Google
WWWを検索 ひねもすを検索

大友文吉分隊長2020年01月09日 13時58分24秒

今回のタイトルは迷いました。
「大友文吉分隊長」にするか、「森史郎『空母対空母 空母瑞鶴戦史 [南太平洋海戦篇]』光人社NF文庫」にするか。


年末に注文しておいた本を昨日取りに行ってきました。

ネットで注文したら、希望の本屋に届けてくれるというサービスを利用しました。
送料・手数料みたいなものはかかりません。本代だけです。


どうしてこの本を購入したかというと――
平山さんのことを調べていて、どうしてもわからないことがあったからです。この本には書いてあるんじゃないかと思って取り寄せてみました。
結果から言うと、「わかりませんでした」。

何を知りたいのかというと、
南太平洋海戦後、帰ってきた瑞鶴の飛行機隊はどこに行ったのか?
です。

瑞鶴自体はトラック経由で呉に帰ってきたと、ネットにもこの本にも書いてありました。

じゃなくて、飛行機隊、搭乗員たちはどこに帰って来たのか。

艦隊と一緒に呉に帰って来たのか、それとも近海のどこかで発艦して陸上の基地に向かったのか。

アジ歴でも探してみたのですが、わたしの能力では見つけられませんでした。
わたしの検索のしかたが悪いんですよ、たぶん。
以前も、わたしが見つけられなかった資料をKさんが「ここに載っていますよ」とさらっと教えてくださったことが・・・・(^^;)

もし、南太平洋海戦後の瑞鶴の搭乗員たちがどこに向かったのかご存じの方がいたら教えてください<(_ _)>






で、大友文吉分隊長です。

この方です。卒アルから。
9期の予科練時代の操縦分隊の分隊長です。航海の教官。
当時、少佐。

なんで唐突にこの人の名前をタイトルにしたのかというとですね、今回取り寄せた本、読み始めたしょっぱからこの人の名前が出てきて仰天した、と。

1942年9月10日、南雲艦隊がトラック泊地からソロモン海に向かうシーンから話が始まっているんですが、そこに、
『外洋に出て、野元為輝艦長から操舵の指揮を託された大友文吉航海長が、旗艦翔鶴からの速力指示を高い声で操舵員につたえた』
という記述が!

野元艦長というのは瑞鶴の当時の艦長です。ですから「航海長」は瑞鶴の航海長です。

「なんと! 大友分隊長は瑞鶴の航海長になっていたのか!」

ビックリしました。

島田さんの日記(15年11月4日)によると、大友分隊長は9期卒業直前に水路部に転勤されているんです。その後どうなったか・・・・。検索すらしていませんでした。
が、昨日、これの記述を見つけてビックリしたので検索してみたところ・・・・。

戦後もご健在だったらしく、海兵の後輩の方が書かれた故人を偲ぶ手記の中に大友さんのお名前が出ていました。

大鳳にも勤務されていたらしいです。
大鳳はマリアナ沖海戦で森田守さんが発艦した空母です。
そのとき、大友さんもおられたのか?
大鳳時代は副長だったように書かれてあります。

人柄は温厚だったとも。


終戦後は特設潜水母艦筑紫丸の艦長をされていたようなネット記事も出ていました。






島田さんの日記に出てくる大友分隊長関連記事
14年3月1日。
予科練が横須賀から霞ヶ浦に移転。
『運送指揮官大友少佐、補佐官中矢兵曹長指揮によった。』

14年7月16日。
『行軍
六時 湖水にて遊覧船に乗りて香取・香島(鹿島)参拝行軍が実施された。宇土特ム大尉、大友少佐、寺島特ム少尉等教官等交りて水郷の水の都ののんびりした中を取りて参拝した。』

14年9月8日
『近頃時間的観念がないと注意を受ける。整列に遅れたりする者が多いからである。又大友少佐より隊を編制した場合、各自の行動をゆるさない。各自の行動は烏合の衆と同じである。注意を要す。』

15年2月5日
『精神教育
二十一分隊(大友少佐)
我が国は唯今物質的に非常な不自由をしているのである。此れを見るに我が帝国の勢力が此事変に於いて此れだけ衰弱したと考へる者もあるかも知れんが此れは大きな誤解である。』

