Google
WWWを検索 ひねもすを検索

筑波海軍航空隊百里原分遣隊2021年08月12日 22時31分48秒

浅川さんの写真。

いままで人(海軍さん)が写っている写真を中心にメール添付で送っていただいていました。
が、先日、浅川さんの全データが郵送で送られてきました。


これがまたスゴイ!

人が写っていない写真もきっと見る人が見れば大発見があるんじゃないかって写真がけっこうありました。

わたしが見ても、ヘンなところで面白がるだけで宝の持ち腐れっぽいですが(^^;)



百里原分遣隊 一分隊作 庭園

「何!? 一分隊とな!?(;゚Д゚)」

百里原教員の杉尾茂雄さん(乙5)のところで引用した角田和男さん(乙5)の手記(『修羅の翼』(光人社))、
「(昭和14年12月15日の)翌日、百里原航空隊行の十一名はトラックで送られた。わたしはすでに一分隊に編入が決まっていた。山口兵曹長、西川一整曹、大坪一空曹、原田二空曹等、世話になった教員方が多かった。分隊長は関衛大尉、分隊士青木予備中尉、篠原空曹長、一色空曹長等の錚々たるメンバーに引き合わされた。飛行隊長は後に世話になった玉井浅一少佐であった。
百里原空は開隊されたばかりで、先着の杉尾茂雄や井上朝夫は、飛行場整理の土方仕事もだいぶ長くさせられたとのことだった」


角田さんが編入した一分隊が作った庭園!(・∀・)

ん? 庭園?(^^;)

白黒だとよくわからんですね。

じつをいうと、最初絵面を見たときいったい何の写真かわかりませんでした(/・ω・)/

じつをいうと、キャプションから庭園だとわかって拡大して見たんですが、それでもよくわかりませんでした(/・ω・)/


近すぎてよくわからんのですかね?
もうちょっと引いて撮ってくれはったら全景が見えて庭園の様子がよくわかったかも。


角田さんの手記には「飛行場整理の土方仕事」って書いてありますが、庭園まで造らされていたとは。




基地の空撮写真もありましたよ。

飛行機ヨリ百里ヶ原分遣隊ヲ臨ム
中央部分が航空隊の施設のようですな。
向こうに見えているのは筑波山。


中央部拡大
このどこかに教員室のある建物や一分隊作庭園があるんだろうな~



飛行場に面している格納庫みたいのは他の写真にも写っています。

右下の黒板のところにいるのは北島大尉。  ※他の写真から


角度を調整
格納庫。




格納庫、別角度から。


拡大
手前のキザキザ屋根の連なりは上の写真には写っていないようにあります。
新しい施設なのか?



これは兵舎から道場を見たところらしいです。
木の具合が出来立てほやほや感を出しています。



百里原はいままで滑走路?以外の基地の施設を見たことがなかったので、浅川さんの写真、すごく新鮮です。





最後に。
百里付近から筑波山夕景。       友人F氏撮影

百里原の教員や練習生たちもこんな夕景を見たかもしれません。



※画像は浅川さんご家族、友人F氏ご提供

コメント

トラックバック