Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 西本宗方さん2021年03月06日 17時28分22秒

西本さんは出身地が判然としません。
「九期生名簿」では島根になっているのですが、『予科練外史』では鳥取。
あとで出てきますが、自筆の寄せ書き(卒アル)には「伯耆」と書いています。Kさんご教示の出身地も旧伯耆国の範囲になるので、本人の認識的にも海軍の資料的にも鳥取県出身でいいのかな、という気がしています。
「九期生名簿」で島根になっていた理由はわかりません(名簿が編まれた昭和40年時点の住所が島根というわけでもなかったです)。

偵察、中攻。
戦後生存。

1学年時14班、班写真。


東京行軍



霞ヶ浦航空隊に移転してすぐぐらい?
マスクをしている人もいます。お掃除中でしょうか。


操偵検査。


予科練卒業時の寄せ書き。
署名はありませんが、旧伯耆国出身者は西本さんおひとりなので、西本さんの寄せ書きと思われます。



飛練・鈴鹿。

奈良行軍
橿原神宮。



運動会
相撲部優勝。




これも運動会。
相撲部は左端の方で軍服姿で写っている一団です。




教員(マフラーの人たち)とともに、飛行服で。


飛練・大分


大型機講習・木更津




実施部隊は高雄空、753空。

753空時代に負傷で戦線離脱しています。

18年7月6日 クーパン基地からブロックスクリーク飛行場攻撃
行動調書では特に何も記載がないように思うのですが、7期の中攻偵察員・丸岡虎雄さんの手記(七期雄飛会『予科練のつばさ』光人社収録)に詳細が記載されていました。
7期卒アルの丸岡さん

『予科練のつばさ』丸岡さん手記より
当日の三小隊一番機の搭乗割は、つぎのとおりであった。
主操 小隊長 飛曹長 鈴木益次郎
副操      飛長   島津良生
主偵 機長  上飛曹  丸岡虎雄
副偵      飛長   安立芳明
主電      一飛曹  西本宗方
副電      二飛曹  大住勇 
搭整      一整曹  大久保淳


副電の「二飛曹 大住勇」は乙10期の大住勇さん。
のち月光の偵察員。
19年9月12日 戦闘901 比島 ダバオよりセブに移動中敵艦載機と交戦戦死
(押尾一彦・野原茂『日本陸海軍航空英雄列伝』光人社)



これは前にも書いたことがあるんですが、偵察員だった丸岡さんが、機上戦死した主操に代わり操縦(副操は重傷)、着陸までやってのけた、という例の戦闘時です。

丸岡さんの手記から(太字)。
”バリ、バリ、ガン、グワーン”と猛烈な被弾音。
(あっ、上がやられたな!)
と直感する。
ぱっと伝声管をかなぐりすて、操縦席下の通路を一気に突っ走って上を見た。
主電西本、搭整大久保、副電大住の三名が、そろって操縦席を指差し顔面蒼白である。驚いてふり返って見ると、主操鈴木小隊長は前方に伏し、副操島津飛長は、右腕、右顎を血で染めている。最悪の状態である。

丸岡さんはとっさに鈴木飛曹長を抱きかかえて通路に移し、自身が操縦席に。
丸岡さんは偵察員ですが、前々から操縦の研究もしていたのです。

約十五分が経過し、ようやく空戦も終わった。すぐに大久保、西本を呼んで、副操島津飛長の応急手当をさせたが、顎の止血はできなかった。

機位も確認できたので、基地あてに電文を作成し、暗号文にして副電大住二飛曹に送信させた(主電、右手首損傷のため)。
「三中隊三小隊一番機、主操鈴木飛曹長機上戦死、副操島津飛長重傷す。偵察丸岡上飛曹の操縦にて帰投する。基地到着一三二○の予定」


偵察員の丸岡上飛曹でしたが何とか無事に基地に着陸成功。

すぐに、指揮所にさしまわしの救急車が着いたので、重傷の島津飛長と負傷の西本一飛曹、機上戦死の鈴木飛曹長を乗せ、病室へと向かわせた。

指揮所での報告を終えて、丸岡さんは病室へ走りました。重傷の島津飛長が心配だったのです。

「命の心配はないが、すぐの回復はむづかしい」
と、言われた。
病床の彼を見舞ったが、島津飛長は麻酔がきいて眠っていた。西本一飛曹は軽傷で、すでに治療を終えて、宿舎に帰ったあとだった。


丸岡さん手記の、西本さんに関する記載はここまでです。
手記的には「ホッと安心」と言いたいところですが、西本さん、、結局入院して内地に帰されているんですよね。
詳細はわかりません。
治療を終えてすぐに宿舎に帰されるような「軽傷」でひと月半も入院するとは思えないんですよね。
思ったより重傷だったのか、別の病気を併発してしまったのか?


復帰後は教員。
詳細はちょっと・・・・保留という感じでしょうか。


※画像は9期生ご遺族・ご家族、10期久保さんご提供。

コメント

トラックバック