Google
WWWを検索 ひねもすを検索

平城宮跡 大極殿 資料館2011年04月05日 15時16分14秒

よくよく聞くと、春海の春休み、今日まで。

「なら、平城宮跡に行ってみよう!!」
と、春海と2人で電車に乗ってお出かけしてきました。

今日は天気もよく、あったかく、絶好の観光日和!!


大極殿

前に一度チャレンジしたものの、近寄れなかった復元大極殿。

西域の荒野の中に忽然と現れた王宮って感じですが、まわりはただたんに芝生養生中です。


1300年祭も終わったことだし、外から見れるだけかなーと思って近寄っていったら「順路」の矢印が。見学できるみたい!(^o^)


大極殿内部。
大極殿内部

見学者、いないしー。

高御座

大極殿の中心には、南面して天皇が着座する高御座(たかみくら)。
おおっーーーー。


大極殿天井

天井・小壁には上村淳之氏による蓮華文や十二支像、四神像など。


春海はここでスタンプラリーを見つけて、
「全部押してまわりたい!!」
と。
全部って、大極殿、東院庭園、遺構展示館、朱雀門、平城宮跡資料館。
1、2時間じゃ、まわれませんっ!(>_<)

お昼ごはんもまだなのに。    ←すでに12時半。

なんかね、全部押したら粗品もらえるって書いてあるんですよ(^_^;) 春海、すぐ釣られるから-。

「じゃあ、今回はあと平城宮跡資料館だけ行こう。残りはまた今度」
ということにして、帰り道にある資料館に行ってみました。

春海は入館後さっそくスタンプ押し。

ついでに(!?)内部見学。

奈良時代の貴族の寝室。
奈良時代貴族の生活

奈良時代の貴族の食事風景。
奈良時代貴族の生活

ここまで復元するなら、見学者に奈良貴族の格好させて記念撮影させてくれたらいいのに。



常設展示。
常設展示


まあ、こんな感じで。

春海、遺物には見向きもせず、
「ねえー、ママー、ここ、発掘体験できないのーー???」
って。
「発掘したいん?」
「したい!」
子どもは体験参加型が好きですね(^_^;)
そんなにしたきゃ、知っているおじちゃんに頼んでやるよ。”体験”じゃなくて”バイト”しておいで。



資料館をウロウロしていたら、知っている人にばったり会いました。
「あれーーー!? なんでーーー!?」
しかも、あっちは逆走だぜ!?

ホント、びっくりしましたねー(^_^;)

最後に虫ピンも見てきました(^_^)v


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック