Google
WWWを検索 ひねもすを検索

新選組血風録2011年04月04日 11時52分25秒

N◯Kで、『新選組血風録』が始まりました。

第一印象。
隊士が、誰が誰やらわからんっ!(>_<)

土方さんは、見たことがある俳優さんなのでわかります。

沖田さんは恒例のあのズラなのでわかります。

近藤さんは物語中何度も登場するので覚えました。

あとの永倉さんとか原田さんとか斎藤さんとか藤堂さんとか、どの人がどれかわからないんですが!(>_<)
最近、ヒトの顔が覚えられなくなってドラマもつらい!

逆に脇役? 芹沢さんとかお梅さんとか鴻池善右衛門さんとか、あっこらへんの人たちの方がわかりやすいですね(^_^;)
どっかで見たことのある顔だし。


わたし、林泰文さん好きなんでー、林さんの松平容保はグー(^-^)g""でした。
ただ、しゃべりすぎでは? 藩主は黙って座っているだけでよろしい、ってのがママ妄想です。


全12回やるらしいです。
原作は短編仕立て。ドラマは短編ベースの続きもの?でしょうか。
今回は虎徹でした。

近藤さんが安物のニセモノ虎徹をホンモノだと思い込み、ホンモノ以上の働きをさせる、って話なんですけど。

本人目の前にして、
「言いたくはないけど、ニセモノですよ(^o^)」
とちゃらっと言っちゃう沖田さん。
KYなのか、深いのか、よくわからないのがいつも沖田さんのキャラでしょうか。

今回の土方さんは繊細そうでしたよ。
たしかにこの人なら句の一つも詠むのかも、って感じの。

土方さん、偶然事件に巻き込まれて、初めて人を斬って心の傷を負っちゃいます。
斬った直後、自分が斬り殺した相手の死体を見て嘔吐。さらには何度もフラッシュバック。さらにはそこらヘンの溝で何度も手を洗わずにはいられない・・・・。
見回り中に賊に遭遇し斬り合いになったとき、前回の時のことがよみがえってきて、相手を斬り殺せないのです。    →取り逃がした相手に、後日近藤さんが狙われる羽目に。

それに比べて近藤さんと沖田さん。
初めて人を斬ったあとに平然と飯食っちゃってました。

ただ、隊士たちに、
「初めて人を斬ってどうでしたか?」
と聞かれた近藤さんがガツガツ飯を掻き込みながら、
「とにかく夢中で。覚えていない」
と答えるシーンだけは、「ああーーーーフツーの人っぽい」と感じました。

結局、最後は、土方さんも修羅場をくぐったすえ、一皮むけて鬼になっていく―ってところで終わるのですが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック