Google
WWWを検索 ひねもすを検索

近鉄で一日ぶらぶらしてきました2021年11月19日 22時59分24秒

またまた青のシンフォニー(近鉄観光特急)乗りたい病が出て、ぶらっと出かけてきました。



簡単な行動イメージ図。


まず、大和八木駅でいったん電車を降りて改札外の特急券売り場へダッシュ。

家を出る前に空席状況を調べたら、昨夜よりずいぶん埋まっているような気がしました。
「これはヤバイ! 橿原神宮前で買おうと思っていたけれど、数分が分かれ目になるかもしれない!」
と焦って八木で購入しました。セーフ!(・∀・)
もしかしたら1列席は最後の1席だったかも。ひとつしか案内してくれなかったので、それを即購入しました。吉野―大阪阿部野橋の特急料金730円。




指定席をゲットしたところで安心して、朝ごはんに。
先日、橿原神宮の瑞鶴の碑にお参りしたとき、駅前におしゃれなカフェができているのに気づきました。

narairo。
町屋っぽい感じでした。リノベかな?

席から橿原神宮前のホームが見えるんです。特急停車中。

600円のモーニング。

ごちそうさまでしたー♪


再び橿原神宮前駅に戻り、吉野行に乗車。

しかし、すぐ降りる(笑)


飛鳥!

特に用事があった訳ではなく。時間つぶしに駅の周辺をウロウロ。

秋の行楽日和なのにヒトがいなくてですね。
かわりにイノシシ出没の看板が立っていて恐怖して慌ててここを通り過ぎました(笑)

高松塚古墳壁画館の前まで行って駅に引き返しました。
(壁画館の見学もしていないし、高松塚古墳(すぐ横)にも行っていない(;^ω^))

駅前のおみやげ屋さんで時間調整して、次の電車でいよいよ吉野へ。



朝、大阪阿部野橋から吉野に運行した青のシンフォニーがホームに停まっていました。
みな、写真撮影(笑) ※わたしの横にも写真撮っている人がいます


せっかくなのでまたまた改札を出て周辺をウロウロ。


こんな感じ。

この先はケーブルカー乗り場。

しかし、今日は乗りません。

駅に戻って、すぐに出発時間。


去年は1号車でしたが、今日は3号車(2号車はサロンカー)


乗車してすぐに、サロンカー営業開始のアナウンスが入ったのでダッシュで向かう(笑)


青のシンフォニー最大の楽しみ、限定スイーツ!!(・∀・)
ケーキセット1100円。
イヤッホー!
金箔だぜ!

しかし、揺れるね、吉野線。
紅茶を飲んでいて何度か危ない瞬間がありました(笑)

ケーキの後もう一度レジに並び直して、今度はジェラート。
いつもピントが合っていなくてスイマセン。
これは席に持ち帰りました。

バニラビーンズの入っためっちゃ舌触りのいいジェラートでした。380円。

ブルーのドリンクをもってウロウロしている人もいました。
興味津々だったのですが、さすがに今日はもう打ち止め。
ケーキセットとジェラート、これ、お昼ごはんですからね(笑)




終点、大阪阿部野橋。
今日はご当地入場券もゲット。160円。

そして、近鉄百貨店デパ地下にも行き、クラブハリエのバームクーヘンもゲット。
いくらやったかな。2000円ちょっと。友の会で買ったので現金の持ち出しナシ。


さーて、引き返すか(笑)


準急でGO。

ホントは古市で降りて応神天皇陵に行こうと思っていました。
御陵事務所で御陵印をいただこうと思って。
が、行きに横を通ったとき、
「もしかして地図で見るよりずっと遠いのかも?」
と思い、御陵印はあきらめてご当地入場券だけ。
次の電車まで30分あったので、いったん改札を出て古墳が見える場所まで行ってみました。
そしてむなしく引き返す・・・・。
距離感がわからなくてね。すぐそこにあるように見えて、じつはけっこう遠いんじゃないか?
次の電車のがしたらまたしばらくないんじゃないか、と思って遠くから見るだけで引き返してきました。


橿原神宮前行きの各駅停車に乗車。


次は二上神社口で降りました。
近すぎて形がわからない二上山。


目的地は麓の倭文神社。「しとり」とか「しずり」と読むみたいです。
先日、銅鐸のことを調べていたら淡路島にも同じ地名がありました。全国、あちこちにあるみたいです。
「倭文」とは古代の織物の一種だそうです。



お参りして駅に戻り、おとなしく家に帰りました。


家の近所で、部活に向かう春海とばったり。
「おなかすいたー」
と言い残して、部活に行きました。

言うときますけど、今日のミニ旅はいちおう春海も誘ったんですが断られたのですよ。





電車代は一日フリー乗車券1000円+特急代730円。
あの行程をICカード乗車券でうろうろしたら普通運賃だけで3000円以上かかります。
それが1000円で楽しめるのだから近鉄さまさま、あざーす(・∀・)

コメント

トラックバック