Google
WWWを検索 ひねもすを検索

操練44期 那賀福夫さん2021年04月03日 23時17分48秒

7期生のアルバムに貼ってあった写真。

この写真は台紙に書き込みがありました。
前列左の白いシャツの下士官は「荒瀬兵曹」。
その横、「坊や」。
後列左、「佐乃」。→7期の中攻操縦・佐野重作さん。
右、「那賀」。

この写真の左にもう1枚同じ大きさの写真が貼ってあり、2枚の間に「木更津ニテ」「14.10.」と書かれています。
7期の中攻操縦員たちは14年8月から11月初まで木更津で「第4期大型機新搭乗員特別教育」(7期山口良一さん履歴より)を受けています。

左側の写真も7期中攻操縦員4名です。なので2枚の写真はともに14年10月に木更津で撮られたものであろう、と。


わたし、この写真↑を見たとき、
「あーっ!!」
って叫んじゃいました。

荒瀬兵曹が写っていたからです。

操練の人です。
操練の方には疎いですが、わたし、これ以前に、荒瀬さんのことを認識していました。
といっても、認識してまだ日が浅いですが。




同じ方のアルバムに木更津での大型機講習(アルバムの書き込みでは「第四期中型攻撃機講習員(操縦専習) 14.10.28.」)の記念集合写真が貼られていました。7期生たちは下士官(3空曹)になっています。
山口さんの履歴によると下士官任官は14年11月1日なので、書き込まれている日付は「?」です。
この写真、アルバムより先に単独で見せてもらったんですが、そのときに写っている7期生はほぼ全員把握しました(たぶん)。

中に数名、どうしてもわからない人や、「6期生に似ている」と思う人がいたのでいつものKさんにお助け願いました。
6期の蓬田利光さんが写っていました。
他に何人か「操練の〇〇さんも写っている可能性が」とご教示いただいた中に操練35期の荒瀬太一さんがいました。荒瀬さんの写真も送られてきました(飛曹長時代)。
それをもとに探したけど、そのときはわからなかったんですよね(^^;)
「もしかして、荒瀬さん、ここにはいない?(^^;)」

で、上の写真ですよ。

「荒瀬さん、いたー!!(*´▽`*)」

あらためて第4期大型機――の集合写真を見てみたところ、講習生集団の右、ちょっと離れたところにある別枠、これが荒瀬さんなんじゃないかと。

アルバムを探したら、他にも荒瀬さんっぽい写真がありました。→荒瀬さんに関しては別に書くつもりです




いちおう、写っている人はわかる範囲でどういう人か知りたいじゃないですか。

まあ「坊や」はどうにもならんとして、「那賀」という人が気になりました。
「那賀」さん

第4期大型機――集合写真の方にも写ってます。
下士官服の不明者は上のクラスの可能性を考えていちおう6期の操縦専修生と照合してみたんですが、現時点でわかったのは蓬田さんだけです。
ジョンベラの人は操練の人だろうからわたしにはわからんな、と諦めていました。

なので、今回のアルバムの木更津スナップ写真で「那賀」さんというお名前がわかったのは大収穫でした。

操練ならKさん。
Kさんご提供の操練名簿で探したところ、操練44期に那賀福夫さんという人がいたので、
「操練44期の那賀福夫さんの可能性は?」
と尋ねてみたところ、「那賀」さんはほかにいないのでたぶん間違いないとのこと。

諦めていた人が判明したぞー。

↑どなたかわかるとうれしいものなのです


んで、同じメールの末尾に、
那賀さんは9期の石井三郎さんと南弘明さんとともにニューカレドニアの捕虜収容所で自決された人ですよ
って書いてありました。



ええっ!?

ってビックリして慌てて自分のブログを見返しました。


わたし、そこに那賀福夫さんのお名前を書いていました。

記憶力の無さがうらめしいorz

那賀さんは南さんが18年2月4日に「戦死」したときのペアの主操です(751空)。
おそらく不時着水したのでしょう。機体から脱出後一緒に漂流して最終的に捕虜になってしまったのでしょう。
そして上の記事に書いたように、脱走計画が露見してその責任を取る形で、19年1月9日に自決・・・・。

こんな形で偶然にも9期生とご縁がある人とつながるとは。


※画像はMさんご提供

コメント

トラックバック