですけど。







前列(地べたに座る)左から
9期 関川文雄さん(37分隊7班)

戦後生存



8期 今井一三さん(操縦分隊7班)

戦後生存



8期 根津弘史さん(操縦分隊7班)

17年8月24日  三沢空  カ号作戦に於ける索敵哨戒 行方不明未帰還(※戦闘行動調書)


  
9期 上原定夫さん(37分隊6班)

戦後生存



9期 桜井正夫さん(37分隊6班)



中列(膝立ち)左から
9期 山下栄松さん(37分隊7班)

戦後生存



9期 金成懿さん(37分隊7班)



9期 松本勝正さん(37分隊6班)



教員



8期 山足盛男さん(操縦分隊7班)

戦後生存



8期 坂本四月さん(操縦分隊7班)

17年2月7日  高雄空  マレー方面(※同期生会誌)
                 西カロリン諸島方面(※雄飛会戦没者名簿)
                 ※戦闘行動調書は見つけられず
※Kさんからのご指摘で戦没状況が把握できました。20220310



後列(立ち)左から
9期 下釜又男さん(37分隊6班)

戦後生存



8期 玉島照夫さん(操縦分隊7班)

20年1月20日  901空  ルソン海峡(※同期生会誌)

雄飛会戦没者名簿によると、戦没場所がツゲガラオ残留搭乗員乗機バシー海峡上敵機と交戦被弾自爆ということになっています。比島―台湾で戦没されたということでしょうかね。
同期の小南良介さん(操縦)も同じ戦没状況。同乗していたのか、別々の機で撃墜されたのかは把握していません。



8期 宮本良策さん(操縦分隊7班)

20年5月7日  352空  沖縄方面(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)

『日本海軍戦闘機隊』2巻末の名簿にはお名前がないのですが、戦闘機搭乗員みたいです。
検索したら20年4月の笠野原の戦闘詳報が出てきました。352空だったら一木さんの同僚ですね。同年兵だし、もしかしたら覚えてはったかも・・・・。話を聞いておけばよかった。



9期 前川重美さん(37分隊6班)







※画像は9期生ご遺族ご提供

辻堂演習写真⑥2022年02月24日 11時49分05秒

9期池田和義さんのアルバムにあった辻堂宿舎写真。

おうちの奥さんらしき人と息子さんらしき人も一緒に写っています(縁側)。
後ろに写っているのは洋風の建物です。残っていないかなとネット検索してみたのですが、見つけられませんでした。



前列左から
9期生 38分隊10班
わたし、この人のことブログに書いていないですよね?
ブログ本文右欄の「乙9期その他」のリンク先に「ST」と書いている人です。
14年3月に予科練をやめています。
九期生名簿にも『予科練外史』名簿にも生存者手記等にもお名前がないので、ここにもお名前を出していません。
ただ、9期生として予科練に入隊し、9ヶ月は頑張ったんですよね・・・・。その後、どうされたのだろうなあ。


9期 蒲田栄作さん(38分隊11班)


9期 遠藤秋章さん(38分隊10班)


8期 林忠雄さん(偵察分隊11班)

18年1月30日  751空  レンネル島沖海戦(※戦闘行動調書)


9期 岡田温次郎さん(38分隊10班)


9期 国見新太郎さん(38分隊11班)


9期 池田和義さん(38分隊10班)



中列(中腰?)
9期 浅沼正信さん(38分隊10班)



後列左から
8期 作田三郎さん(偵察分隊11班)

18年11月20日  802空  南洋群島(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)

この日の行動調書は探したのですが見つけられませんでした。そのかわり、当時同じ隊で同じ攻撃を受けた9期本間猛さん(旧姓石塚)の手記にこの時のことが描かれていました。
攻撃を受けたのはヤルート基地、18年11月20日夜明け前。索敵任務の飛行艇(6機)の離水時を狙われました。
本間さんは火災を起こして燃えさかる一番機から海中に脱出。
三番機の作田さんも銃撃された後、海中を一時間ほど泳いだ末救助されましたが、腹を撃たれていて、
「翌朝未明に不帰の人となった」

もし、本間さんの記述が正しければ戦没日は「11月21日」ということになるのでしょうか。
どちらが正しいのか、わたしにはちょっと判断できません。


8期 伊藤正則さん(偵察分隊11班)

17年2月20日  横浜空  ニューギニア沖航空戦(索敵触接中行方不明)(※戦闘行動調書など)


8期 山崎力義さん(偵察分隊11班)

戦後生存


教員


8期 小野寺勝男さん(偵察分隊11班)

17年8月7日  横浜空  ツラギ(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)


8期 高野義雄さん(偵察分隊11班)

17年6月5日  隼鷹  アリューシャン(ダッチハーバー攻撃)(※戦闘行動調書など)


8期 芦野正男さん(偵察分隊11班)

不明(※同期生会誌)


8期 笠原義隆さん(偵察分隊11班)

16年5月21日  美幌空  中支(中国蘭州)方面(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)


8期 長谷川進さん(偵察分隊11班)

15年12月20日  蒼龍  横浜  事故殉職(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)




自分では同期生会誌と雄飛会戦没者名簿、あるいは手記などで確認したつもりでも、「どれも誤記だった」みたいなこともあったので、戦没状況の出典を書いておくことにしました。

