Google
WWWを検索 ひねもすを検索

3空の零戦2020年01月28日 20時36分01秒

今日は大澤さんの遺品の中にあった3空らしきある写真に関して書きかけていたのですが、もう少し調べてから・・・・になってしまいました。


かわりにこれを。

たぶんわたしが調べることはないと思われるので(^^;)

けっこう有名な写真ですよね。

『日本海軍戦闘機隊2【エース列伝】』の橋口嘉郎さんの項に掲載されています。
「本写真に写る3空の「零戦」21型[X-183]号機は、派手な桜の撃墜マークを11個も垂直尾翼に記入した機体として以前から有名。銘板から三菱製造5404号機とわかる。動翼部分が暗く写っているが、これは影になっているだけ。橋口2飛曹の愛機の1つ」
というキャプションがついています。



銘板の話が出ているのでこれも出しておきますね。
めっちゃ鮮明に写っています。


水平尾翼の下には、



ちなみにこの桜マーク11個。
搭乗員個人の戦果ではなく、この機体で墜とした戦果だそうです。




※画像は大澤さんご家族ご提供

第三海軍航空隊 16年12月8日2020年01月25日 15時24分10秒

大澤さんの写真の中にこんな写真がありました。


同じ写真が大日本絵画『日本海軍戦闘機隊【戦歴と航空隊史話】』に掲載されていました。
その説明文の一部。
「昭和16年12月8日、ハワイ作戦と呼応して行われたフィリピン侵攻作戦のため高雄において出撃前の訓示を受ける3空の搭乗員たち」




当時の3空の司令は亀井凱夫大佐です。
wikiに写真が出ています。たぶん中央で一種軍装で答礼をしているのが亀井大佐でしょう。

居並んでいる搭乗員たち、ぜんぜんどなたかわからないです。
出撃組は亀井大佐と向かい合ってカメラに背を向けている集団だろうと思います。

たぶん、それ以外の後ろ姿の中に9期の人たちもいると思うんですが。
先日書いた森田勝さんのほか、茂木義男さん、佐藤昇さん、野村茂さんが当時3空所属で高雄にいたはずです。
さすがに後ろ姿ではわかりませぬ(^^;)
飛行靴に記名している人がいるようですが、ぼやぼやでまったく読めません。

向こうに写っている格納庫みたいな建物。そこに増槽らしき物体も写っています。


こちらは外壁。かかっているのは落下傘の縛帯でしょうか。


搭乗割が書かれているんじゃないかと思われる黒板も写っています。見たい!(・∀・)




※画像は大澤さんご家族ご提供

582空搭乗員2019年12月20日 09時39分02秒

大澤芳夫さんのアルバムにこんな写真が貼られていました。




真ん中でおでこを出して飛行帽をかぶっているのが大澤さんですよね。


その前、たぶん笹本孝道さん(大澤さんが氏名を書きこんでいた集合写真から)。
丙3期から台南空、582空。


大澤さんの左は伊藤重彦さん(上と同じ)。
やはり丙3期から台南空、582空。


大澤さんの右側の人がどなたかわかりません。
樫村さんを囲んだ、テント前の集合写真(書籍掲載)に写っている人かな?とも思うのですが、あまり鮮明でないので判別不能です。

メンツからたぶん582空時代の写真かな?


先輩や上官が一緒に写った集合写真とは一味違う、ふだんのお顔をのぞかせている一枚だと思います。
写真の撮影者も気心の知れた人なのかな、という感じ。

大澤さん以外の3人は哨戒の待機中なのか、いつでも飛び立てるような装備ですが、飛行服を着ずに救命胴衣だけですよね。582空の搭乗員たちはふだんからこんな状態で飛んでいたんでしょうかね。ラバウルはどこもこんな感じだったのか?

4人の表情には全然緊張感が感じられないので、これから攻撃に行く、という状態ではないのかな?



