Google
WWWを検索 ひねもすを検索

隼鷹の甲斐巧さん2023年06月25日 10時02分36秒

まったくの別件で知人Hさんとちょっとやりとりしていたんですが、そのときに、
「乙8の甲斐巧さんが写っている写真ってなかったですか?」
って聞いてみたら、探してみますと言われて、しばらくして「ありました」と送ってきてくださいました。

「おおおおお!」

送ってくださった写真は隼鷹艦戦隊の集合写真で、見たことがある写真でした。
戦後の戦友会発行の書籍に掲載の写真と同じものでした。

わたしが見たものは全員の名前が下の余白に書かれていたもので、甲斐さんのところにもちゃんとお名前が書かれていました。

それと同じ写真でしたが、今回送っていただいたものはHさんが持ち主の方から直接借りてオリジナル写真を複写したもので、書籍の写真のようにドットではありません。
写真に直接お名前が書き込まれていますが、何人かお名前がありません。
甲斐さんはありました。


甲斐さんや、甲斐さんや。


でもなんか、書籍の写真とちょっと違うような気がしました。
うまく言えんけど。
オリジナルのなめらかさとドットの写真の違いかな。なんかビミョーに表情が違うような気がする。


と思って拡大して見比べていたのですが、いくら見ても違和感の正体がよくわからない。

他の部分を見てみたら・・・・。


「あ! 甲斐さんの指が!」
↑書籍の写真

↑今回のオリジナル写真

前に座っている搭乗員で隠れている甲斐さんの手が、書籍の写真と今回の写真で見えている範囲が違う!(゚Д゚;)

他の搭乗員はどうだ?
と思ってよく見てみたら、姿勢が違う人とかいました(^^;)
甲斐さんはほぼ同一姿勢。前の搭乗員が動いて、指の見えている範囲がかわってしまった、って感じでしょうか。

1枚撮った後続けて、「もう1枚」と言って撮ったんだろうなと思います。


ということで、この2枚は別の写真であるということがわかりました。

こういうのめっちゃうれしいんですよ。

人生のある一瞬を切り取った写真。
それを焼き増しして2枚―――もたしかに意味があります。どなたが所有していた写真であるかとか、あるいはまったく同じ写真であってもどなたかの書き込みがあるとかないとか。

今回は違う瞬間を切り取ったものであったとわかってすごく喜んでいます。
わかるかな~、この感じ。


※画像はHさんご提供

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック