Google
WWWを検索 ひねもすを検索

乙9期 幸富さん2020年08月10日 09時49分50秒

藤代護さんの『海軍下駄ばき空戦記』に出てきます。

『隣り班の幸富練習生は、そのラグビーの猛訓練のためか結核になり兵役免除となって帰郷した。彼が寒稽古で眉毛を白く光らせ、全力疾走していた姿が、いまだに忘れられない。なぜか彼の名前は、後に調査した九期生名簿には残っていなかった。その後、彼がどうなったのか、知る由もないのである』

ずっと、「幸富さん」に関する情報はこれだけでした。

「九期生名簿」だけではなく、『予科練外史』にも幸富さんのお名前はありません。



15年でしたか、氏名入り班写真で初めて幸富さんの存在を”確認”しました。
1学年16班。

藤代さんは15班だったので、「隣り班の」という記憶は正しかったということです。


さらに。

乙7期卒業時に撮ったと思われる乙7~9期熊本出身者集合写真。
裏に書き込みがあり、この人のところに「幸富」と書き込んでありました。

「おお! 熊本出身らしい!」

ということがわかりました。




熊本出身9期生の集合写真にも写っていました。
なぜか幸富さんにだけ「○」がついています。
想像ですが「途中で辞めた」という印かと。



東京行軍。




藤代さんの手記では「寒稽古」が出てくるので、だとしたら幸富さんは14年の新年は予科練で迎えたのだろうと思うのですが、わたし的には13年秋ごろの写真ですでに幸富さんを見失っています。

いつまで予科練にいらしたのか、まったく把握できていません。

辞めた理由も、藤代さんは「結核」と書いていますが、これもわたしは「病気」ということ以外は把握していません。
たしかに、印象では練習生が予科練を辞める理由で「肺」は多いような気はしますが・・・・。



じつはフルネームも判明しました。
いつものことですが、Kさんが見つけてくださいました。

しかし、予科練を途中で辞められて、その後どうされたかまったく不明の方なので、藤代さんが書いているまま、ここでは「幸富」さんということにしておきます。


※画像は9期生ご遺族・ご家族ご提供

コメント

トラックバック