Google
WWWを検索 ひねもすを検索

カスピ海ヨーグルトの悲劇2020年06月30日 10時34分48秒

残念なお知らせです。

本当に残念なお知らせです。



楽しんで作っていたカスピ海ヨーグルトをダメにしてしまいましたorz

不可抗力でダメになったのではなく、わたしがダメにしてしまいました。


元は上司にもらった粉末の種菌から作りました。

その後。

どんなふうに継いでいたかというと、完成したカスピ海ヨーグルトからすぐに100㏄ほど取り分けて冷蔵庫で保存していました。

んで、一週間ほどヨーグルトを楽しみます。
牛乳パックなので、牛乳を注ぐときのようパックを傾けて直接デザート容器に移し、そこにジャムや黒糖シロップやメープルシロップをかけて食べていました。

なくなる頃合いをみはからって新しい牛乳を買ってきて、取り分け保存しておいた耐熱容器のヨーグルトをそこに投入して新しいカスピ海ヨーグルトを作っていました↓


だいたい6日ぐらいでこれの繰り返しでいけば延々と作れるだろうと。
ネットで調べてまあ3ヶ月はいけるんじゃないかと思っていました。




5回でダメにしてしまいましたー(T_T)




耐熱容器を熱湯消毒して取り分けるのが面倒くさくなってしまったんです。



ピコーン!「もともと牛乳パック(消毒済み)で作って、スプーンも突っこまずにヨーグルトを取り出しているのだから、いちいち取り分けたぶんを投入しなくても、牛乳パックに残ったヨーグルトを次の新しい牛乳パックに放り込めば雑菌混入を避けて作れるんじゃないか!?(・∀・)」


こういうこってす↓

それで一度やってみました。

めっちゃいいカスピ海ヨーグルトができました!


「よし、これでいくぞ!(・∀・)」




新しい方式2回目で悲劇が( ;∀;)


きれいに完成したカスピ海ヨーグルトを機嫌よく食べていました。

作ったのが先週の木曜なので、木、金、土、日と食べました。


悲劇が起ったのは日曜の晩。


夜、もう布団に入っていました。11時頃だったでしょうか、春海がママの部屋にやってきて、

「ママー、台所に牛乳パックが出しっぱなしになってるけど? 洗濯ばさみがついているヤツ。ヨーグルトじゃないの? ええの?」

「あっ!?( ̄□||||



晩ごはんのあとで食べて、なぜかそのまま台所におきっぱ、冷蔵庫にしまい忘れていたと!
4時間ほど常温で放置していたと。

しかも、その間、何度も台所に行っているんですよ。
なんで気づかなかったのか?





前の方式であれば最初に植え継ぎ用のヨーグルトは取り分けてあるので、ダメにしてしまった分は残念ですが、取り分け分からの継続は可能だったのです。
が、新方式では牛乳パック内のヨーグルトがすべてだったので、すべてダメにしてしまったとorz




ペットみたいな気分でかわいがっていたので、寝れないぐらいショックでした。


昨日、上司に会ったんですが報告できていません。


わーん(T_T)

コメント

トラックバック