15年7月22日
『精神教育は大友分隊長の「大死一番」について

15年7月24日
『朝の課業整列の際に大友分隊長より総員に水の節水について自重を望むと!!』

15年7月29日
『精神教育は休暇中の注意事項を話された。
大友分隊長より
㊀機密保持励行の事
㊁女に対する事
以上の事は厳守して萬遺憾なき様にしなければならない。次いで宇土分隊長より以上二項も呉々も注意する様に。また飲食等にも注意する様に!!』

15年9月8日
以前書きました。日曜の外出時のこと。
『隊門を出て自動車に乗ろうと思ったが当直将校大友少佐に歩いて行く様に注意され、本間、大塚、戸川と土浦に徒歩で、土浦で戸川と二人で食べる位の程度で帰る。』

15年9月9日
『精神教育は大友少佐の「公益優先」について。ドイツが如何に滅私的精神が強いか、我が国にのみあると思ったが此れ系統に於いても・・・・。唯国家あるのみのドイツ国民、此れならばこそ落下傘部隊も生れたのである・・・・。』

15年9月19日
『航海
大友教官より教官の説明する時に下を見て本を読んでいる者がある。教官の説明する際はよく聞いていなくてはならない。何にも本を読んで解る所は説明しない、と怒ってしまった・・・・。』

15年10月3日
『航海の時間に大友少佐が「日本精神」と云ふ本、紀平博士の書いたもの、結論は「何クソ」であると言はれた。何事も「何クソ」であればよい・・・・。』

15年10月8日
『航海試験・・・・。
大友分隊長より試験前まで未練そうに何時迠も本を見ている。此れは将来お前達が飛行機に乗り出そうとして教員から射撃方法等習っているのと同じである。此うした事はやめろ・・・・。』

15年11月4日
『二十一分隊長少佐大友文吉 水路部員に栄転されて餞けとして一言訓示。
今迠に又此れから守ってもらいたいのは唯々「和」である。「和」を持って此れから行く様に。』


わたしが大友分隊長に共感した点。
試験前まで未練そうにいつまでも本を見ているって注意されているところ(笑)
春海は試験前だろうが試験中だろうがまったく勉強する様子もなく、駅で水泳部員とTikTokやったりしたあげく散々な結果を持ち帰って来るので呆れるばかりですが。毎回ホントに「実力テスト」状態です( ;∀;)
だからと言って試験日に行きの電車の中で単語帳を見ている高校生「すばらしい!!」と思っているかというとそうでもなく、じつは少し呆れている部分があります。
試験というのはふだんの勉強していることが身についているかどうかを確認する場であって、試験のために勉強するのは本末転倒です。
しかし、いまはこの試験の結果の「点数」が人生を左右することにもなるので、とにかく点を取らねばとそのことに一生懸命になってしまいますよね。
一番いいのはやはりふだんからやっていて、テスト前に慌てて詰め込まない、ってことです。一夜漬けみたいなことや試験直前に単語を覚えるようなことをしてしのいでも、結局身に付きません。実体験です(笑)

あとね、教官が説明しているときは本は見なくていい、って話も。





ここまで書いてきて、またあることに気づきました。
この写真、9期操縦分隊の集合写真です。

この写真に、9期の卒業時のものだと添え書きがあるのを見たことがあります。その添え書きはどなたが書いたのかわかりません。
ただ、軍帽のペンネントが「霞ヶ浦海軍航空隊」なので、「卒業時」ではなく「卒業に近い時期」だろうぐらいに思っていました。
※9期の卒業時の所属は土浦海軍航空隊。


大友分隊長が写っていました!

ということは少なくとも分隊長が11月4日に転勤するより前、の撮影ということになります。

もしかしたら分隊長の退隊に際しての記念写真かもな、という気になっています。





9期生存者が戦後に編集した『九期生名簿』。
ここに倉町先生が文章を寄せていますが、大友分隊長のことはどこにも触れられておらず、予科練退隊後のことは今回検索するまでわたしは知りませんでした。

10期の久保さん宅に遊びに行ったとき、当時の分隊長とは戦後も交流があったという話をうれしそうにされていました。予科練においては親みたいな存在だと思います、分隊長。

