Google
WWWを検索 ひねもすを検索

加賀艦攻隊・渡辺中隊 13年5月2022年06月09日 21時45分02秒

※202206100926大串さんの箇所、訂正しました。


浅川さんのアルバムに、こんな写真がありました。


准士官以上4名、下士官18名、兵2名、計24名写っています。

『艦船模型スペシャル』2022春号の加賀艦橋特集で鷲見博さんが解説してくださった写真です。
後ろは発着艦指揮所らしいのですが、この写真にしか写っていない箇所もあるらしく、貴重な写真なんだって。

写真の背景などに関しては鷲見さんに解説していただいたので、わたしはここに写っている24名を紹介したいな、とずっと思っていました。

浅川さんの写真の中には、こんな写真もありまして。
どうやら13年5月の加賀の飛行機隊総員集合写真のようです。
ここに写っている某搭乗員と知人のご教示で、かなりの人数の氏名がわかりました(数名がまだ不明です)。

冒頭の写真は、この総員集合写真と同じ日に撮られた艦攻隊・渡辺初彦大尉の中隊の集合写真のようです。


ということで、氏名がわかっている総員集合写真を参考にするのはもちろんのこと、13年5月の編制表も元にして照合してみました。


アジ歴の戦闘詳報をもとに、中隊写真の推測用に作った編制表です。


おそらく、5月4日、14日の渡辺中隊出撃メンバー24名でいいのではないか。
准士官以上4名、下士官18名、兵2名も一致しています。





前列左から、
前田旦三空曹長(操14)
戦後生存


渡辺初彦大尉(兵58)
戦後生存


北島一良中尉(兵61)
戦後生存


豊田功雄空曹長(偵4)
戦後生存



2列目左から
大串融1空(偵34)
じつは総員写真の方で、この方、氏名がわかりません。というか、違う氏名が振ってありました。
しかし、当時の加賀にそういうお名前の人は存在しないのでカン違いではないのか(氏名をご教示いただいた方は艦攻隊ではない)、さらに上に出した編制表からの推定で、「大串融さんなのでは?」と考えました。
大串さんだとすると、

18年10月16日  954空  セブ発進対潜哨戒 発動機不調で帰投中墜落

艦攻。
行動調書には操縦員欄にお名前が書かれていますが、偵察か電信の間違いではと思います。
偵察員だそうです(Kさんご教示)。



田添茂次郎3空曹(偵27)
19年10月12日  攻撃262  台湾沖

この方、大澤昇次さんのお友だちのようです。アルバムに飛曹長時代らしき写真が貼ってありました(長髪)。


重信常治3空曹(偵30)
18年11月1日  582空  ダンピール海峡索敵攻撃

飛練10期大分偵察の集合写真(16年10月末)に教員として写っています。亀田さん↓の横で。


亀田政義1空曹(偵24)
戦後生存


扇喜茂芳1空曹(偵21)
戦後生存



谷口惣一郎1空曹(偵22)
20年5月22日  攻撃704  沖縄

真珠湾攻撃時、われらが蒼龍艦攻隊、長井大尉機の偵察員です。


鶴勝義1空曹(偵23)
17年2月19日  加賀  ダーウィン攻撃

真珠湾時(加賀)も戦死時も艦爆の偵察員です。


赤松作1空曹(乙1)
17年6月5日  飛龍  ミッドウェー


佐賀睦夫1空曹(乙1)
戦後生存


吉野正美1空(偵34)
戦後生存

総員集合写真では「大串」さんということになっていたのですが、浅川さんのmyカメラの方に15空時代の吉野さんが写っていた&開隊時の氏名入り集合写真で「吉野」となっていたため、この方は吉野正美さん。



3列目左から
船津忠信3空曹(偵31)
戦後生存

開戦時は東港空、飛行艇の偵察員をされていたみたい。


中尾保蔵3空曹(操27)
19年6月19日  601空(偵察隊)  マリアナ沖

「大鳳にて戦死」(川崎まなぶ『マリアナ沖海戦』大日本絵画)


渡辺晃3空曹(操28)
19年10月13?14?日  攻撃501  台湾沖


下東春雄3空曹(乙4)
17年8月29日  木更津空  ガダルカナル

戦死時は山本春雄さん、中攻の操縦員。


小野義範2空曹(乙3)
17年6月5日  飛龍  ミッドウェー

真珠湾時(飛龍、エンジン不調引返す)も戦死時も艦爆隊長・小林道雄大尉の偵察員。


馬場常一1空曹(乙2)
17年5月7日  瑞鶴  珊瑚海海戦

真珠湾時、瑞鶴水平爆撃隊。


高木三二3空曹(操27)
17年10月17日  隼鷹  ガダルカナル


浅川三雄1空曹(乙2)
戦後生存


西継男3空曹(操36)
18年7月12日  702空  ルッセル島

戦死時、中攻操縦員。


秋吉清人3空曹(偵31)
18年5月15日  702空  モレスビー飛行場夜間攻撃

戦死時、中攻電信員。







この24名をベースに、前後の時期の集合写真を並べてみました。



渡辺中隊から15空に移った人が多いです。

写っていないから、その集団にいなかった、とはなりません。
たまたまいなかっただけかもしれません。
でも、15空の開隊時分隊写真と明治節の記念写真両方に写っていない人は加賀から移ってきていないんだろうと思います。加賀に残留したか、他隊に転勤したか(7月の加賀の戦闘詳報を見れば残留した人はわかります)。
これに加えて、解散した時点での15空の搭乗員名簿があります。
開隊時にいらしたはずの下東さんと中尾さんのお名前はないんですよ。お二人は明治節写真にも写っていないようにあります。途中で転勤されたのでしょうかね。



たぶん、二重橋から明治節まで、1年以内だと思うのですがあまりの違いにアッと驚く人が。
重信さん、二種だとかなりすっきりした男前に見えますが、明治節時点では鍾馗さんみたいになっています(^^;)
15空の記念アルバムというものがあり(印刷物)、そこに「陣中髭競べ」という1ページがあり、15空の髭自慢が集っています。
5分隊代表・重信さん、髭自慢の中でもかなり頑張っています(笑)
ただ、髭は戦地バージョンだったみたいで、飛練10期大分偵察の教員時代はまたすっきりした重信さんに戻っています。



他にも浅川さんmyカメラで撮られた写真がある人もいるので、できたらそういう方は個別に紹介したいです。

15空から加入した人の写真もありますしね。





※画像は9期生ご遺族、浅川さんご家族ご提供
Wさん、Kさん、Tさんご教示
参照:吉良敢・吉野泰貴『真珠湾攻撃隊隊員列伝』(大日本絵画)

コメント

トラックバック