伊藤さんも笹本さんも台南空時代からお顔を見ている人なので、こういうオフショット?が見れるのはうれしいです。


※画像は大澤さんご家族ご提供

丙3期 本田秀正さん2019年11月28日 16時46分16秒

東京出身、戦闘機。

15年志願兵。
丙3期(土浦)、飛練17期(筑波→大分)、横空、台南空、251空、582空。





丙3といえば、常日頃から谷水竹雄さんの息子さんにはお世話になっています。
そしてつい最近、大澤芳夫さんのご家族の方ともご縁ができたばかりでした。


そんなときに本田秀正さんのご遺族の方から連絡をいただきました。
本田さんと大澤芳夫さんは戦地(ラバウル、582空)でも同じ隊という仲、不思議なめぐりあわせだと思いました。



ご遺族の方から写真を提供していただきました。

この写真は飛練時代でしょうか。
一緒に写っている人が一種だし、本田さんももこもこしているので冬季かな? 
左の人はどなたかわかりません。



これは戦地でしょうか。
どこかな?
肩から斜め掛けにした紐の先にはピストルをつるしています。

この写真は裏書があって本籍地の住所と「故海軍二等飛行兵曹 本田秀正」と書かれています。
明らかに戦死後に書かれたものです。
朱書き(色鉛筆)で番号も入っています。
9期の島田清守さんの遺品の中にも同じ様式の写真がありました。本籍住所、戦死後の階級、朱書きの番号が入った写真。
他にも見た記憶があります。関口一男さんとか。
海軍が「海軍葬で遺影に使います」と送ってきた写真じゃないかと推測しているんですが。

本田さんのこの写真、地区?の合同葬の写真を見ると遺影として飾られています。




これは台南空17年8月4日と言われている集合写真。ラバウル。









以下、うちにあった写真に写真に写っていた本田さん。

西澤さんの251空11月と言われている集合写真。
本田さんは隊の幹部が居並んでいる最前列右から2人目。めっちゃ居心地悪そうに座っています(^^;)



谷水竹雄さんの飛練17期筑波時代の集合写真です。
ちなみに飛練17期の陸上機の中練は百里でもやったようです。大澤さんは百里組。



大澤芳夫さんの飛練17期大分(実用機 戦闘機)の卒業時の集合写真。
同じ写真は谷水さんもお持ちでした。
本田さんは前から4列目のちょうど真ん中あたりです。



17年11月の582空戦闘機隊集合写真。




582空戦闘機隊若手?




18年4月7日  582空  ガダルカナル




台南空や251空の人たちって、9期のことを調べ始める前から関心があって、「これは誰だろう?」というところから自分なりに調べていました。

しかし、これがなかなか(^^;)
台南空と251空の集合写真、いまだに誰だかわからない人もいます。

幸い、本田さんはけっこう早い時期から「この人が本田秀正さん」と把握できていました。
しかし集合写真ばかりだったのでね。
やはりこうしてご遺族の方から連絡をいただいてお顔がはっきりわかる写真を見せていただけるというのはうれしいです。





※画像は本田さんご遺族、大澤さんご家族、谷水さんご家族、武田信行氏ご提供

丙2期 山本留蔵さん2019年11月21日 13時21分47秒

大澤さんのアルバムに山本留蔵さんのかっこいい写真がありました。


これは指揮所の階段でしょうか。


肩から斜め掛けした紐(落下傘の紐か?)の先には拳銃のようなものが・・・・。




同じ時に同じ場所で撮られたものでしょうか。もう1枚。
ちょっとはにかんだ感じの笑顔がいいですね。



北海道出身。

19年6月24日  203空  占守島  哨戒中事故

行動調書には「離陸直後不時着戦死」と書かれています。
【エース列伝】には高度50mから失速墜落と書いてあります。

歴戦の戦闘機乗りですからね・・・・何があったのかな・・・・。


※画像は大澤さんご家族ご提供