9期も大友分隊長と戦後も交流があったんです。写真を探したらありました。
見ているはずなのですが、情報量が多すぎて大友分隊長が写っていることを失念してしまっていました。
昭和40年。9期生が卒業記念に植えた土浦の雄飛の松。

添え書きに「大友分隊長をかこんで」と書かれています。
9期会の旗の左で杖を手に座っているご老人のすぐ後ろの白髪のおじさんがそうなんだろうと思います。
明治32年(1899年)生まれらしいので、昭和40年(1965)は66歳です。
9期生は40歳ちょい過ぎぐらいです。



平山さんのことを調べようとして大友分隊長にいっちゃいました(^^;)
これから瑞鶴、読みます。


※画像は9期生ご遺族、ご家族ご提供

17年11月 582空戦闘機隊集合写真2019年11月21日 12時59分12秒

丙3期、582空戦闘機隊だった大澤芳夫さんのアルバムにこんな写真が貼ってありました。


台紙には「セレベス島 ケンダリ―基地」と書いてありました。

なので、最初は「3空時代かな」と。
しかしスキャンして拡大してみたころ、横山孝さんがいる・・・・進藤三郎さんもいる・・・・いやいや元台南空の若手の人たち(丙3)がわさわさといる・・・・。

17年11月以降の582空だなと思いました。
Kさんにも見てもらったところ、ある程度の時期まで絞り込んでくださいました。11月後半は間違いなさそう。
11月30日に戦死した横山孝さんが写っているので12月にずれ込むことはないと思います。

なので「ケンダリ―基地」の書き込みは、あとから写真が入れ替わってしまっているのか、大澤さんの記憶違いか、そこはちょっとわかりません。




582空だとわかったら、
「そういえば見たことあるかも」
となって、家の本棚を探したら掲載書籍がありました。

『日本海軍戦闘機隊』【エース列伝】大日本絵画版

角田さんのところに掲載されていました。
キャプションに書かれていた氏名を大澤さんの写真にそのまま書きこんでいます。




神立尚紀さんの『零戦 最後の証言Ⅱ』(光人社)の角田さんの項。
「11月29日」と日付まで書かれていました。
これもキャプションの氏名をそのまま書きこみました。


この2枚を参考にしつつ、わたしが○○さんだろうと判断したものも加えて下に出します。
階級は17年11月という前提で。

前列左から
伊藤重彦飛長(丙3)
18年6月5日  582空  ブイン


大澤芳夫飛長(丙3)
捕虜生還


長野喜一2飛曹(操56)
19年11月6日  戦闘304  比島


森岡辰男2飛曹(乙10)
18年2月1日  582空  イサベル島沖海戦


本田秀正飛長(丙3)
18年4月7日  582空  ガダルカナル


平林真一飛長(丙3)
戦後生存



2列目(イス列)左から
浅野満興予備少尉(予8期)
18年1月17日  582空  ラビ


坂井知行大尉(兵66)
坂井さんは本田秀正さんの横空時代の分隊長だったようで、通帳に「坂井知行」の分隊長印が押されていました。
17年11月30日  582空  ブナ


八木勝利少佐(兵54)
飛行長
戦後生存


進藤三郎大尉(兵61)
飛行隊長
戦後生存


鈴木宇三郎中尉(兵68)
19年10月13日  戦闘301  台湾沖


輪島由雄少尉(操18)
19年2月23日  263空  マリアナ


角田和男飛曹長(乙5)
戦後生存




3列目左から
山本留蔵2飛曹(丙2)
19年6月24日  203空  占守島  哨戒中事故


小川覚2飛曹(丙2)

これは大澤さんが氏名を書きこんでいた集合写真の「小川」さん。同じ人ですよね。
18年6月5日  582空  ブイン


横山孝1飛曹(乙9)
横山さんはこちらを。
17年11月30日  582空  ブナ


八並信孝1飛曹(丙3)
台南空からよくお顔を知っていた方で、勝手に「やなみ」さんと思っていましたがどうも「やつなみ」さんかもしれないという情報が。飛練17期で飛行歴は浅いですが12志だそうで。
18年6月30日  582空  レンドバ攻撃


竹中義彦上飛曹(甲1)
19年6月19日  652空  マリアナ沖


不明


不明

先日出したホリブンが写っている集合写真の「おひとりだけどなたかわからない」と言っていた人、
同じ人ですかね?
笑っているのでわかりづらいですが。
違うかな~?


