Google
WWWを検索 ひねもすを検索

8年後の盆まねき2019年11月15日 09時40分36秒

先日、以前から交流のあった9期の森田守さんのご遺族の親戚の方からメールをいただきました。


その方は徳島空の白菊特攻隊の慰霊顕彰活動をされています。

戦史研究家の菅原完さんが書いた白菊特攻隊の記事が雑誌『丸』(9月号、10月号)に掲載されたとかで、コピーを送ってくださいました。


「あー、菅原完さんかぁ」

あの人のことを思い出しました。

富安俊助中尉。

13期予備学生出身のかたで、特攻出撃しエンタープライズに突入して戦死されています。

富安中尉機がエンタープライズに突入した零戦であるということを突き止めて記事にされていたのが菅原さんでした。


2011年の暮れに知人の戦史研究家Jさんから富安陽子さんの『盆まねき』という児童書をすすめられて読み深く心に刺さりました。
陽子さんは富安中尉の姪御さんです。特攻で亡くなった俊助さんを思い続ける家族のことをどちらかというとふわっとしたタッチで児童書という形で書いています。
この本や菅原さんの記事のことは2012年1月にブログに書いています。








そのときのブログの冒頭に、わたしは、

『戦史研究家のJさんにすすめられて読んだのです。Jさんもある人からすすめられて読んだそうです。そのある人も、また人からすすめられて読んだそうです。
要するに、口コミというか、読んだ人がことごとく感動して、次々に人にすすめていき、わたしが読むことになった・・・・というわけです。

ですから、いま、わたしは、直接すすめてくれたJさんだけではなく、Jさん以前に「この本、いいよ」とすすめてくれたすべての人に感謝しています。

もちろん、作者の富安陽子さんにも。』

と書いています。






白菊の記事を送ってもらい菅原さんと富安中尉のことを思い出したので、森田さんの親戚の方に、
「菅原さんの富安中尉の記事を以前に読んだことがあります」
とお話をしたところ、どうもそのわたしの発言が菅原さんご本人に伝わったようで、
「どうして富安中尉のことを知っているのだろうか?」
といぶかられたらしく(^^;)

「戦史研究家のJさんからすすめられて『盆まねき』を読んだんです」
とお返事しました。

その後、ご親戚の方の仲介を経て、わたしのところに菅原さんからメールが来ました。



Jさんに『盆まねき』すすめたのは雑誌編集者のS氏。わたしはここまでは把握していました。S氏にもすすめた人がいるってこともわかっていました。菅原さんと話してみてわかったのは、S氏にすすめたのが菅原さんだったってこと!(・∀・)


つまり、

菅原さん→S氏→Jさん→わたし

と『盆まねき』が伝わって来たと(^^;)


そして8年経って、菅原さんとわたしのラインがつながったと。

「線」だったのが「輪」になった、とひとりでよろこんでしまいました(*´ω`)

もちろん菅原さんには直接「ありがとうございました」とお礼を言いました。8年かかりましたが(笑)


いつも書いていますが、亡くなった人がご縁でいま生きている人間がつながっていく――
お導きとしか思えないようなことがたびたび起こります。




582空戦闘機隊搭乗員たち2019年11月07日 12時50分24秒

ホリブンの582空時代の写真です!




丙3期・大澤芳夫さんのご家族が所有されているアルバムの中にありました。
大澤さんは18年7月11日、ムンダ攻撃の際ベララベラ島に不時着・行方不明になるも捕虜生還されています。



写っている人や場所・時期に関して、何も注記はありませんでした。
タイトルに「582空戦闘機搭乗員たち」と書いていますが、これはわたしが勝手につけたタイトルです。
じつはおひとりわからない人がいるんですよね。そのおひとりを除いて他の人たちの共通点が「582空戦闘機隊」。わからないおひとりもおそらく582空戦闘機隊の人なんじゃないかな。
もし、この人が誰かわかったとき、他隊の人だったり艦爆隊の人だったりしたらスイマセン。先に謝っておきます。



