Google
WWWを検索 ひねもすを検索

4月21日2011年04月21日 13時28分14秒

最近になって、初めて目にした林喜重大尉評。

古い『丸』にあった、中島正中佐(元343空副長)の手記「俊鋭紫電改松山上空の初陣記」より。

343空の3戦闘機隊飛行隊長のことを語っておられます。
『「知将鴛渕、猛将管野(原文ママ)、林大尉の技能将」とキャッチフレーズをつけたくなるところがあった』

他のところでも、林大尉の操縦技倆のことに触れられている方がいました。
『「むっつりしたところがあるが、熱血漢。操縦技倆は高い」(中尾上飛曹)』(渡辺洋二『決戦の蒼空へ』文春文庫)

林大尉、だれがみても「操縦技倆は高い」ってことで。


中島さんの回想、さらに続きます。
『(菅野さんのことを語ったあとで) もっとも、度胸という点では鴛渕、林もけっしてひけはとらない。林などはじつにおとなしそうなところがあった。しかし彼ほどキモッ玉のすわったヤツはないような気がする。
若い者はどうしても見かけ倒しのところが表面に出て、たとえば柔道◯段などと表看板にして、ケンカを売りまくるのもいるが、本ものというのはやはりちがう。一見にこにこしてばかりいて、たよりにならぬように見えて、いざというときは本領を発揮する。あれよあれよといううちにでっかいことをやるというのが林だった』

中島さんは、18年の251空・ラバウルでも林さんといっしょだったので、よくご存じのことと思います。

また、同じく古い『丸』の中にある、兵学校同期生の岩下邦雄大尉の回想にも「地上ではどちらかといえば、おとなしい静かな感じの男」と書かれています。


これらを読んで、なんとなく、林大尉像ができあってしまいそうですが・・・・。
大野竹好中尉の手記に出てくる251空時代の林中尉はまたちょっとひと味違った感じです。

その話はまた今度・・・・。

阿久根市・折口浜(向こう)


『謎の未確認生物 UMAミステリー』双葉文庫2011年04月21日 16時02分26秒

いま、一生懸命吉村昭『戦艦武蔵ノート』を読んでいるのに、本屋の新刊コーナーでこんなおもろそうな本↓を見つけて即買いしてしました!

『謎の未確認生物 UMAミステリー』

『謎の未確認生物 UMAミステリー』

ママ、昔は弟の『ムー』を横から奪い取って読みふけっていたほどのミステリー好きです。
他に、UFO、宇宙人、心霊現象(写真)、古代ミステリーとかとか。

最近、テレビでやらないから淋しかったんですよー(T_T)

UMA、喜んで買ってしまいました。

戦記物は「ここ、ウソちゃうか!? ホンマか!?」って気になり出すと読めなくなりますが、こーいうのは、ウソとかホントとか、別にどうでもいい\(^_^)/

プロフィール帳2011年04月21日 20時31分06秒

またまたプロフィール帳ネタ。

あれは一方的にもらうばっかりのものではなく、お互い交換するものだと思ったので、春海にも買ってあげることにしました。
(実はママがこんなん好きだったりする!?(゜_゜))

ただし、あの子がもらってきたプロフィール帳の質問内容を見て、実生活とのあまりの乖離ぶりにおったまげてしまったので、春海には選ばせず、ママがよっく吟味して買うことに。

今日、そういうのを扱っているお店に行って、あれこれと見てきました。たくさん種類があるんですよ。
表紙はすごくかわいいのに、質問内容、過激なのね~~~(^◇^;)ゞ
ママがみたの、全部、男女関係に関する質問ありですよ。
好きな子いるかとか、デート行くなら?とか。

できたら低学年、中学年向けに、男女関係の質問なしのプロフィール帳作って欲しいわ-。

中にはこんな質問も。

子どもは何人欲しい?
男の子なら名前は?、女の子なら名前は?

ちょ、ちょ、ちょ、ちょーーーーーー(^_^;)\(・_・)

パパが見たら気絶します。

こんな質問のあるプロフィール帳を配ったら、向こうのお母さんも卒倒すると思うので、これは即却下。

あまり過激な質問が入っていなかった↓これにしました。

プロフィール帳

春海、大喜びで、さっそく今日、
「配ってくるわー(^O^)」
と張り切って持って行きました。

お友だちには、「書けるところだけでいいよ」と言って渡しなさい、と言っておきました。
いくら過激度低いといっても低学年の子には回答不可能なこともあるでしょうしー。

返ってくるかしらん?
ま、返ってきても、お友だちのは見ないでおきましょう。
たぶん、「春海ちゃんのママが検閲して、ウケたらブログでばらす」って想定では書いていないでしょうから(^_^;)

春海が書いている分はウケたらまたばらしますねーーー。