山内芳美飛長(丙3)
18年10月17日  204空  ブイン


4列目左から
不明


楢原憲政1飛曹(甲5)

【エース列伝】には「奈良原」と書かれていますが、楢原さん。
これは大澤さんが氏名を書きこんでいた集合写真から「楢原」さん。
18年8月15日  204空  ベララベラ


笹本孝道飛長(丙3)

たぶん台南空の笹本さんだと思うんですよね・・・・。
台南空集合写真より
251空集合写真より
18年6月30日  582空  レンドバ攻撃


竹内通2飛曹(乙10)

これは飛練16期の集合写真の竹内さんです。
戦後病没。


上松直2飛曹(乙10)

これも飛練16期集合写真の上松さんです。
17年12月7日  582空  ブナ


明慶幡五郎飛長(丙3)
19年7月4日  横須賀空  硫黄島


不明
【エース列伝】では「山ノ内」になっていますが、行動調書にはこのお名前は見当たらないですね。
もしかしたらすぐ前に立っている山内芳美さんと誤認されたのかも?
どなただろうか?




というわけで、書籍のキャプションを参照しつつわたしの現時点の認識を加えた集合写真(階級・敬称略)。

不明の人が気になります。
この時期前後の行動調書にお名前が出ている中にいらっしゃるのだろうと思いますが・・・・。
わかったらまた書きます。


※画像は大澤さんご家族、武田信行氏、久保さんご提供

8年後の盆まねき2019年11月15日 09時40分36秒

先日、以前から交流のあった9期の森田守さんのご遺族の親戚の方からメールをいただきました。


その方は徳島空の白菊特攻隊の慰霊顕彰活動をされています。

戦史研究家の菅原完さんが書いた白菊特攻隊の記事が雑誌『丸』(9月号、10月号)に掲載されたとかで、コピーを送ってくださいました。


「あー、菅原完さんかぁ」

あの人のことを思い出しました。

富安俊助中尉。

13期予備学生出身のかたで、特攻出撃しエンタープライズに突入して戦死されています。

富安中尉機がエンタープライズに突入した零戦であるということを突き止めて記事にされていたのが菅原さんでした。


2011年の暮れに知人の戦史研究家Jさんから富安陽子さんの『盆まねき』という児童書をすすめられて読み深く心に刺さりました。
陽子さんは富安中尉の姪御さんです。特攻で亡くなった俊助さんを思い続ける家族のことをどちらかというとふわっとしたタッチで児童書という形で書いています。
この本や菅原さんの記事のことは2012年1月にブログに書いています。








そのときのブログの冒頭に、わたしは、

『戦史研究家のJさんにすすめられて読んだのです。Jさんもある人からすすめられて読んだそうです。そのある人も、また人からすすめられて読んだそうです。
要するに、口コミというか、読んだ人がことごとく感動して、次々に人にすすめていき、わたしが読むことになった・・・・というわけです。

ですから、いま、わたしは、直接すすめてくれたJさんだけではなく、Jさん以前に「この本、いいよ」とすすめてくれたすべての人に感謝しています。

もちろん、作者の富安陽子さんにも。』

と書いています。






白菊の記事を送ってもらい菅原さんと富安中尉のことを思い出したので、森田さんの親戚の方に、
「菅原さんの富安中尉の記事を以前に読んだことがあります」
とお話をしたところ、どうもそのわたしの発言が菅原さんご本人に伝わったようで、
「どうして富安中尉のことを知っているのだろうか?」
といぶかられたらしく(^^;)

「戦史研究家のJさんからすすめられて『盆まねき』を読んだんです」
とお返事しました。

その後、ご親戚の方の仲介を経て、わたしのところに菅原さんからメールが来ました。



Jさんに『盆まねき』すすめたのは雑誌編集者のS氏。わたしはここまでは把握していました。S氏にもすすめた人がいるってこともわかっていました。菅原さんと話してみてわかったのは、S氏にすすめたのが菅原さんだったってこと!(・∀・)


つまり、

菅原さん→S氏→Jさん→わたし

と『盆まねき』が伝わって来たと(^^;)


そして8年経って、菅原さんとわたしのラインがつながったと。

「線」だったのが「輪」になった、とひとりでよろこんでしまいました(*´ω`)

もちろん菅原さんには直接「ありがとうございました」とお礼を言いました。8年かかりましたが(笑)


いつも書いていますが、亡くなった人がご縁でいま生きている人間がつながっていく――
お導きとしか思えないようなことがたびたび起こります。




582空戦闘機隊搭乗員たち2019年11月07日 12時50分24秒

ホリブンの582空時代の写真です!




