Google
WWWを検索 ひねもすを検索

山岸教員の日記132021年02月18日 14時49分55秒

阿部さんの記事を書いていて、山岸昌司教員(乙6)の日記が12で中断していることに気づきました。
スイマセン、こういうの、多いですね<(_ _)>


山岸さんの日記、飛練10期関係箇所。
5月末の卒業まで。
いや、正確に言うと、6月の初めにもちょこっと飛練10期生(9期生)が登場します。


4月11日
桜花満開

三角航法にて飛び行く関東の平野到る処に桜花有り


4月12日
行軍ありて飛行なし


4月14日
編隊検定始まる
リーダーで十二回乗る
だが検定官でなくてなにより


4月15日
検定二日目
今日は同じくリーダーで十一回


4月16日
検定三日目
今日は少し減って八回 終ってすぐ格納庫に帰ったら時間が三十分以上も余って居た
午後体操講習に出る 体の真までも沁み入る様なものだった 前からやって居る人達は少々上手い 別科大掃除を行ふ


4月17日
計器V
(飛行)検定始まる
午后体操講習
夜映画あり(転落の詩集)


4月18日
計器V検定 雲低く気流不良
本日にて検定全部終了す


4月19日
背面係スタントの教員互乗訓練並に編隊
練公大部お上手になった 相当のことをしても皆付いて来る

うれしいことが書いてありますね♪



谷田部空で飛練をやった松本勝正さんも3月末か4月初に家族に宛てた書簡に「計器飛行と編隊互乗航法をやっております」と書いています。





筑波空教員時代。
前列左から下宿のおじさん、木村重雄教員(操41)、山岸さん
後列はどなたかわかりません。


※画像はご遺族ご提供

コメント

トラックバック