Google
WWWを検索 ひねもすを検索

辻堂演習写真⑥2022年02月24日 11時49分05秒

9期池田和義さんのアルバムにあった辻堂宿舎写真。

おうちの奥さんらしき人と息子さんらしき人も一緒に写っています(縁側)。
後ろに写っているのは洋風の建物です。残っていないかなとネット検索してみたのですが、見つけられませんでした。



前列左から
9期生 38分隊10班
わたし、この人のことブログに書いていないですよね?
ブログ本文右欄の「乙9期その他」のリンク先に「ST」と書いている人です。
14年3月に予科練をやめています。
九期生名簿にも『予科練外史』名簿にも生存者手記等にもお名前がないので、ここにもお名前を出していません。
ただ、9期生として予科練に入隊し、9ヶ月は頑張ったんですよね・・・・。その後、どうされたのだろうなあ。


9期 蒲田栄作さん(38分隊11班)


9期 遠藤秋章さん(38分隊10班)


8期 林忠雄さん(偵察分隊11班)

18年1月30日  751空  レンネル島沖海戦(※戦闘行動調書)


9期 岡田温次郎さん(38分隊10班)


9期 国見新太郎さん(38分隊11班)


9期 池田和義さん(38分隊10班)



中列(中腰?)
9期 浅沼正信さん(38分隊10班)



後列左から
8期 作田三郎さん(偵察分隊11班)

18年11月20日  802空  南洋群島(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)

この日の行動調書は探したのですが見つけられませんでした。そのかわり、当時同じ隊で同じ攻撃を受けた9期本間猛さん(旧姓石塚)の手記にこの時のことが描かれていました。
攻撃を受けたのはヤルート基地、18年11月20日夜明け前。索敵任務の飛行艇(6機)の離水時を狙われました。
本間さんは火災を起こして燃えさかる一番機から海中に脱出。
三番機の作田さんも銃撃された後、海中を一時間ほど泳いだ末救助されましたが、腹を撃たれていて、
「翌朝未明に不帰の人となった」

もし、本間さんの記述が正しければ戦没日は「11月21日」ということになるのでしょうか。
どちらが正しいのか、わたしにはちょっと判断できません。


8期 伊藤正則さん(偵察分隊11班)

17年2月20日  横浜空  ニューギニア沖航空戦(索敵触接中行方不明)(※戦闘行動調書など)


8期 山崎力義さん(偵察分隊11班)

戦後生存


教員


8期 小野寺勝男さん(偵察分隊11班)

17年8月7日  横浜空  ツラギ(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)


8期 高野義雄さん(偵察分隊11班)

17年6月5日  隼鷹  アリューシャン(ダッチハーバー攻撃)(※戦闘行動調書など)


8期 芦野正男さん(偵察分隊11班)

不明(※同期生会誌)


8期 笠原義隆さん(偵察分隊11班)

16年5月21日  美幌空  中支(中国蘭州)方面(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)


8期 長谷川進さん(偵察分隊11班)

15年12月20日  蒼龍  横浜  事故殉職(※同期生会誌、雄飛会戦没者名簿)




自分では同期生会誌と雄飛会戦没者名簿、あるいは手記などで確認したつもりでも、「どれも誤記だった」みたいなこともあったので、戦没状況の出典を書いておくことにしました。

同期生会誌と雄飛会戦没者名簿が出典になっているものは戦闘行動調書(アジア歴史資料センター)でのウラがとれていないものです。
たとえば飛練中・訓練中の殉職とか、玉砕してしまった戦闘などでは戦闘行動調書として状況が残っていない、あるいは戦闘中の戦死であってもその隊の行動調書が見当たらないとか、その時期の分だけないとか、ままあります。そういうときは同期生会誌・雄飛会戦没者名簿の記述をそのまま書いています。けっこう間違いがあるみたいなので、もしかしたら間違っているかも・・・・。あとで訂正することがあるかもしれません。



※画像は9期生ご遺族ご提供

コメント

トラックバック