Google
WWWを検索 ひねもすを検索

激しくどうでもいい戦史シリーズ2011年04月05日 09時57分30秒

久しぶりに”激しくどうでもいい戦史シリーズ”。

いや、待て、待て、いままでは”どうでもいい戦史シリーズ”だったかな?

どうでもいいけど、とにかく、わたし以外の人にとっては激しくどうでもいいことなので、スルーして下さってかまいません。

ホリブンの『紫電改空戦記』。

ママが前から持っていた『紫電改空戦記』は、↓こんなんで、樫出勇さん(陸軍)の『B29撃墜記』と一緒になった文庫版でした。

紫電改空戦記


昨日、知り合いの方から、ホリブンの『紫電改空戦記』という戦記をいただきました!!\(^O^)/
↓↓↓↓↓↓これだ!!↓↓↓↓↓
堀光雄『紫電改空戦記』


今回いただいたのは、ホリブンの手記単独で、A5版の大きさの冊子状のもの。
パラパラ見ましたが、内容は同じのようです。

ママが今日ここで取り上げようとしている”激しくどうでもいい”ことは、『紫電改空戦記』そのものではありません。
この手記は、ママのチョーお気に入り、愛読書です。一字一句、ホリブンの肉声だと思って、心に刻みながら読んでいます。どうでもいいことなんか、まったくありません。
ママにはもちろん大事な手記だし、ママ以外の人にとっても大事な手記に違いないと、勝手に確信しております。

他の人にとっては”激しくどうでもいい”ことだろうと決めつけてしまっているのは、表紙にちっちゃく印刷されている楕円形の丸の中のことです。

な、な、なんと! ホリブンじゃないですか!

しかも、この写真のホリブン、ママは初めて見ました!!(^O^)

しかも、しかも!! このホリブン、ヒゲがありますよ!!!!!

最初見たときは、
「えっ!? これ、ホリブンか!?」
と思うぐらい、ホリブンぽくなかった・・・・(-_-;)
よく言えば”精悍”、悪く言えばホリブンらしからぬ”怖い顔”しているんですよ。
ヒゲのせいだけじゃなくて、目つきもちょっと怖い・・・・かも?

この写真だけ単独でポーンと目の前に出されても、ママ、ホリブンだとわからないかも?

でも、眺めているうちに、
「やっぱホリブンだよな~(*^^*)」
いままでとは違うホリブンの魅力を発見したよーなー。

ある搭乗員さんが、ある飛行隊の特准の分隊士たちがたむろっていた指揮所のことを「鬼ヶ島」と言われていました。
その分隊士たちの顔ぶれを聞いたときは「なるほどー、鬼に違いない」と妙に納得もしました。たぶん、この搭乗員さんが名前を挙げられた分隊士たちは本当に鬼(笑)。
ホリブンはこの「鬼」の中には入っていません。
K上飛曹も「やさしい人」と言われていました。でも、今回の写真を見たら、すごく歴戦のベテランオーラが出ています。
「こんな顔して指揮所に座っていたら、いくらやさしい分隊士でも怖がられるかも知れない(゜_゜;)」
台南空や582空時代のホリブンとは別人みたいです。

一見怖いですが、見ているうちにすごく”頼れる男”を感じてきました。




ホリブンのヒゲに気づいたのは343空隊誌に掲載された、佐藤精一郎上飛曹とのツーショット写真でした。あれは二人の全身像で、画像も粗く、
「あれ? もしかしてヒゲ生やしている???」
って感じで、様子がよくわからない写真でした。
その後、K上飛曹に確認して初めて、「飛曹長時代のホリブンはヒゲを生やしていた」ってことが判明しました。

今回の写真は、ヒゲがめっちゃわかります!
K上飛曹、「鼻の下にちょぼヒゲ」と言われていましたが、隊誌の写真では「ちょぼヒゲ」かどうかわかりませんでした。
今回ははっきりそれがわかります。

「ええっ!? ホリブンがヒゲっ!?(>_<)」
と隊誌の写真では否定的だったママですが、今回の写真見て、考えが変わりました。

ホリブンはヒゲがあってもかっこいい!!\(^O^)/


※「ヒゲなんかどーでもいーじゃねーか」と言われつつ、懲りずに書いてみました(^_^)ゞ

平城宮跡 大極殿 資料館2011年04月05日 15時16分14秒

よくよく聞くと、春海の春休み、今日まで。

「なら、平城宮跡に行ってみよう!!」
と、春海と2人で電車に乗ってお出かけしてきました。

今日は天気もよく、あったかく、絶好の観光日和!!


大極殿

前に一度チャレンジしたものの、近寄れなかった復元大極殿。

西域の荒野の中に忽然と現れた王宮って感じですが、まわりはただたんに芝生養生中です。


1300年祭も終わったことだし、外から見れるだけかなーと思って近寄っていったら「順路」の矢印が。見学できるみたい!(^o^)


大極殿内部。
大極殿内部

見学者、いないしー。

高御座

大極殿の中心には、南面して天皇が着座する高御座(たかみくら)。
おおっーーーー。


大極殿天井

天井・小壁には上村淳之氏による蓮華文や十二支像、四神像など。


春海はここでスタンプラリーを見つけて、
「全部押してまわりたい!!」
と。
全部って、大極殿、東院庭園、遺構展示館、朱雀門、平城宮跡資料館。
1、2時間じゃ、まわれませんっ!(>_<)

お昼ごはんもまだなのに。    ←すでに12時半。

なんかね、全部押したら粗品もらえるって書いてあるんですよ(^_^;) 春海、すぐ釣られるから-。

「じゃあ、今回はあと平城宮跡資料館だけ行こう。残りはまた今度」
ということにして、帰り道にある資料館に行ってみました。

春海は入館後さっそくスタンプ押し。

ついでに(!?)内部見学。

奈良時代の貴族の寝室。
奈良時代貴族の生活

奈良時代の貴族の食事風景。
奈良時代貴族の生活

ここまで復元するなら、見学者に奈良貴族の格好させて記念撮影させてくれたらいいのに。



常設展示。
常設展示


まあ、こんな感じで。

春海、遺物には見向きもせず、
「ねえー、ママー、ここ、発掘体験できないのーー???」
って。
「発掘したいん?」
「したい!」
子どもは体験参加型が好きですね(^_^;)
そんなにしたきゃ、知っているおじちゃんに頼んでやるよ。”体験”じゃなくて”バイト”しておいで。



資料館をウロウロしていたら、知っている人にばったり会いました。
「あれーーー!? なんでーーー!?」
しかも、あっちは逆走だぜ!?

ホント、びっくりしましたねー(^_^;)

最後に虫ピンも見てきました(^_^)v