丙3期・大澤芳夫さんのご家族が所有されているアルバムの中にありました。
大澤さんは18年7月11日、ムンダ攻撃の際ベララベラ島に不時着・行方不明になるも捕虜生還されています。



写っている人や場所・時期に関して、何も注記はありませんでした。
タイトルに「582空戦闘機搭乗員たち」と書いていますが、これはわたしが勝手につけたタイトルです。
じつはおひとりわからない人がいるんですよね。そのおひとりを除いて他の人たちの共通点が「582空戦闘機隊」。わからないおひとりもおそらく582空戦闘機隊の人なんじゃないかな。
もし、この人が誰かわかったとき、他隊の人だったり艦爆隊の人だったりしたらスイマセン。先に謝っておきます。



前列左から
山本留蔵さん(丙2)
だと思うんです。斜めで、笑顔なので「間違いない」と断言まではしません。

19年6月24日  203空  占守島  哨戒中事故



長野喜一さん(操56)
これもわたしの苦手な分野(笑顔)なのですが、んー、でも、長野さんですよね。

ちなみに↓これは松本勝正さん(9期 左)の遺品の中にあった長野さんとのツーショット。
19年初め頃じゃないかと思っています。

19年11月6日  203空戦闘304  比島




明慶幡五郎さん(丙3)
これは目をつぶっちゃっているけど明慶さんでしょう。

19年7月4日  横須賀空  硫黄島




森岡辰男さん(乙10)
森岡さんの写真もずいぶん見たので間違いないと思います。

18年2月1日  582空  イサベル島沖海戦




後列一番左の人は一部(顔半分ぐらい)しか写っておらずわたしの能力では判別不能です。




平林真一さん(丙3)
台南空時代から見ているのでお顔はわかっているつもりです。平林さんだと思います。

戦後生存



福森大三さん(乙10)
福森さんもわたしにとっては台南空から、いや、予科練からなじみの方なので間違いないと。

18年6月16日  582空  ルンガ沖航空戦




大澤芳夫さん(丙3)
今回、ご本人の写真を何枚も見たので間違いないかな、と。

捕虜生還




後列中央の人、この方どなたですかね?
この人がわからないんです。
コスプレでなければ下士官です。
写真に時期は書かれていなかったですが、ホリブンが写っていることから17年11月~18年1月初に限定されます。その時期に「下士官」であること、さらに下士官でお顔がわかっている人(八並信孝さんとか楢原憲政さんとか)を外すとけっこう限られるんですが・・・・。決め手がない状態です。




堀光雄さん(乙10)
この写真、現物はとても小さいんです。肉眼で見てもだれが写っているかわかりません(老眼のせいもある)。
スキャンして拡大してホリブンを見つけたときの驚き! 
初めて見る写真だったのでうれしかったですよー。しかも笑顔だし。

戦後生存




本田秀正さん(丙3)
だと思うんですよね。台南空、251空の集合写真にも写っています。無帽なので印象がちょっと違うんですが。

18年4月7日  582空  ガダルカナル




伊藤重彦さん(丙3)
伊藤さんも台南空、251空集合写真に写っています。

18年6月5日  582空  ブイン




こうしてみると乙10が3人、丙3が5人で、そこに操練56の長野さんと丙2の山本さんが混じっているという感じです。
一人前の搭乗員になったのは長野さんが16年7月、山本さんが16年11月。乙10(飛練16期)と丙3(ここに写っているの人たちは飛練17期)が17年3月。そんな感じのグループです。
階級で言うと、飛長、二飛曹、ぐらいです。

後列真ん中の人は誰かな~?

