Google
WWWを検索 ひねもすを検索

たぶん瑞鶴派遣艦攻隊2022年04月13日 14時54分08秒

いつもお世話になっている知人の方から、乙15、飛練29期(筑波空)の搭乗員の写真を見せていただきました。

いまから思うとすごい不思議な話なのですが、最初聞いたときは、
「乙15は知っている搭乗員さんはいないけど、もしかしたら飛練の教員に9期生がいるかもしれないので見せていただきたいです」
という感じで返事をしました。

その後で、写真の主の名前を教えてもらいました。
その名前を見たとき、我が目を疑いました。
「あっ!?(;゚Д゚)」
マジで声出ました。

ウソやろ、と思ったんです。

数ヶ月前に、いつものKさんとメールをしていました。
話題は9期生のことです。そのとき、どういうわけかKさんが、
「海軍の搭乗員でふたごがいる」
みたいな話題を出して、おふたりのことを教えてくださったんです。
9期生とはまったく無関係の人たち。

今回の写真の主・乙15出身の搭乗員の方がまさにそのふたごのお兄さんの方だったんです。


いやあ、もうびっくりしたのなんのって。

こんなことある!?って思いました。

Kさん情報ではお二人とも戦死されているとかで。

今日はとりあえず名前は出しません。
(出すかどうかは今後考えます)
「お兄さん」「弟さん」で説明しますね。

知人の方が写真を送ってきてくださいました。
お兄さんのお名前のあるアルバムです。
ふたごのツーショットはあるかなと思って探しましたが、見当たりませんでした。
本人のお顔はほぼつかめました。

9期生も写っていました。
お兄さんは戦闘機なのですが、大分空の飛練修業記念写真らしき集合写真の教員列に川崎助男さんが写っていました。
「助さん!( ;∀;)」
9期生を見つけるとうれしいです。知っている人と再会したみたいで。
今日はそれが本題ではないので、川崎さんはまた今度。


今日の本題はこれです↓。
実施部隊らしき集合写真。

本人は?
わたしの認識が間違っていなければたぶん、これ。

前に藤本速雄さんの写真で、マリアナ沖海戦前の訓練地での集合写真を見たのですが、同じような雰囲気でした。
「601空か!?」
と思って、戦闘機搭乗員に詳しい知人に見てもらいました。具体的には、
「これ、〇〇さんじゃないですか?」
と601空のベテラン搭乗員を名指しで聞いたのですが、
「違うようにある」
との返事。
「(仕事なので)夜ゆっくり見ますね」
みたいな感じで今日の日中に突入。

「そうだ。Yさんにも聞いてみよう」
こういうのにめちゃ詳しいと思われるYさんにも写真を見てもらおうと送ってみました。

「この写真、見たことないですか?」


送った後で、弟さんの方も気になり始めて、弟さんが所属していた18年11月ごろの瑞鶴の行動調書を見始めました。

「あれ?」

18年末から19年初の瑞鶴って、先日ブログに書いたばかりの8期の根食貞憲さんや偵練38期の森本敬司さんがいらしたみたいなんですよね。
もっというと、7期の大迫留彦さんや大江道大さんのお名前もありました。
「みんないるやん」
と思い、集合写真を見返してみたところ・・・・。

いらっしゃるんですがっ!?(;゚Д゚)




偵練38期 森本敬司さん


7期 大迫留彦さん

大迫さん飛練時代


7期 大江道大さん

大江さん予科練時代



「待て待てー! 瑞鶴の艦攻隊ということは写っているのは兄じゃなく弟の方か!」
どうやら艦攻操縦員の弟さんの方らしい。

で、アルバムを見返してみたんですが。どうも、兄と弟の写真が書き込みなしでバラバラに貼られているっぽい(^^;)
しかも、激似。
わたしはよく「他人の空似」をやらかしてしまうのですが、これは他人ではなくふたご。
空似ではなく、本当に瓜二つなんですよ。

わたし、高校のときに同じクラスに一卵性のふたごの男子がいましたが、ちゃんと区別はついていました。どっちかに好意を持っていて特別じろじろ見ていたとか、そういうわけじゃありません。
ふたごといっても何となく違うもの。
しかしね。今回のふたごさんたち、めっちゃ似ているんですよ。
どこで見分ければいいのっ!?

とりあえず、見分けるポイントを見つけたので(顔ではない)、それが写っているものに関しては「これはお兄さん」「これは弟さん」とフォルダーにわけています。別々にじっくり見て顔で見分けれられるようにします。




そうこうしているうちにYさんから返事がきました。

「拙著(『流星戦記』)の42ページに掲載している写真です」

「あああっー!?(;゚Д゚)」ですよ、ホントにもう。
その本、持っています。
すぐに見ました。ありました。穴があったら入りたいですorz
よりによってYさんに聞いてしまうなんて。
いや、Yさんに聞いてよかったです。

Yさん(イニシャルの必要はあるのか?)は、写真提供者の方から二航戦の集合写真と聞かれていたみたいですが、Yさん的には再考の必要ありと思われていたようで。
「ママさんの見解は?」
と聞かれたので、じつは瑞鶴の行動調書に・・・・という話をしたところ、今日のタイトルの返事が来た、と(^^;)
「たぶん瑞鶴派遣艦攻隊」
Yさん曰く、”謎の組織”らしいですよ(; ・`д・´)

わたしが「謎の組織だったらブログに書けない」って言ったら、ちゃんと考えてくださいました。

「ろ号作戦後、第1航空戦隊飛行機隊が第601海軍航空隊の編成準備に入った際に、選抜されてラバウルへ進出した兵力」

らしいです(Yさんご教示)。


Yさんの本にお名前があった搭乗員の方。
普電練55期 村上則明さん

普電練55期 橋本真二さん


場所はどこでしょうね?
ラバウルかブーゲンビルかも、という話でしたが。
行動調書を見たらブナカナウと書かれているものもあったので、まあ、あの周辺なのでしょう。



搭乗員さんの写真などを見ていると、本当に不思議なことがたびたび起こります。
写真を見せてくださった知人の方も、KさんもMさんもYさんも、ありがとうございます。
そしていつも頼ってばかりでスイマセン(汗)



※画像は7期生ご遺族、浅川さんご家族、知人ご提供

コメント

トラックバック