前列左から
山本留蔵さん(丙2)
だと思うんです。斜めで、笑顔なので「間違いない」と断言まではしません。

19年6月24日  203空  占守島  哨戒中事故



長野喜一さん(操56)
これもわたしの苦手な分野(笑顔)なのですが、んー、でも、長野さんですよね。

ちなみに↓これは松本勝正さん(9期 左)の遺品の中にあった長野さんとのツーショット。
19年初め頃じゃないかと思っています。

19年11月6日  203空戦闘304  比島




明慶幡五郎さん(丙3)
これは目をつぶっちゃっているけど明慶さんでしょう。

19年7月4日  横須賀空  硫黄島




森岡辰男さん(乙10)
森岡さんの写真もずいぶん見たので間違いないと思います。

18年2月1日  582空  イサベル島沖海戦




後列一番左の人は一部(顔半分ぐらい)しか写っておらずわたしの能力では判別不能です。




平林真一さん(丙3)
台南空時代から見ているのでお顔はわかっているつもりです。平林さんだと思います。

戦後生存



福森大三さん(乙10)
福森さんもわたしにとっては台南空から、いや、予科練からなじみの方なので間違いないと。

18年6月16日  582空  ルンガ沖航空戦




大澤芳夫さん(丙3)
今回、ご本人の写真を何枚も見たので間違いないかな、と。

捕虜生還




後列中央の人、この方どなたですかね?
この人がわからないんです。
コスプレでなければ下士官です。
写真に時期は書かれていなかったですが、ホリブンが写っていることから17年11月~18年1月初に限定されます。その時期に「下士官」であること、さらに下士官でお顔がわかっている人(八並信孝さんとか楢原憲政さんとか)を外すとけっこう限られるんですが・・・・。決め手がない状態です。




堀光雄さん(乙10)
この写真、現物はとても小さいんです。肉眼で見てもだれが写っているかわかりません(老眼のせいもある)。
スキャンして拡大してホリブンを見つけたときの驚き! 
初めて見る写真だったのでうれしかったですよー。しかも笑顔だし。

戦後生存




本田秀正さん(丙3)
だと思うんですよね。台南空、251空の集合写真にも写っています。無帽なので印象がちょっと違うんですが。

18年4月7日  582空  ガダルカナル




伊藤重彦さん(丙3)
伊藤さんも台南空、251空集合写真に写っています。

18年6月5日  582空  ブイン




こうしてみると乙10が3人、丙3が5人で、そこに操練56の長野さんと丙2の山本さんが混じっているという感じです。
一人前の搭乗員になったのは長野さんが16年7月、山本さんが16年11月。乙10(飛練16期)と丙3(ここに写っているの人たちは飛練17期)が17年3月。そんな感じのグループです。
階級で言うと、飛長、二飛曹、ぐらいです。

後列真ん中の人は誰かな~?

気やすい感じですよね。ホリブンたちと同じぐらいの海軍歴・搭乗歴の人かな?
肩を組んでいるので、先任者だったとしても”雲の上”の先任者ではなく、”ちょっと先輩”程度の先任者かな?と想像しています。






と、10月の下旬に書いて管理画面に置いていました、この記事。

先日も書いたように、古墳バスツアーに向かっている電車の中でメールの着信に気づき、開いてみたところ、この写真に写っている丙3期の本田秀正さんのご遺族の方からでした。
驚いたのなんのって!

いままで集合写真ばかりで本田さんの鮮明な写真をみたことがなかったのですが、今回、本田さんがお一人で写っている鮮明な写真を送っていただきました。

わたしの方もパソコンの中を探したら、他にも本田さんが写っている写真がありました。
また今度ご紹介できたらと思います。

しかし、本当に不思議なものです。
わたしの知人の戦闘機搭乗員のご遺族の方が地域的なつながりで大澤さんのご家族とご縁があり、さらに大澤さんのアルバムを見せてもらった数日後に大澤さんの同期生で同隊の戦友である本田さんのご遺族の方から連絡が来るとか・・・・。



※画像は大澤さんご家族ご提供

軍艦瑞鶴慰霊祭2019年10月25日 23時28分11秒

今日は瑞鶴の慰霊祭に参列してきました。


雨が降ったりやんだり。





飛練10期鈴鹿の偵察専修生たちが写真を撮った畝傍御陵前駅側の参道の鳥居は新しくなっていました。








慰霊祭の前に、9期の平山繁樹さんのお孫さんご一家と食事をしました。

初対面だったのですが、それまでメールでいろいろやり取りをしていたので初対面の感じがせず(^^;)

わたしのところにある写真データや資料等、お渡ししました。

繁樹さんのことで、わたしの中で「?」なことがあったのですが、それも解決しました。
お孫さんはご存じなくて、その場でお父さん(繁樹さんの息子さん)に電話をかけて聞いてくださったのですが、「あっ!」という間に解決しました(・∀・)


遺品のバックルの現物も見せてもらいました。

触っていいんかな?って感じでしたが(汗)

お孫さん的には、大事に大事にあがめたてまつっているというよりは、もっと身近な、いつもお守り代わりにしているものみたいです。


このバックルに関して、Yさんが田中三也さん(甲5、特練偵察2期)に画像を送って話を聞いてくださいました。
以下、Yさんから。

『特練というのは、非常に名誉なことで、これに選ばれることは何事にも変えられないほど搭乗員として誇りに思えることだったそうです。
が、防諜上の理由から、特練卒業の徽章が廃止されることになり、なんらかの形で記念になるものを、ということで先輩たち(一カ月くらいクロスしていた)がヤイヤイやっていたのを見ていました。それが、バックルだったのでしょうと。
田中さんらは2期なんですが、戦局の悪化や、精神的に余裕もなく、何も記念品的なものは手にすることができなかったとのこと。
でも、今でも特練を卒業したことは何事にも替えることのできない名誉なことと、誇りに思っています。平山さんも同じ思いでいらしたことでしょうと、ご遺族にお伝えしてください』

