Google
WWWを検索 ひねもすを検索

飛行服の戸塚道太郎少将2022年10月01日 23時03分25秒

わけあって戸塚道太郎さん(兵38)の写真をネットで探していたのですが、wikiの経歴を見ていたら昭和13年に「横須賀海軍航空隊司令」と。

「あれ?(^^;)」

灯台下暗しとはまさにこのこと。
複数の9期生のアルバムに写真が貼ってありました。
「横須賀海軍航空隊司令 戸塚道太郎少将」と名前を書き込んでいる練習生もいました。
追記で「渡洋爆撃の親分とはちょっと驚くだろう」とも。









なんで戸塚さんの写真を探していたかというと・・・・。

ある集合写真に写っている飛行服の少将が、
「戸塚道太郎さんじゃないのか?」
と思い、確認したいと探していました。
顔を見て「戸塚さん?」と思ったのではなく(9期生のアルバムに貼ってあったことは忘れていた)、この集合写真に写りうる「少将」って誰?と考えて戸塚さんに行きつきました。

この人↓
この集合写真で一番のオエライさん。イス列の真ん中に座っています。


注目したのは戸塚少将が飛行服に身を固めていること。
将官の人も移動とかで飛行機に乗ることはあると思いますが、飛行服を着ている写真ってわたしは見たことないです。

さらに階級章。
飛行服にこんな階級章がついているの、わたしは初めて見ました。
軍装などに詳しい知人も「めずらしい」と言っていました。

ちなみに左隣の方は大佐の階級章をつけている人ですが、救命胴衣まで装着しています。また今度紹介します。

この日、戸塚さんがこのかっこうで実際に飛行機に乗ったのかどうかはわかりません。
この集合写真のために着ただけかもしれません。
そこらへんはちょっとわからないです。


この集合写真、写っているのは兵から少将まで。全員飛行服・飛行帽です。
マフラー有り無し、救命胴衣有り無し、落下傘の縛帯を装着している人も。
なかなか興味深い集合写真で、いまどなたが写っているのか調べているところです。何人かはわかったのですが、もともとお顔を知らない人がけっこういて難易度高いです(^^;)


※画像は9期生ご遺族、Oさんご提供

コメント

トラックバック