Google
WWWを検索 ひねもすを検索

17年夏 鎮海航空隊搭乗員集合写真2022年01月29日 16時05分26秒

9期隅倉慧さん(戦後生存)のアルバムに貼られていた写真です。


二種軍装、隅倉さんの階級章が3飛曹なので17年の夏ごろの写真なんだろうな、と漠然と思っていました。
前列右端隅倉さん。



先日、この写真を見返していて、知っている人を見つけました!
前列中央の人。
「ああ! 7期の亀田道男さんじゃないか!!」

この人、予科練2学年時に西澤さん(台南空の西澤廣義さん)と同じ班だったようで、いろんなところに写っているんですよ(^^;)


下にあげる画像は、7期の操縦班の集合写真です。
西澤さんの遺品にもほぼ同じ写真がありましたが、知人のMさんご提供の写真を掲載させていただきます(ここに写っている別の7期生の遺品)。













下の2枚は辻堂演習写真。7班操縦班と8期の前の分隊の班員ではないかと想像(8・9期の例から)。



上の写真とちょっとメンツが違う?

8期生がまだちゃんと照合していないので、照合できたら紹介します。





と、まあ、こんな感じで、すごくよく見ている人だったのですが、数日前まで気づきませんでしたorz

しかし、時間がかかってしまったとはいえ、気づいたおかげで他のことも判明。

亀田さん、水上機操縦員で戦後生存者なのですが、『予科練のつばさ』(七期雄飛会、光人社)に手記を寄せています。

それによると羽黒から鎮海空に転勤したのが7月下旬ごろのようです。
そのとき、亀田兵曹のかわりに羽黒に転勤してきたのが東和夫さん。
『彼は予科練の二期先輩で、宮崎県出身の第五期生、水上機のパイロットである。すでに日支事変に参加して偉功を立て、昭和十五年四月二十九日の第一回生存者論功行賞のときには、金鵄勲章を授与された空の勇士である。
(先輩との交替だ。あとはよろしく頼みます)
わたしはほっとした思いで舷梯をおり、呉軍港まで送ってくれる内火艇に移乗した。
――中略――
ところが一カ月後、突然に「羽黒」一号機、ソロモン海で散華の報を耳にし、愕然とした。羽黒一号機はソロモン海戦中、索敵線上で敵戦闘機と遭遇し、「ヒ」連送を発信したのちに、消息を絶ったということである』



隅倉さんのアルバムにこんな写真が貼られていまして。
以前に気になってKさんに調べてもらったことがありました。
5期の東和夫さんではないかとのことでした。
東さんは鎮海空から羽黒転勤して、8月のソロモン海戦で戦死されたようです。
(隅倉さんの書き込みの「サンゴ海海戦」時は鎮海空にいらした)


隅倉さんは17年10月ごろまで鎮海空だったので、冒頭の写真は亀田さんが転勤してきた17年7月下旬から10月ごろまでの間に撮られた写真なのでしょうね。




それと、亀田さんの手記を読んでいて気づいたのですが、亀田さんの右隣りの人は8期の河野増美さん(偵察)ではないかと思います。
※亀田さんは河野さんが鎮海空に転勤してきたのは18年春と書かれていますが17年夏のようです。

19年4月6日 鎮海空  長崎
要務飛行中に佐世保港外(亀田さんは「平戸」)で高圧線に触れ墜落

このとき、奥さまが出産間近だったとか・・・・。



冒頭集合写真の亀田さんの左に下士官が2人座っていますが、ふたりとも善行章をつけていません。甲飛の人かなと想像。

と、ここまで書いて、隅倉さんのアルバムに同一人物を見つけました。

亀田さんの左隣の人ですが。

隅倉さんのアルバムに「光岡兵曹」という書き込みとともに貼られていました。

甲5期の光岡満春さんのようです。




あとの方々は現時点では不明です。
2列目の左端の人は「田中兵曹」って方ではないかと思うのですが(アルバムの個人写真から)、「17年夏、善行章1線3飛曹の田中兵曹」では難易度高いです。
判明したらまた書きます。



話があちこち飛んでスイマセン(汗)



※画像は9期生ご家族、Mさんご提供。Kさんにご教示いただきました。

コメント

トラックバック