と、ご伝言があったそうで。

平山さんのご遺族の方にはそのままお伝えしておきました。


特練偵察1期が何人採用されたのか知りませんが、もともと作られた数が少なかったと思われます。いったいいくつほど現存しているか・・・・。非常に貴重なものだと思います。

これは繁樹さんの残したものという意味では世界にたった一つ、まさに何物にも替えがたいものですね。


あと、繁樹さんの遺品としては白いマフラーがあったはず、と言われていました。
見てみたいです。





食事のあと慰霊祭に一緒に行ったのですが。

レストランを出る前にですね。

繁樹さんのひまごちゃん(4ヶ月)を抱っこさせてもらったんですよ!!(・∀・)

ツーショットを撮ってもらいました!

落とすんじゃないか。

泣かすんじゃないか。

と、心配でしたが、何とか落とさず泣かさず、無事に写真を撮ってもらいご両親に戻すことができました(^^;)

ご両親がカメラのところでめっちゃ頑張ってくれはったおかげで、めっちゃ笑っている写真を撮ってもらえました(*´▽`*)



ホントに今日はいろいろと感激して帰ってきました。

ありがとうございました。



※画像は9期生ご家族ご提供

櫂少佐の軍帽2019年07月28日 00時56分59秒

さっきのアルキメデスの話。

軍帽に白線が入っているの見たことない、って話の続きです。



見終わってから検索したところ・・・・

主計科の士官帽には白い線が入っていたらしいですよ!

って話。




9期の集合写真に写っていないか探してみました。


この人、そうですかね?

飛練10期、谷田部(陸上機操縦)の集合写真の士官列に写っていました。
撮影は16年5月ごろかな。

櫂少佐みたいに「めっちゃ白」って感じではないですが、他の人と比べると白っぽい感じの線です。
階級章もかな?


いままで気づかなかったぞー(^^;)

アルキメデスの大戦2019年07月27日 23時53分01秒

前に映画を見たときに予告で流れていました。

見に行かねば!

ということで、行ってきました。
アルキメデスの大戦。


いままでヒミツにしていましたが、じつは菅田将暉くん、けっこう好きなんですよ。
歌っている菅田将暉くんが好き💗

あー、いま若手で一番顔が好きなのは科捜研の女に出ている蒲原刑事です💗

それはどうでもいいんですが。





おもしろかったです。

またひとつ知識を得ましたよ!

ときは昭和8年。
菅田将暉扮する櫂(かい)さんは、東大を一身上の都合で退学し、酒席で芸者を独り占めして騒いでいるところに山本五十六さんに「芸者を譲ってくれ」と乱入されたことが縁で、その高い数学力を買われ、請われて海軍に入ります。東大中退からいきなり海軍主計少佐です。こんなルートが本当にあるのかどうかは突っ込まない方がいいかと(笑)




映画の間、櫂少佐の軍帽がずーっと気になっていたんですよ。

士官帽です。

白い線が入っていたんです。

「こんな軍帽、見たことねーぞ(-_-;)」

きっと主人公を目立たせるためのデザインだな!(・∀・)

と、

思いませんよ。さすがに。


終わってすぐに検索しました。



ありましたー!
零戦の会の会長・神立尚紀さんのツイッターに書いてありました!
主計科士官の軍帽には白線が入っていたそうです。17年4月まで。

最後に、山本さんが連合艦隊司令長官として大和に乗り込んでくるシーンがあって、そのシーンの櫂中佐(9年経って中佐に進級していた)も白線が入っていました。
このシーンは17年2月、白線あり、ってことですね。

恥ずかしながら、いままで古い時期の主計科士官の軍帽とか見たことがなかったので、白線入りの軍帽のことは知らなかったです。

ひとつ勉強になりました!

設定はけっこうハチャメチャだったけど、細かいところの再現力が高いって不思議な映画でした。



2030からの上映を見たんですが、すごい人でした。半分以上埋まっていたんじゃないか?


おもしろかったのは、

櫂少佐の、武器・メジャーを手にしたときの変態ぶり。

櫂少佐お世話担当の田中少尉。いいコンビでした。

海軍映画を見ていたはずなのにいつの間にか池井戸ドラマになっている。

会議中にシマハンと山本さんがけんかを始めるシーンが特にツボで、一人だったら笑い転げたと思うんですが誰も笑っていなかったので、
「ここは笑うところじゃないのか」
と必死でこらえました。