Google
WWWを検索 ひねもすを検索

大阪府立弥生文化博物館 秋季特別展「弥生農耕――田んぼとはたけ」2020年11月17日 16時44分19秒

土曜日、大阪の弥生博に特別展を見に行ってきました。

テーマは弥生農耕。田んぼとはたけ。


講演会をしていたみたいで、思ったよりヒトが多かったです。
※講演会は事前予約制だったようです

しかも無料入館できる日だったようで。
わたしは招待券握りしめて「ただで入るぞー!」って張り切って行ったんですが(笑)







常設展を見ているとき、わたしの近くで小学校低学年ぐらいの女の子が一人で見ていました。同じぐらいのペースで進んでいたので、しばらく”同行”しました。

弥生博って、ケースに入っていない展示物も多いので、べたべた触っちゃうんじゃないか、保護者はどこに行ったんや?と心配しながらその子のことをチラチラ見ていたんです。

お母さんらしき人は途中のベンチに座ってスマホをいじっていました。

展示物を見学しながら近くまでやってきた女の子に、
「触ったらあかんよ」
と注意していましたが、その子、一人のときも絶対に手を出さなかったですよ。

たぶん、説明書きとか読んでも意味がわからないんじゃないかと思うんですよね。

なので、展示品現物を熱心に見ていたんだと思うんです。
弥生時代のものって縄文土器みたいに派手派手ではないです(^^;)
どっちかってっと地味?
こんなん見て楽しいのかなーって、横からその子のことを見ていましたが・・・・。

うちの春海もさっさとベンチに座ってスマホいじりそうなので(※イメージです)、あんなちっちゃい子が一人で熱心に見ていて、弥生博とは無関係のわたしがなんだかうれしくなってしまいました。

コメント

トラックバック