気やすい感じですよね。ホリブンたちと同じぐらいの海軍歴・搭乗歴の人かな?
肩を組んでいるので、先任者だったとしても”雲の上”の先任者ではなく、”ちょっと先輩”程度の先任者かな?と想像しています。






と、10月の下旬に書いて管理画面に置いていました、この記事。

先日も書いたように、古墳バスツアーに向かっている電車の中でメールの着信に気づき、開いてみたところ、この写真に写っている丙3期の本田秀正さんのご遺族の方からでした。
驚いたのなんのって!

いままで集合写真ばかりで本田さんの鮮明な写真をみたことがなかったのですが、今回、本田さんがお一人で写っている鮮明な写真を送っていただきました。

わたしの方もパソコンの中を探したら、他にも本田さんが写っている写真がありました。
また今度ご紹介できたらと思います。

しかし、本当に不思議なものです。
わたしの知人の戦闘機搭乗員のご遺族の方が地域的なつながりで大澤さんのご家族とご縁があり、さらに大澤さんのアルバムを見せてもらった数日後に大澤さんの同期生で同隊の戦友である本田さんのご遺族の方から連絡が来るとか・・・・。



※画像は大澤さんご家族ご提供

軍艦瑞鶴慰霊祭2019年10月25日 23時28分11秒

今日は瑞鶴の慰霊祭に参列してきました。


雨が降ったりやんだり。





飛練10期鈴鹿の偵察専修生たちが写真を撮った畝傍御陵前駅側の参道の鳥居は新しくなっていました。








慰霊祭の前に、9期の平山繁樹さんのお孫さんご一家と食事をしました。

初対面だったのですが、それまでメールでいろいろやり取りをしていたので初対面の感じがせず(^^;)

わたしのところにある写真データや資料等、お渡ししました。

繁樹さんのことで、わたしの中で「?」なことがあったのですが、それも解決しました。
お孫さんはご存じなくて、その場でお父さん(繁樹さんの息子さん)に電話をかけて聞いてくださったのですが、「あっ!」という間に解決しました(・∀・)


遺品のバックルの現物も見せてもらいました。

触っていいんかな?って感じでしたが(汗)

お孫さん的には、大事に大事にあがめたてまつっているというよりは、もっと身近な、いつもお守り代わりにしているものみたいです。


このバックルに関して、Yさんが田中三也さん(甲5、特練偵察2期)に画像を送って話を聞いてくださいました。
以下、Yさんから。

『特練というのは、非常に名誉なことで、これに選ばれることは何事にも変えられないほど搭乗員として誇りに思えることだったそうです。
が、防諜上の理由から、特練卒業の徽章が廃止されることになり、なんらかの形で記念になるものを、ということで先輩たち(一カ月くらいクロスしていた)がヤイヤイやっていたのを見ていました。それが、バックルだったのでしょうと。
田中さんらは2期なんですが、戦局の悪化や、精神的に余裕もなく、何も記念品的なものは手にすることができなかったとのこと。
でも、今でも特練を卒業したことは何事にも替えることのできない名誉なことと、誇りに思っています。平山さんも同じ思いでいらしたことでしょうと、ご遺族にお伝えしてください』

と、ご伝言があったそうで。

平山さんのご遺族の方にはそのままお伝えしておきました。


特練偵察1期が何人採用されたのか知りませんが、もともと作られた数が少なかったと思われます。いったいいくつほど現存しているか・・・・。非常に貴重なものだと思います。

これは繁樹さんの残したものという意味では世界にたった一つ、まさに何物にも替えがたいものですね。


あと、繁樹さんの遺品としては白いマフラーがあったはず、と言われていました。
見てみたいです。





食事のあと慰霊祭に一緒に行ったのですが。

レストランを出る前にですね。

繁樹さんのひまごちゃん(4ヶ月)を抱っこさせてもらったんですよ!!(・∀・)

ツーショットを撮ってもらいました!

落とすんじゃないか。

泣かすんじゃないか。

と、心配でしたが、何とか落とさず泣かさず、無事に写真を撮ってもらいご両親に戻すことができました(^^;)

ご両親がカメラのところでめっちゃ頑張ってくれはったおかげで、めっちゃ笑っている写真を撮ってもらえました(*´▽`*)



ホントに今日はいろいろと感激して帰ってきました。

ありがとうございました。



※画像は9期生ご家族ご提供