同期生会誌と雄飛会戦没者名簿が出典になっているものは戦闘行動調書(アジア歴史資料センター)でのウラがとれていないものです。
たとえば飛練中・訓練中の殉職とか、玉砕してしまった戦闘などでは戦闘行動調書として状況が残っていない、あるいは戦闘中の戦死であってもその隊の行動調書が見当たらないとか、その時期の分だけないとか、ままあります。そういうときは同期生会誌・雄飛会戦没者名簿の記述をそのまま書いています。けっこう間違いがあるみたいなので、もしかしたら間違っているかも・・・・。あとで訂正することがあるかもしれません。



※画像は9期生ご遺族ご提供

ウェーク島攻撃二日目2022年02月11日 14時15分15秒

16年12月23日、二航戦のウェーク島攻撃、二日目。


その日の蒼龍艦攻隊・島田清守さんのペア。
操縦・木村正2飛曹
偵察・佐々木隆寿3飛曹
電信・島田清守3飛曹


ここに島田さんがその日の様子を書き残しています。
前日(22日)の体験が壮絶すぎたのか、ややさらっと書いているような印象もありますが・・・・。



島田さん日記の解説で触れていませんが、23日のペアの操縦員、8期の木村正さんでした。
辻堂宿舎写真に写っていました。

乙8の木村さんが操縦、乙9の佐々木さん、島田さんが偵察、電信という乙飛先輩後輩ペアでウェーク島二日目の攻撃に向かったのですね。



日記を公開するために11月の末か12月の初ぐらいに編制表を自分で打ち込んでいるはずなんですよね。
なんでこういう大事なことをとりごぼしてしまっているんだろう?orz

木村さんのお顔を把握したのは町元さんの卒アルなのでひと月後ぐらい。
ふつうは覚えているよね。
今回、掲示板を見返していて、さらに自分のブログ記事やHPの島田さん関連を見直していて気づきました。

島田さん蒼龍時代日記、何か所か訂正しないといけない箇所を見つけているので、訂正するときに木村さん画像も追加しようと思っています。




ちなみに木村さん、真珠湾攻撃のときは、年末の真珠湾特集でよく取材を受けていた吉岡政光さんのペアの操縦員でした(雷撃隊)。


※画像は9期生ご遺族ご提供

当時の掲示板を見返していたら・・・・2022年02月10日 15時58分13秒

本当にまったくもってけしからん話です(; ・`д・´)


昨日の何だコレミステリーで島田さんの掲示板の再現VTRが流れるということだったので、
「あれ、最初の方ってどんな話だったっけ?」
と、放送に備えて復習のために掲示板を見返していました。

見返していて大変なものを見つけてしまいました。


これなんですけどね。

島田さんがアップした写真に色付けしてみたよ、ってネット民の一人がこれのカラー化写真をアップしていました。
(どこかに島田さんがアップした元写真もあったはずですが、わたしが気づいたのはカラー化写真の方)

「なんだ、これはー!?(゚Д゚;)」

最近私のブログを見てくださっている方はお気づきでしょう。
これ、辻堂演習の宿舎写真ですよ。

わたしは9期生の写真検索用フォルダを作っていて、9期関連の写真はすべてそこに入っています。そしてそれらはすべて構成要素をタグ化してあり、検索をかければ関連画像が一発で出てくるようにしてあります。

たとえば、「下士官一種」と入力して検索をかけたら、下のように9期生の下士官一種関係写真がずらずらと出てくるようになっています。
もちろん個人名でも検索できますし、階級でも航空隊でもできます。行事でも検索できます。操偵検査とか辻堂演習とか。

9期生を網羅しているはずのこの9期検索フォルダに、さっきの島田さんの辻堂宿舎写真がないんですよ。
タグ付け忘れとかではなく、このフォルダに入っていない!



「もしかしてスキャン撮り忘れている!?」
焦っちゃって、島田さん個人のフォルダ(全部集めた検索フォルダとは別に、9期生個人のフォルダもある)を探しました。
何度か行かせていただいていて、その訪問ごとにフォルダ作っています。

ありましたー!(>_<)

2回目の訪問時のフォルダに入っていました。
過去記事を探したら、スキャンさせていただいた直後ぐらいに「辻堂宿舎、8期生と9期生」みたいな感じでさらっと紹介していました。

当時はまだ詳細に見ていなかったんでしょうね。

いま見たら、写っている9期生は島田さんの4班員の一部。
8期生の中に、中仮屋国盛さんがいるんじゃないか?

これまた笑顔すぎて難易度高いです。


この写真、とりこぼしてしまっていました。
他にもあるんじゃないかと思ってたまに9期生個人のフォルダの、スキャンしてきた元画像を見直しているんですけどね・・・・。ありますよね、ときどき。
ホント、へこみます。


9期の辻堂宿舎写真、前に9グループ分ある、と書いたと思うのですが、10ですね。

9期1班隅倉さん分(庭)
9期1班坂田さん分(庭)
9期2班萩谷さん分(庭)
9期4班島田清守さん分(室内)
9期5班藤原さん分(縁側、室内)
9期6班松本勝正さん分(庭)
9期10班池田さん分(庭)
9期11班島田直さん分(縁側)
9期12班羽藤さん分(庭)
9期14班石川さん分(庭)

全部で11枚。

島田さん分も早急に照合作業して出せそうなら出します(8期生がかなり困難)。




そんな流れでブログの島田さん関連の過去記事も見返していたのですのですが、他にも当時、わけがわからないままブログに書いてしまっていたことを見つけてしまいました。
いま見たら、
「もしかして、これって○○さんのことでは・・・・?」
な記述。

また書きます。


※画像は9期生ご遺族ご提供